ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
「種バンク 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.06.22 Fri
EART RADIOで安曇野シードバンクプロジェクトが紹介されています。
EART RADIOで安曇野シードバンクプロジェクトが紹介されています。
http://www.kaitouchearth.jp/radio/archive/nagano/slide3.html
これからの100年のために、いま僕たちができること。
そのヒントを求め、長野県 安曇野にある農的暮らしを提案する宿「シャンティクティ」を訪ねます。
各地に根ざした野菜であふれるために種を守ろう!
伊勢谷友介さんと谷崎テトラさんによるウェブラジオプログラム
「KAI presents EARTH RADIO」。長野・安曇野シリーズ第3回は、
「シャンティクティ」の臼井健二さんが新たに取り組もうとしている
シードバンクというシステムについて伺った。

「今、本当に種が変だなと感じています。
ほとんどが外国産。もっと固有種や在来種を守っていきたいんです」

種には、もともとそれぞれの土地に根ざした固有種、在来種があった。
しかし現在、大量生産しやすく、
「改良/開発」された、たくさんの肥料と農薬が必要な種が広く出回っている。
そして農家は毎年毎年、種を新しく買っている。
実が実れば種なんて自然とできているはずなのになぜか?
それは一度しかうまく育たないF1(ファイナルワン)と呼ばれる種が、
世界での圧倒的シェアを誇っているからだ。
つまりF1の種で育てた野菜は一度は通常通り育つが、
そこから採れた種を植えても、翌年は形質がばらけてしまう。
最近ではあえておしべを持たない種を選別。
母性遺伝で増やし、受粉させてF1をつくる。
これを雄性不稔といい、子孫をつくれない種ばかりになりつつある。
「子孫をつくれない野菜ばかりを食べていて、
人間に影響がないなんて、あり得ないのではないでしょうか」と
『種が危ない』の著者で野口種苗の野口勲さんも警告をならしている。

この現状に対して疑問を感じた臼井さんは、
種を守るため立ち上がろうとしている。
今年バングラデシュを訪れた臼井さんは、
有機農業への転換を目指す、ノヤクリシー(新しい農業のムーブメント)に出会った。
バングラデシュは、1960年代から「緑の革命」という
大規模農業による食糧増産を先進国主導で進め、大量生産が可能になった。
しかし同時に問題点も出てくる。
農薬を使うことで魚がいなくなったり、病気になるひとがふえたり、
値段がダンピングされて経費がかさんだり。
そこで現地でNGO活動をしていた日本人の村上真平さんが指導しながら、有機農業へと転換するノヤクリシーが起こった。
無農薬で自然にやさしい栽培を勧め、そして何より“種”を大切にしている。

村上真平さんとともにバングラデシュを訪れて種の話をきいた臼井さんの奥さんの朋子さんも、
種を守ることは命を大切にすることだと話す。

「バングラデシュはイスラム教国なので、女性が家庭内にいることが多く、
男性は外で農作業、女性が家庭で種を守っていました。
しかし緑の革命以降、種は買ってくるものになってしまったので、
女性のやることがなくなり、家庭内で会話も少なくなったそうです。
しかしノヤクリシーが起こって、
また種を守るようになると家庭にも平穏が生まれた。
この話をしてくれたのは助産婦さんなんです。
種を守ることは命を守ることと同義だと感じましたね」(朋子さん)

種はすべての命の源。その種を守る女性からの視点だ。
さらに固有種や在来種の存在をおびやかす問題もある。

「さらに最近では、固有種や在来種の特許をとろうとする企業があります。
それが実現してしまうと、わたしたちは自由に農作物を育てられなくなります。
特許のついた種を勝手に育てたら特許侵害です。
だからその企業から永遠に種を買い続けなければならなくなります」

自分で育てた作物から採れた種で、次の作物を育てられないとは、なんとも妙な話。

種を借りて返すシードバンクの取り組みで種を守る。

「そこでシードバンクという仕組みを日本でもつくろうと思っています。
まず種を買うのではなく貸し出します。
その貸し出した種を、翌年2倍にして返してもらいます。
2倍なんて、お金でいったらすごい高利貸しですね(笑)
でも種を2倍にするのは簡単、種採りをすると何千倍にもなるはずです」

