FC2ブログ
ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2019.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2020.01≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
「東日本震災 」 の記事一覧
2011.04.03 Sun
誕生日 そして旅立ち
1201143shan.jpg

誕生日 そして旅立ち
私の誕生日 信州は旧暦のひな祭り 澤村さん家族は台北村に家が決まり移り住むことになりました。
シャロムも大きく変わります。
http://shalomusui.blog90.fc2.com/blog-entry-1291.htm
長男 仁の結婚 家族が増えて環境も変わります。シャロムとの関わり方も変わります。長女も高校へ
大変な変化です。それは大いなる希望でもあります。

2201143shan.jpg

健二さん誕生日おめでとう 澤村さん お引っ越しおめでとう

3201143shan.jpg

震災合宿も終盤 旅立ちの時です。

5201143shan.jpg

みんなで集合写真を撮って記念にしました。
ルーフトップガーデンもおかげで完成しました。お疲れ様でした。

6201143shan.jpg

東日本震災    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2011.04.03 Sun
安曇野サットサンガ プージャ お祈り グランドマザー
安曇野サットサンガ
調和をするプージャ お祈りの後 グランドマザーのメーセージを鑑賞 みんなでシェアリングをして平安な時を過ごしました。

201143sinnsai4.jpg

201143sinnsai5.jpg



夕焼けが光り輝いていました。きっと新しい世界が生まれるのでしょう。

201143sinnsai6.jpg

福島の災害は後3ヶ月は収束にかかると思います。私の心の中では このお祈りを期に ひと区切りがついた気がします。新たな世界に向け1歩1歩歩んでいきたいと思います。

]

東日本震災    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2011.03.31 Thu
震災合宿 それぞれの春
震災合宿 それぞれの春
 陽気も春めいて今日はのかんぞうを取っておしたしにして味わいました。
信州も春が1歩1歩やってきています。
震災家族の皆さんもそれぞれに春の1歩がやってきています。
三好さんは穂高に家を決めて移り住む事になりそうですし 震災のいわきの澤村さんは筑北に移り住むことになりそうです。大きく変わる決断の時なのかもしれません。
この決断は人生を大きく変えます。
悔いのない人生を送って戴きたいと思います。

シャロムも大きく変わる節目の時を迎えているように思います。
新しい未来に向けて1歩1歩 歩んでいきたいと思っています。
春はもうすぐです。

2011331hinode.jpg


東日本震災    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2011.03.30 Wed
震災合宿子供達大活躍
午前中ルーフトップガーデンの土運び 三好さん家族も加わり子供達大活躍です。

2011330sinnsai1.jpg

リーダーは仁君と武君 もうなれたものです。

2011330sinnsai2.jpg

区切りの良いところで終了 野球少年がキャッチボール 午後もう少しやって終了予定です。

2011330sinnsai3.jpg

東日本震災    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2011.03.30 Wed
震災合宿は大人数 誕生会
大人数の震災合宿になってきました。三好さん家族が増えて20数名の大家族になりました。
三好さん家族は安曇野に家を探しに来ています。

2011330shan3.jpg
→続きを読む

東日本震災    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2011.03.29 Tue
2011 3 26 藤田祐幸講演 長崎
非難するのでなく一つになろうとする藤田さんの提言は未来への希望を感じさせます。
人が生きるために何が必要か 水と空と大地 
何が平和でなにが幸せか 昨日今日の連続性 昨日と今日が変わらないということがとても大事 
新しい社会に作り替えていく 絶望ではなく新しい始まりとしてこの事故を受け止めていきたい 
心にしみいる講演でした。

藤田さんはスリーマイル事故に発起した物理学者ですが、その後チェルノブイリにもイラクにも足を運び、原発被曝労働者の方々にも直接会われては市民運動とともに歩まれ、半生を脱原発と反核兵器に捧げてこられました。「深い傷を負った社会として新しい始まりに向かわなければならない」と語る未来への提言にはたんたんとしたなかにもずっしりと重いものがありました。ぜひご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=3UAY2oXyInk

