FC2ブログ
ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2019.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2020.01≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
「天ぷら油で車を走らす 」 の記事一覧
2008.11.21 Fri
天ぷら油号の映像
天ぷら油号の映像です。


天ぷら油で車を走らす    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.11.12 Wed
白州
山野さん 向山さん 私 臼井と 渡辺さんのところでお逢いしました。
畑のことや 石窯 薪ストーブ svo svoのトラクターなど話題が尽きず
お昼までごちそうになり夕方向山さんを訪ね 1日おつきあい戴きました。
ありがとうございます。お金抜きのおつきあいは有り難いですね。
渡辺さんはとても素敵な田舎暮らしをされています。

以下紹介します。

KENシャロムwrote 渡辺さんは自休自足のライターでもあり 車のオールドタイマーに記事も書かれています。
トラクターのsvo化 オールドタイマー誌に紹介しています 
http://www.amazon.co.jp/Old-timer-オールドタイマー-2008年-12月号-雑誌/dp/B001GZK95O/ref=pd_sim_b_1
この記事の導入部分を紹介します。

----------------------------------------------------------------------------

自給知足の楽しみ方 第1回 燃料の自給知足? 

 秋に小麦のタネを蒔いて、翌年の夏に1年分のパン用の小麦を収穫。
その後、収穫した小麦は夏の太陽の下に広げて乾燥させる。
十分に乾燥したら、それを粉に挽き、野生の酵母を捕まえて発酵させ、石釜または薪ストーブでパンを焼く。

 収穫した小麦はすべて粉にせず、翌年のタネ用に少し取っておく。
だからタネを買うお金が必要なのは最初の年だけだ。
小麦の乾燥も普通は石油を燃料とする専用の乾燥機を使って乾かすのだが、我が家は天日干しなのでタダ。
粉挽きに電動の製粉機を使っているので、その分、
少し電気代がかかってしまうが、できれば将来これは自家発電で補いたいと思っている。

もうひとつ、小麦を育てる畑を耕すトラクターの燃料もこれまではお金を払って手に入れていた。
一方、パンを焼くための燃料は薪なのでこれはタダ。

とまあ、そんなわけで、手間はものすごくかかるけれども、
お金はあまりかからずパン作りを楽しんでいる。
しかもその分、パンも買わなくてすむようになるから、必要となる生活費は少なくてすむ。
その分、金稼ぎをしなくてもすみ、手間をかける時間が作れるというわけだ。

 最近、こんな楽しみ方がなんだか凄く面白いと思えてしまって仕方がないのだ。
基本は「自給自足」いや「自給自作」と言ったほうがいいかもしれない。
古いクルマを直して乗るのも自給自作! やっぱりこれが面白い。
でも、これを楽しむためには大切なオキテがある。それは、「知足」。足るを知るということだ。

たとえば、人間が感じるおいしさと言うのは実は、経済的な勝ち負けに比例しない。
たとえ大金持ちが大金をはたいて高価なパンを手に入れたとしても、
我々はそれよりももっとおいしいパンを手に入れる方法を知っている。
しっかりと体を動かして働き、体調を整え、おなかをペコペコにすることだ。

 また、人間はえこひいきをする動物である。
だから、自分でタネから育てたパンは、たとえうまく膨らまなかったとしても、
市販されているパンよりもずっと美味しく感じられてしまったりする。
たまにうまくこんがりと焼きあがったりすると、
世界一おいしいパンのように思えてしまう。

 クルマでも同じこと。
自分自身で手をかけて作ったクルマは、ただお金と交換で手に入れたクルマとはどこか違う。
ときには、自分で直したクルマはいとおしささえ感じてしまったりする。

生活の中で必要なものをできるだけ自分で作ってみる、
そうするとなぜか生活すること自体が面白くなってくる。
そしてそれを楽しむためのキーポイントは「足るを知る」ということだと思う。
身近なものの中に喜びをしっかりと噛み締めながら生活を楽しむ。
これがまた、予想以上に面白かったりするのである。

webサイトにも載せました。
http://www.ultraman.gr.jp/~staff01/watanabesvo.htm


天ぷら油で車を走らす    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2008.11.06 Thu
豊科南小学校で天ぷらカーを紹介
豊科南小学校の依頼で菜の花プロジェクトを紹介 天ぷらカーがなぜ走り 環境にいいのか紹介してきました。子供たちから沢山の質問をされました。


天ぷら油で車を走らす    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.08.28 Thu
カートリッジ式熱交換機フィルター
ラブクラフトのものから 熱交換機フィルター付きのものに替えました。
2タンクではこの熱交換フィルターが安くて便利です。カートリッジ式なので詰まったときに交換にも便利です。