このシードバンクをきちんと軌道にのせるために、
REBIRTH PROJECTの「元気玉プロジェクト」で支援することとなった。
シードハウスを建て、
安曇野のシードバンクセンターとして機能するようになれば、
安曇野固有種の野菜たちが食べられるようになるかもしれない。
そしてまた、このような取り組みが全国各地に広がって、
シードバンクのネットワークが形成されれば、横のつながりも活性化され、
さまざまな命ある野菜が流通するようになる。

「ギブ&ギブンというかたちで広がっていけば素晴らしいですね。
お金を介さない関係性。預けるひとがいて、借りるひとがいる。
そんなひととひととの関係性がつながりを生んでいいんじゃないかなと思うんですよね。
バングラデシュには55ものシードバンクがあるんです。
同じように、安曇野だけではなく、日本各地に広がれば種も自給が可能です」

種をシェアすることで、どこかでその種がうまくいかなかったとしても、
他の地で育っていれば、固有種がなくなることを防ぐこともできる。
日本各地で、地域に根ざしたおしいしい野菜と種が採れるようになれば、
もっと豊かな食生活がおくれるはずだ。

tpc-reb-earth-007-photo2.jpg

臼井さんお手製「たね貸し出し帳」。シードバンクが整っていけば、このノートにたくさん書き込まれるだろう。

tpc-reb-earth-007-photo3.jpg

ビニールハウスのなかで元気に育っているさまざまな農作物たち。これらも実る季節になれば種をつけるはずだ。

種バンク    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2012.06.21 Thu
春野菜の種採り
春の菜花の種取りのシーズンです。野沢菜 水菜 ルッコラ コラボウナ ネギ ルバーブ カモミール等の種取りをしました。



温室にしばらく吊るして乾燥後タネを取ります。

種バンク    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.06.20 Wed
夢を実現 motion galleryとは、
今回協力してくれるmotion galleryとは、http://motion-gallery.net/projects/azumino_seedbank
azumino_seedbank_main.jpg

社会に新しい体験・価値観をもたらす創造的なプロジェクトを、みんなで支え合いながら実現する、ファンディング・プラットフォーム(夢を実現する仕組み)です。
500円からの資金提供がありプロジェクトが実現するサポートをします。
サポーターになり是非協力ください。素敵なプレゼントもございます。
詳しくは
 http://motion-gallery.net/projects/azumino_seedbank
日本の歴史ある種を守り、後生に受け継ぎたい。
「安曇野シードバンクプロジェクト」応援ください。
フェースブックやツイター等での紹介も大歓迎です。 

種バンク    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2012.06.16 Sat
「安曇野シードバンクプロジェクト」
安曇野も恵みの雨が降っています。そろそろ梅雨入りでしょうか。
 シャンティクティ シャロム 臼井です。

**************************転 送 大 歓 迎**************************
□シードバンクプロジェクト応援ください。
□アースラジオでシャンティクティの取り組みが紹介されています。
□素敵なわくわくを始めよう メンバー募集中
□田中優さん 講演会DVD発売! 『原発に頼らない未来のためにできること』
******************************************************************

●シードバンクプロジェクト応援ください。

「安曇野シードバンクプロジェクト」
安曇野にシードバンクを作りたいということで今年の春から活動してきましたが
賛同して支援をしましょうという企画が進行しています。
広報PRはもちろんですが資金を集める形での協力も戴いています。
  
日本の歴史ある種を守り、後生に受け継ぎたい。
「安曇野シードバンクプロジェクト」

 このプロジェクトについて 
 --- KAI Presents 「EARTH RADIO」連動企画 ---
  http://www.kaitouchearth.jp/radio/

日本の種のほとんどが外国産でF1品種になっています。
 安曇野にシードバンク(センター)を創り
 日本の歴史ある在来種/固定種を守り後生に受け継ぎたい。
 
このプロジェクトの背景(ストーリー)

最近種が変だと思いませんか?? ほとんどの種がF1で外国産です。

四季の変化が多く多湿な日本よりも安定して採取でき人件費も安く広大な土地で採取が可能なのが理由の
ようです。またほとんどがF1になりました。
でもそれでいいのかという疑問がわきます。種はそこに順応して変わっていくはずです。

今年バングラディシュを旅してきましたが新しい農業のムーブメントが広がっていました。
http://shalomusui.blog90.fc2.com/blog-entry-1740.html