今回の東北関東の地震と津波は大変な被害をもたらした。それより?恐ろしいのが福島原発事故。スリーマイル島原発事故1979年、?チェルノブイリ原発事故1986年など人類が起こした原発事故か?ら得た教訓が生かされなかったことに対して痛切な反省の話に涙が?出るくらい感動した。人生をかけて原発の危険性を世に訴え続けて?きたにもかかわらず、今回の福島原発事故を起こしてしまったこと?に対して、社会全体が責任をもって反省し、真剣に受けとめ、原発?に依存しない社会への移行することを熱く語りかけている。地震や?津波は天災で人間が止めることは出来ないが、原発事故は人災であ?り事前に止めることが出来る。また近い将来起きると予測される巨?大地震に備えて浜岡原発を即時停止すること、その他の原発もこれ?から計画的に停止しなければならないと・・・??

東日本震災    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2011.03.28 Mon
「プロジェクトX 挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス」
「プロジェクトX 挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス」

甲状腺ガンを検索していて見つけました。菅谷さんは現在松本市長をされており今回の福島原発の事でも地元でコメントを多くされています。
http://www.youtube.com/watch?v=cJu-rU4-Xyk
1986年4月26日。旧ソ連ウクライナで人類史上最悪の事故が発生した。チェルノブイリ原子力発電所4号炉の爆発。大量の放射性物質が発生、その多くが風下に位置したベ­ラルーシに流れ、間もなく悲劇が始まった。子供たちに甲状腺ガンが多発し始めたのである。現地の病院で手術を受けた子供たちの首筋には、一生消えない大きな傷がついた。そ­の時、一人の日本人医師が立ち上がった。信州大学医学部の外科医、菅谷昭。父は、夜の往診も厭わない町医者。もっと患者と向き合いたい、そんな思いを抱き続けていた菅谷は­、大学教授の座を辞し、ベラルーシに渡ることを決意する。ベラルーシでの菅谷のたった一人での闘いが始まった。やがて菅谷の高い手術技術や、患者との交流に心打たれていく­若い現地医師たち。いつしか菅谷のアパートに集まり、勉強会が開かれるようになった。菅谷は、彼らに自分の手術技術の全てを伝えた。さらに菅谷は、手術後もガン再発の不安­を抱える患者達の家を一軒一軒訪ね、診察を繰り返した。脳裏には父の姿がよぎっていた。そんな菅谷の活動に共感し、菅谷を支えようと奮闘する一人の男がいた。28歳の若手­医師、ゲンナジー・トゥールだった。二人は訪問診療を黙々と続けていた。やがて菅谷たちの努力は、ある一つの奇跡を産んだ・・・。人類史上最悪の事故と対峙した、日本人医­師と現地の医師たちの5年半に及ぶ闘いを描く。

東日本震災    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2011.03.28 Mon
安曇野サットサンガ ◆被災地への募金も受付ます。
安曇野サットサンガ

4月2日(土)
14:00~サットサンガ(プージャとお祈り、メディテーション音楽)をします。
15:30ごろから『for the next 7 Generations』DVDを観ます。



黒澤明の「夢」もみようと思います。
http://shalomusui.blog90.fc2.com/blog-entry-1284.html

シャンティクティにて、参加は無料です。
みんなでこころを一つにして祈りましょう。

◆被災地への募金も受付ます。

4月10日 成就院にて震災地支援コンサートとフリーマーケットを計画しています。
   後日ご案内します。

東日本震災    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2011.03.28 Mon
黒沢明 夢
黒澤明の夢は安曇野でロケがされました。便利さを追い求める現代人への警告の映画でもあります。
黒沢明監督の「夢Dreams」(1990年公開)



→続きを読む

東日本震災    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2011.03.28 Mon
震災地での天ぷら油号の活躍
使い古しの天ぷら油で車が動くって知っていましたか
シャロムの車は天ぷら油で動く車です。
東北ではガソリンがなくて車が動けない状況です。
こんな時に捨てられる天ぷら油で動く車はスーパーカーの様です。
バックツザフューチャーではゴミを入れて走る車が紹介されていましたがWVO車はまさに捨てれれるゴミ 捨てられる天ぷら油で走れる車です。
今回の震災では電気や燃料のない東北で大活躍しています。

→続きを読む

東日本震災    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