FC2ブログ
ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2019.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2019.09≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
「日本蜜蜂 」 の記事一覧
2012.06.11 Mon
日本ミツバチの巣枠作り
日本ミツバチの巣枠作り 一般的には日本ミツバチは重箱式で飼って蜜を採ることが多いですが西洋ミツバチのように巣枠式で飼うことも可能です。巣枠式は人工分蜂も出来て内観も可能です。最近は巣枠式を試みる人が増えてきました。日本ミツバチの場合は30ミリの巣の間隔になるので 枠は22ミリ  枠の間に駒7ミリをつけ サイドに巣をしばる銅線を通す穴をあけて完成です。図面はhttp://www.ultraman.gr.jp/perma/mitubatirinnku.htmを参照ください。



型枠を作ってコースレットで組み立てていきます。型枠を作ると作業がはかどります。ひとつの巣で8組作るので型枠を作ると便利です。



7ミリの駒を接着して完成です。今回はグルーガンを使いました。ボンドで付けるよりも簡単で強力で作業がしやすかったです。駒は板を7ミリに切断 カッターで半円形にして5ミリくらいに切断 接着しました。ホームセンターで半円形の棒が売られています。購入して切断するのも一方法です。自分で作ればもっと安くできあがります。



wins-20302_1.jpg



巣を縛る穴は組み立て前にあけておいて組み立て後に駒を接着します。
4箱分が出来上がりました。



安曇野は分蜂が遅れていてまだまだ分蜂群が入居します。



工具室の天井に吊して置きました。

コメントが投稿が蹴られてしまうので本文に記入します。

大先輩の村の遊び人さんこんにちは
図面が載っています。参考にしてみてください。
来年は人工分蜂に挑戦です。
アースバックと畳ベールハウス作ってみてください。
http://www.ultraman.gr.jp/perma/seedhause.htm
また元気村行ってみたいですね。

日本蜜蜂    Comment(1)   TrackBack(1)   Top↑

2012.05.21 Mon
ニホンミツバチ探索蜂
ニホンミツバチの探索蜂がたくさん来ています。安曇野は分蜂の季節がやってきました。昨日の夕方にはもう入居したように蜂が出入りしていました。2、3日中に入居するかもしれません。
西洋ミツバチの様に巢枠を入れてあるので来年の春には人工分蜂が可能です。日本ミツバチを飼って見ると自然に目が向きます。農薬や生態系のバランスが崩れると一番小さなものに影響がでてきます。ここ数年日本ミツバチも少なくなったと聞きますし、ちょっと異常だと言われます。レイチェルカーソンが言うように春には小鳥のさえずりが聞こえないような事にならないように 自然に負荷をかけない暮らしをしたいものです。

日本蜜蜂    Comment(3)   TrackBack(1)   Top↑

2012.05.17 Thu
蜂の天国
暖かくなって蜂がたくさん飛んでいます。山椒の木にたくさんやってきています。



ニホンミツバチや西洋ミツバチが蜜を集めにやってきます。



これはニホンミツバチです。西洋ミツバチと比べて黒っぽい感じがします。
そろそろ分蜂期 入居を心待ちにしています。



探索蜂が沢山やってきています。入居はもうすぐだと思います。松本の友人の所は5個入ったそうです。

日本蜜蜂    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2012.05.14 Mon
日本ミツバチの待ち箱
今日は暖かい日で日本ミツバチも姿を現しました。巣箱周辺に探索蜂が飛び交い巣箱に出入りしています。もう少しで分蜂群が入るかもしれません。堀金の友人宅に待ち箱を2個設置してきました。安曇野ではこれから分蜂の最盛期です。ワクワクする季節です。松本の友人は今日はミツバチが入ったと聞きました。安曇野は松本より桜の花が5日遅れですので分蜂もう暫くです。
楽しみです。

日本蜜蜂    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.05.08 Tue
ニホンミツバチそろそろ分蜂期
桜 桃 梅 リンゴ たくさんの花が咲いてミツバチはせっせと蜜を集めます。巣に蜜ががいっぱいとなると女王蜂を生む王台を作ります。女王がかえると古い女王蜂が巣から働き蜂を半分連れて出て行きます。このころに探索蜂が新たな新居を探しにでかけます。



その時に探索蜂を誘引するのが蜜の絞りカスだったり、ミツロウを作った後に残る絞りカスだったりします。ビーセントというフェロモンも交配が必要な農家では果樹に散布する様です。先日農協で手配したビーセントも巣箱近くに散布しました。探索蜂がやってくる予定ですがどうなりますか。フキノトウが咲いていた頃は沢山の日本ミツバチがいたのですがこのところあまり見かけません。10日ごろが分蜂の始まりだと思っていますがもうしばらくでしょうか。今年は少し遅い感じです。