農業の近代化に伴いたくさん採れる種と農薬や化学肥料大規模農業が推奨され確かに生産量は増えまし
た。
これを緑の革命といい先進国主導でおこなわれました。
実際生産量は増えたけれど それ以上に農薬代や化学肥料がふえ在来種などが失われ 以前よりも貧しくなったのが現状です。

そんな折りに 「ノヤクリシー」 新しい農業のムーブメントが起こり今バングラディシュでは有機農業に
大転換されています。
そしてシードバンクが作られ農民は在来の種を取り貸し出されています。

日本に帰ってきて種のことが気になって調べてみましたがF1の種の作り方も変わってきているようです。
以前は親の代のおしべを開花前に採ってしまって受粉をしていたようですがこれでは人件費がかかりま
す。
最近では奇形のおしべを持たない種を選別し母性遺伝で増やし、おしべのない奇形なモノに受粉させてFI
を作ります。
これを雄性不稔と言い、おしべを持たない子孫を作れない種ばかりになりつつあります。

「子孫をつくれない野菜ばかりを食べていて、人間に影響がないなんて、あり得ないのではないでしょう
か」と「種が危ない」の著者で野口種苗の野口さんは警告をならしています。

またwebではエンブレムさんが以下のようにも報告しています。
---以下引用---
種子の支配が戦略的に行われており、遺伝子組み換え技術と種子、その特許による大企業の市場支配は、
世界中に大きな波紋を投げかけているようです。種からできるすべての食料への支配も懸念されます。
現在、米国の大手農業化学企業である、モンサントという多国籍企業が、世界の遺伝子組み換え種子の
90%を開発・所有しているそうです。
そして自ら開発した遺伝子組み換え種子はもちろんのこと、その他の在来種の種子まで特許申請により、
その技術と種子に対して「知的財産権」を取っています。 そうすると、特許の付いた種を農民が自分
で種を取って、それを蒔いてまた新しい作物を作るということは特許侵害になります。 だから種は特許
料が上乗せされた金額で、モンサントから新しく買うしかなくなるのです。
グローバル経済の怖さはサブプライムローンに端を発した金融危機で現われてきましたが、生活の大事な
食糧の問題もグローバル化の波に飲み込まれることが懸念されます。 グローバルの視点は持ちつつも、
それに左右されない地方自治を大事にするべき時代になったのではないでしょうか……
---以上引用---
種のことを調べれば調べるほど伝統的な在来種 固定種を自家採取するしかない。
そしてどうしていったらいいかを考えたときにバングラディシュのようなシードバンク(センター)を安曇野でも作らないといけないと思うようになりました。

この固定種を残し種バンク(センター)を作るプロジェクトを応援戴きたいと思っています。
下記にアクセスし 是非応援ください。 

今回協力してくれるmotion galleryとは、
社会に新しい体験・価値観をもたらす創造的なプロジェクトを、みんなで支え合いながら実現する、ファンディング・プラットフォーム(夢を実現する仕組み)です。
500円からの資金提供がありプロジェクトが実現するサポートをします。
サポーターになり是非協力ください。素敵なプレゼントもございます。
詳しくは
 http://motion-gallery.net/projects/azumino_seedbank
日本の歴史ある種を守り、後生に受け継ぎたい。
「安曇野シードバンクプロジェクト」応援ください。
フェースブックやツイター等での紹介も大歓迎です。 

●アースラジオでシャンティクティの取り組みが紹介されています。

特集:未来を創るニッポンの現場「長野 安曇野」編
これからの100年のために、いま僕たちができること。
そのヒントを求め、長野県 安曇野にある農的暮らしを提案する宿「シャンティクティ」を訪ねます。
「長野 安曇野のキーパーソン臼井さんの哲学。」
 詳しくは
 http://www.kaitouchearth.jp/radio/archive/nagano/

●素敵なわくわくを始めよう メンバー募集中

自然から学ぶ心地よい暮らし  おすすめの講座です 単発参加可能です。
7月21,22日…こころのケア~お寺体験ツアー。座禅、写経、写仏など意識を内側に
 向ける事で気付きを与え、こころを整えて行きます。
9月1,2日…チベット医学とは?身近な薬草を知ろう~採取と薬草茶作りなど。
10月6,7,8日…暮らしを豊かにする手仕事たち~糸紡ぎや草木染めなどを体験します。
詳しくは
http://www.ultraman.gr.jp/shantikuthi/oneearthclass2012.htm

