ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.02.20 Sat
持続可能な暮らし in France



ごぶさたしております、キッチンスタッフのモトです。
シャロムは冬季休業中ですので、
スタッフはそれぞれのやりたいことを楽しくやっているようです。
僕は以前から憧れていたフランスに行ってきました。
昨年体験スタッフでシャロムに来てくれていたひろさんに
パリから汽車で3時間ほど行ったノルマンディ地方にある
オーベルジュを紹介していただいて、一週間滞在させていただきました。
行く前に話は聞いていたのですが、予想以上にここでは、
『持続可能な循環する暮らし』をしっかりと実践していました。
オーナーのフィッリプさん一家は、
オーベルジュの経営、リンゴ農園とそこから
リンゴジュース、シードル、カルバドスを作り、
野菜を育てて養豚もやっています。
また、オーガニックな暮らしの情報発信の場所として
人々が集まれる場所にもなっていました。
同じ敷地内でお兄さんのセルジュさんは自分で育てた麦から
自作の薪の石窯でパンを焼いています。
薪は木を切り倒さずに、剪定によって集められた枝のみを使います。
製粉も自らおこなっていて、粉にして48時間以内にはパンにして焼き上げてしまうというこだわりよう。
また、パン焼きに関わるすべての機械の電気を、
太陽光発電と風力発電によってまかなっているそうです。
伝統的な食文化を持続していくための努力が随所にみられ、
働いている人はみんなその仕事に誇りを持っていました。
これは、ここで働いている人たちだけでなく、
パリなどの都市部でも感じられた事です。
フランス人の生活のなかでは、
食事というものをとても大切にして、伝統として残し、
毎日の中で楽しんでいるように感じました。
DSC03212_convert_20100220030025.jpg

かつて豚小屋だった建物を改築してできたレストラン。

DSC03191_convert_20100221004022.jpg

かなり広く、一度に50人くらい食事ができます。奥には暖炉と石窯がありました。

DSC03298_convert_20100221010355.jpg

地元の高校生が農家の暮らしを見学に来ていました。

DSC03206_convert_20100221012209.jpg

オーナーのフィリップさんが、エコツアー(建物や生活を紹介)をしてくださいました。

DSC03316_convert_20100220030622.jpg

かなりの数のソーラーパネルと大きな風力発電の風車。

DSC03310_convert_20100220030507.jpg

この家はフィリップさんが作ったストローベイルハウスです、
基礎と骨組みだけは日本の大工さんが作ったそうなので、どことなく日本の建物ぽいかな?
家にもソーラーパネルが標準装備されています。

DSC03314_convert_20100220031056.jpg

シャロムでもおなじみの、コンポストトイレです、宿泊する人も使います。
ここでは、製粉したときに出る『ふすま』を使っているので、
トイレの中は麦の良い香りでしたよ。

DSC03309_convert_20100220030432.jpg

これは浄化水槽です。中には水草が生えていて、
その浄化作用で生活排水はきれいにして川に流します。

DSC03278_convert_20100221013535.jpg

ちょうど少し前に子豚が20ひきくらい生まれたところで、
とてもかわいらしくにぎやかでした。

DSC03393_convert_20100220030714.jpg

パン焼きのお手伝いもさせていただきました。
フランスのパン焼き職人を肌で感じ、素晴らしい体験でした。

DSC03443_convert_20100220030741.jpg

ここでの焼きたてのパンの味は最高で、本当に幸せな気持ちになります。

DSC03194_convert_20100221012148.jpg

フィリップさんとそのパートナーのエクさんです。

一週間があっという間でしたが、たくさんの事を学ばせていただきました。
とても親切に迎えてくださってありがとうございました。  モト&アキ


レストラン    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
フランスの体験 Posted by 臼井健二
なにか素敵な暮らしですね。
シャロムも頑張らなくっちゃ
旅の話楽しみにしています。
2010.03.01 Mon 20:30 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/905-e2a36332

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。