天ぷら油で車を走らす    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.07.12 Sat
SVO熱交換機
新井さんの赤いゴルフがやってきました。まだまだ現役 熱交換機を付けSVOでさっそうと走っています。
新井さんのゴルフに下記の熱交換機を付けました。この熱交換機は4ミクロンのフィルター付きでとても調子がよさそうです。このフィルターはカートリッジになっているので交換はとても楽です。4ミクロンフィルターがどのくらい持つかが課題です。電磁ポンプは日本製で(ネットジャヤで入手)7000円これも調子がよさそうです輸入品の6500円よりも音が静かでオフ時の流動性もよさそうです。噴射ポンプ前に付けているフィルターはバイクのものですが小さくて燃料の様子がわかります。2タンクにして下記の熱交換フィルターを付けるのがよさそうです。フィルターが4ミクロンというのは噴射ポンプに負担をかけずトラブルを回避できそうです。
新井さんのブログ
http://edes.exblog.jp/
新井さんのSVOの取り組みとても楽しいエッセイが載っています。
http://www.edes.jp/tenpura.html

200807012svo6.jpg

写真アップ間違えちゃいました。これは私が制作した熱交換機フィルターは10ミクロン 80キロ走って目詰まり ううううん またラブクラフトに換えました。



これが新井さんが付けた熱交換機です。4ミクロンのフィルターが付いています。

200807012svo2.jpg

天ぷら油で車を走らす    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.07.07 Mon
天ぷら油で走る車
ラブクラフトのパーツを自作パーツの熱交換機に換えました。フィルターがしっかりしている分供給不足になりがちのような気がします。



天ぷら油で車を走らす    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2008.05.18 Sun
第8回菜の花サミット信州大町
第8回菜の花サミット信州大町が菜の花の咲く大町で開かれました。
WVOの面々も死さしぶりに集まり楽しい1時を過ごしました。



2008518nanohan65.jpg

天ぷら油で車を走らす    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2008.02.23 Sat
森の幼稚園全国フォーラム準備会
森の幼稚園全国フォーラムが信州で開かれます。
信州の各代表の方が集まり準備会が開かれました。
信州は森の幼稚園の先進地です。自然を生かした取り組みが全国に広がるといいですね。

20080223morinoyoutien.jpg

天ぷら油で車を走らす    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2008.02.15 Fri
廃油キャンドル
キャンドルナイト 廃油キャンドルを作ろう

詳しくはhttp://www.ultraman.gr.jp/~staff01/haiyucan.pdf

廃天ぷら油 皆さんどうしていますか。処理に手間のかかる天ぷら油をキャンドルナイトの主役にしてみませんか 廃油キャンドルのすすめ

20080215haiyucan31.jpg


停電の時にあわてたことありませんか非常用のバックに数個入れておくととても便利です。
エッセンシャルオイルや虫除けオイルを入れれば用途が広がります。
テーブルに灯して食事の演出やパーティーにも使えそうです。
電気を消してキャンドルで過ごす夜も素敵ですね。

20080215haiyucan07.jpg


作り方  材料は
廃油と油固め材 ティッシュペーパー あればエッセンシャルオイル いらなくなった瓶 割り箸
廃油固め剤の主原料はヒマという植物の脂肪酸ですので身体にもよさそうです
しかも 3リットルのキャンドルを作るのにたったの¥200(1箱)です

先ず 油を80度以上に熱します(期限切れの食用油がおすすめ)なべの大きさによって粉の袋を分割します 分かりやすいところで 300ml(約300g)で袋半分です
粉を入れたら割り箸などでよくかき混ぜます 暖かいうちに 容器に入れます エッセンシャルオイルを数滴垂らすとほのかな香りが部屋を包みます 芯にするティシュペーパーを器の半径くらいに裂いてこよりを作ります。

しばらく待てば固まります。割り箸で真ん中に穴を開け底までねじ込みます。割り箸で横の寒天状になった油を少し芯の露出した部分の上から5mmぐらいのところに塗りますこれをしないと露出した芯が全部燃えてしまいます そうすると先に塗りつけた油が溶けて炎の熱でうまい具合に穴を埋めてくれます これで完成です 

      ほのかな明かり ゴミがよみがえります。プレゼントにも喜ばれます。
小岩さんのページを参考に作りました。http://park16.wakwak.com/~koiwa/

こんなページもあります。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/sugicom/kazuo/neta/bake14.html

天ぷら油で車を走らす    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.02.07 Thu
svoインタンクヒーター取り付け
SVO冬対策 厳冬期マイナス10度の信州。あきらめて軽油で走ればいいのだけれどしつこく天ぷら油で挑戦です。
昨日作ったインタンクヒーターにクーラントホースを付けてエンジンをかけてみました。ところが冷却水がエアーかみのため循環しません。何度も車の下に潜り点検 並列になっているので片一方を止めたりいろいろしたけれども解決しません。直列に付け直すか思案しましたが水道水でエアーをぬいて接続をしました。冷却水用のポンプは本当に弱いものですね。少しのエアーかみで動きません。エアーが抜けてようやく暖まってきました。これで厳冬期でもSVOで走れます。今日は雪の中での作業でした。天ぷら油の冬利用は大変ですね。暖かいところがうらやましいです。結局3タンクシステムになりました。

20082071.jpg

20082074.jpg

天ぷら油で車を走らす    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