日本蜜蜂    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2012.05.03 Thu
スズメバチが早速やってくる
甘いハチミツの匂いに誘われてスズメバチがさっそくやってきています。もちろんアリもたくさんやってきます。そこで外にも搾りカスをおくことにしました。





ビニールを敷いてアリ対策をしました。これで少しはアリが上って来なくなるかもしれません。ニホンミツバチが来てほしいのに求めていないものばっかりがやってきます。うんうん
入居率50パーセントは大変ですね。雨が上がって日差しがさしたので外で作業をしています。気持ちの良い一日です。このところ蜜源が増えてニホンミツバチがあまり見かけません。菜の花桜 桃 梅などたくさんの花が咲いています。二週間前は蜜源がなくふきのとうにいっぱい来ていたのに今はあまり見かけません。ほーほーホタル来い! ほーほーニホンミツバチ来い!

日本蜜蜂    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.05.02 Wed
ニホンミツバチの分蜂期
そろそろニホンミツバチの分蜂期に入ってきます。今年は少し遅れて5月の10日以降に分蜂はなりそうです。冬寒かったのが原因です。入居率を高めるためにいろんな方法を駆使します。まず心地よい待ち箱を作ることが第一です。待ち箱だけだと十作って一個位が入居率です。これに蜜蝋塗ると入居率は三割になります。そしてキンリョウヘンというランを置くと入居率は五割になります。



ネットがキンリョウヘンです。



入口にはミツロウを塗っておきます。



蜂蜜を絞ったカスをトレイにいれて置きます。

日本蜜蜂    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.04.29 Sun
日本蜜蜂待ち箱設置完了
ニホンミツバチの待ち箱設置が完了しました。16の待ち箱,あちこちにおかれました。入居率五割の取らぬ狸の皮算用 果たしてどうなりますことやら とても楽しみです。



キンンリョウヘンも咲いてきたのであちこちに置き始めています。



どこに置いたか書いておかないと忘れてしまいそうです。

設置図2012

日本蜜蜂    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.04.25 Wed
日本ミツバチ待ち箱設置
日本ミツバチの待ち箱を庭に設置しました。今年は10群ゲットが目標です。
蜜蝋を溶かして天井と入り口に塗りました。これで入居率3割 これにキンリョウヘンを置けば5割になります。
15個ほど置くので7個くらいは入居してもらえると捕らぬ狸の皮算用 !果樹の下に置いてみました。



丸太の待ち箱も木の根元に置いてみました。



まだ工具室にはこれから設置する待ち箱がならんでいます。



安価ですぐできる待ち箱専用の巣箱 225ミリの野地板で作ることができます。一坪分で8個できます。



石の上に置いてみました。



あまり人の行かないベランダ部分 屋根があって雨がかかりません 南向きに置きました。



駐車場横の林の中 



庭の木の根本



シャンティクティ横の堰堤の上



さあどこに1番先に入るでしょう これからキンリョウヘンも置いてみます。



先日農協に頼んだビーセントが届きました。
みつばち誘因活性剤 ビーセント  BEE-SCENT

beesent.jpg

 ビーセントはミツバチの餌として糖分にミツバチの斥候が仲間に餌の在処を知らせるため分泌する匂い(ナサノフ線から分泌されるナサノフと呼ばれる広義の意味でのフェロモンの一種とされています。)が付加された養蜂資料です。
これ日本蜜蜂の誘因に役立つでしょうか。これも楽しみです。
キンリョウヘンは温室に入れて開花を調整 だいぶ花芽が大きく育ってきました。
1週間くらいで開花しそうです。11鉢あるので開花したら待ち箱の周りに置く予定です。

昨日詩さんちにも2個置いてきました。畑の畝たてをして気持ちいい汗を流しました。
この家が1万円 家族10人くらいで住めそうですね。
近くに川が流れていて畑も田んぼの近く松本まで30分の距離 シャンティクティも30分くらいです。



待ち箱が小さく右下に見えます。





日本蜜蜂    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.04.10 Tue
キンリョウヘン
キンリョウヘン 日本ミツバチの好むフェロモンを出し日本ミツバチを誘引します。普通の場合だと何もしないと入居率は10分の1くらい。これにミツロウを塗ると3割くらいになり キンリョウヘンを置くと5割くらいになります。



キンエヨウヘンの花芽です。



キンリョウヘンの蕾。分蜂時期に開花を合わせるのがこるです。



日本ミツバチの分峰は桜の花が咲いて2週間後くらいから始まります。たのしみです。

日本蜜蜂    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