●田中優さん 講演会DVD発売! 『原発に頼らない未来のためにできること』

『原発に頼らない未来のためにできること』をテーマに、環境活動家の田中優さんをお招きして講演会を
開催しました(主催:安曇野パーマカルチャー塾、2011年9月)。
当日は、会場の「成就院(北安曇郡池田町)」に約120名の方が集まり、田中優さんのお話しに熱心に耳
を傾けました。
この講演会では、私たちが望む未来をつくるために、現状を知った上でエネルギーをどのように選択し、
どう行動すればよいのかなどについて、わかりやすくお話しいただきました。
詳しくは
 http://ameblo.jp/noteki-kurashi/entry-11217658350.html

編集後記
新しい世界が広がろうとしている予感がします。
草の芽は確実に芽を出し実を結びます。
時代が変わろうとも変わらないもの
永遠に続くものを見つめていきたいと思います。
 お逢いできるのを楽しみにしています。

シャンティクティ シャロム ワンアースプロジェクト 臼井健二
〒399-8602 長野県北安曇郡池田町会染552-1 
    TEL&FAX0261-62-0638
http://www.ultraman.gr.jp/~shantikuthi/  
 shalom*ultraman.gr.jp*を@に変換

種バンク    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.05.29 Tue
市民タイムスに種センターのことが紹介されました
市民タイムスに種センターのことが紹介されました。

img025.jpg

種バンク    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2012.05.02 Wed
ポール画伯
種バンクの貸し出しノートを作っています。そのファイルの挿絵をボールが描いてくれました。とても素敵な絵が描かれています。







絵心があるって素敵ですね

種バンク    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.05.02 Wed
緑の革命
多分そのポテトも遺伝子組み換え作物ですよ。農作物や家畜まで人間に都合の良い様に機械みたいに科学の力で作るなんて.......なんだかは不自然だわ....
人間も自然の一部なのにいつの間にか自然の外に出てしまったようですね。
....いつか自然の循環の一部のような農業.....そんな自然農法やれたらと思っているんです。





疲れ果てた大地に希望の種をまくために 男はある日飄々とやってきた。

SEED コミックですがとても考えさせるマンガです。
本が再販されたようです。
http://www.eolways.jp/book/seed/index.html

種バンク    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.05.01 Tue
映画「スライヴ」
映画「スライヴ」に語られる緑の革命

http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/602.html

映画Thrive(スライヴ)―遂に「大いなる目覚め」の鍵が身近に!
―日本中に、パソコンで今すぐできる「ミニ上映会」の花を咲かせよう―

[2012年4月6日](特報!)
・オンライン視聴が、本日4月6日(アメリカ時間4月5日)から完全に無料になりました。
そして極めてシンプルな手順で、視聴をスタートさせることができます(映画Thriveのトップページから2回クリックするだけでThriveの画面が出るので、あとはスタートボタンを押すだけです)。
人類の「大いなる目覚め」を加速させる強力なツールとして、この朗報を積極的に活用しようではありませんか。

http://www.thrivemovement.com/the_movie(トップページ)
①画面の上にある言語群から、例えば〔日本語〕をクリックします。
②画面が変わって、メールアドレスを入力する窓などが見えますが、これらを無視して、その下にある
〔Or, continue without entering your e-mail address(メルアドを入れないで先へ進む)〕をクリックします。
――以上で映画Thriveの画面になるので、後は中央にあるスタートボタンを押すだけです。

【重要】オンライン視聴についての注意事項など
http://www.thrivemovement.com/the_movie?giftCode=KJHDF678S7
ただし、そのままではナレーションは英語なので、その他の言語で聴くには、画面左下の〔English〕をクリックして現れる〔言語メニュー〕から、例えば〔日本語〕を選んで変更する必要があります。

種バンク    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.04.22 Sun
種が危ない 野口勲講演会 安曇野シャンティクティ動画
種が危ない 野口勲 講演会 シャンティクティ 動画配信 2012.3.24



今年は種について学び シードセンターを安曇野に作ろうと思っています。
最近種が変だと思いませんか
ほとんどの種が外国産です。

四季の変化が多く多湿な日本よりも安定して採取でき人件費も安く広大な土地で採取が可能なのが理由のようです
でもそれでいいのかという疑問がわきます。種はそこに順応して変わっていくはずです。

今年バングラディシュを旅してきましたが新しい農業のムーブメントが広がっていました。
http://shalomusui.blog90.fc2.com/blog-entry-1740.html
農業の近代化に伴いたくさん採れる種と農薬や 化学肥料 大規模農業が推奨され確かに生産量は増えました。
これを緑の革命といい先進国主導でおかなわれました。
実際生産量は増えたけれどそれ以上に農薬代や化学肥料 在来種などが失われ 以前よりも貧しくなったのが現状です。
そんな折りに ノヤクリシー 新しい農業のムーブメントが起こり今バングラディシュでは有機農業に大
転換されています。
そして種バンクが作られ農民は在来の種を取り貸し出されています。

日本に帰ってきて種のことが気になって調べてみましたが
F1の種の作り方も変わってきているようです。
以前は親の代のおしべを開花前に採ってしまって受粉をしていたようですが
これでは人件費がかかります。
最近では奇形のおしべを持たない種を選別 母性遺伝で増やしおしべのない奇形なモノに受粉させて
FIを作ります これを雄性不稔といい おしべを持たない子孫を作れない種ばかりになりつつあります。
「子孫をつくれない野菜ばかりを食べていて、人間に影響がないなんて、あり得ないのではないでしょう
か」と「種が危ない」の著者で野口種苗の野口さんは警告をならしています。
またwebではエンブレムさんが以下のようにも報告しています。
以下転用
種子の支配が戦略的に行われており、遺伝子組み換え技術と種子、その特許による大企業の市場支配は、
世界中に大きな波紋を投げかけているようです。
種からできるすべての食料への支配も懸念されます。
現在、米国の大手農業化学企業である、モンサントという多国籍企業が、世界の遺伝子組み換え種子の90%を開発・所有しているそうです。
そして自ら開発した遺伝子組み換え種子はもちろんのこと、その他の在来種の種子まで特許申請により、その技術と種子に対して「知的財産権」」を取っています。
そうすると、特許の付いた種を農民が自分で種を取って、それを蒔いてまた新しい作物を作るということ
は特許侵害になります。
だから種は特許料が上乗せされた金額で、モンサントから新しく買うしかなくなるのです。
それなのに日本の農水省は、種苗メーカーの圧力に屈して種の自家採種を制限しようという動きをしているとのことも聞きました。
グローバル経済の怖さはサブプライムローンに端を発した金融危機で現われてきましたが、生活の大事な食糧の問題もグローバル化の波に飲み込まれることが懸念されます。
グローバルの視点は持ちつつも、それに左右されない地方自治を大事にするべき時代になったのではないでしょうか……
以上転用
種のことを調べれば調べるほど伝統的な在来種 固定種を自家採取するしかない。
そしてどうしていったらいいかを考えたときにバングラディシュのような種センターを安曇野でも作らな
いといけないと思うようになりました。
その1歩として以下を計画しました。

バングラディシュの有機農業視察報告会 & 種の交換会
4月20日(金)ゲストハウス シャンティクティ( 池田 ) 
         参加費 無料 
PM 1:00 バングラデッシュの新しい農業のムーブメント 
 緑の革命から新しい農業に   報告 臼井朋子 健二
     座談会 「種を守ろう シードバンクづくりについて」 
PM 2:30 種の交換会 自家採取した種 買って余ったF1でない種をお持ちください。
   手持ちの種がない方は 種の貸し出しもします。

バングラディシュでみた種センター そこには在来の種が何百種類と集められ 農民達によって大切に管理され 種採りが行われています。

固定種の種で野菜を育て
    種を採りましょう!

 主催 安曇野にシードセンターを作る会

ゲストハウスシャンティクティ 
〒399-8602 長野県北安曇郡池田町会染552-1
           TEL&FAX0261-62-0638 
    http://www.ultraman.gr.jp//shantikuthi/

種バンク    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.04.21 Sat
バングラディシュインドの有機農業の報告と種の交換会


種交換 安曇野

種バンク    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。