ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.11.15 Sun
WVO白州メーティング
午後から心配された雨がやみ日差しも差し始めました
wvoミーテング白州が始まりました。

20091114wvo48.jpg

予定

●日時、11月14日土曜日&15日日曜日
●場所 わたなべの家の庭と畑とその周辺
山梨県北杜市白州町で、サントリーの蒸留所の近くです。
周囲に家はないので、騒ぐことはできます。
でも、イノシシやシカやサル、それに極まれにクマやカモシカがやってくることがあります。
コンビニまで歩いていくと往復1時間くらい、ファミリーレストランの類は10?以上走らないとありません。
標高は750m、最寄のインターは中央道、小淵沢(山梨県)です。
●宿泊 総人数にもよるけど、女性と子供は優先的に家の中(屋根裏部屋ですけど)に宿泊できる。
     男は基本的には野宿(車中泊、テント泊、焚き火の横で寝袋に入るなどなど)。

●食事、基本的には持ち寄り&自炊ということでお願いしたいです。
11月だとうまくするときのこが採れますが、畑の野菜はどうかなぁ……。
庭にかなりいい加減なつくりの石釜があります。自由に使っていただいて結構です。
水は、自慢できます。サントリーの南アルプス天然水の井戸よりも、
ウチの井戸のほうが少し上流に位置しています。
美味しい水が飲めると思います(井戸のポンプが壊れなければ……ときどき機嫌を崩します)
それと、クルマで20分くらいの同じ町内に、向山さんのこふく亭があります。
そこでも、一食は食事をしたいですね。
マイ箸 食器 飲み物 持参

●問題点1:現状でトイレがひとつしかありません。当日までに外にバイオトイレを作りたい……、
と思ってはいますが、やることの優先順序は低いです。
目隠しのヨシズとスコップくらいは用意したいと思っています。
家を建て始めてから15年以上たつというのに、まだお風呂はビニール張りだったりします。
お風呂に入りたい人は近くに温泉があるので、そこを利用することになると思います。
●問題点2:犬がいます。7歳のシェパードメス、大型犬です。
他にも、スズメバチの大きな巣がふたつほどあります。
●問題点3:ある程度の人数が集えるくらいの大きめのタープ(5.4×7.2m)を張る予定ですが、
雨が降ったりすると、ちょっと悲惨かも。
それと11月中旬だと日によってはかなり寒いです。
東京の真冬くらいの装備で来ていただいたほうがいいと思われます。
●問題点4:すぐ近くの下流に某企業の天然水の井戸があるので、
庭で立小便をすると、それにしみ出す可能性があります(笑)。
でも当日は穴掘りトイレになると思います。
そんなわけでみなさん、汚染されていない安全な食べものを食べてきてください(笑)。

会場はわたなべさんち 石窯に火が入りおいしいピッザからwvoミーテングが始まりました。高山ツボちゃんチームの濾過装置作り山野さんの指導で行われています。原さんはタイヤをはずしてのブレーキパットや足回りの講習が行われています。夕食で使う鳥の解体 も始まっています。

今回はペール缶のぬかくどサミット 熊谷さんが3弾式ぬかくどを披露してくれました。1段目は燃えかすの薫炭が自動で落ちる部分 2段目を回すと穴の位置がずれて薫炭がおちていきます。

燃焼筒は1斗缶を切って作ったもの上下に穴が空いています。 その上にペール缶のフタをして1/4にきったペール缶が乗ります。燃焼はもう1っ歩うまくいきませんでしたがこのアイデアーと開発は素晴らしいものがあいます。みんなにほめられて熊谷さん丹波から 来た甲斐があったというものです。

ティピ作りのワークも行われました。あちこちで火がたかれおいしいものに囲まれての夜の宴へと突入していきました。
広島からはうどんの差し入れや 諸々ありがとうございました。おいしく戴きました。お心遣いを感謝します。
明日はこふく亭の収穫祭 石野さんがおいしい食材を持って来てくれました。ジャンベがなりいつの間にか張れ渡った空には満点の星が輝いていました。
山野さんが帰る前にみんなで記念写真 wvoメンバーと地元の白州のそうそうたる達人でワンショットです。
火を囲んでの語らいが夜遅くまで続きます。

20091114wvo42.jpg
15日 快晴の暖かな日が始まりました。ちょっと恥ずかしい表示ですが気持ちはこんなところにあります。
朝からぬかくどが大活躍 熊谷さんは改良に余念がありません。
おいしい朝食が並びます。わたなべさんパンおいしかったです。和歌山名物の茶がゆもごちそうさまでした。
神主さんも登場 諸々の汚れ祓いたまえと申す。これで1年無事に過ごせそうです。

20091115wvo19.jpg
朝食後にはわたなべさんち ツアーが始まりました。
この家は13年前から作られているそうです。未だに未完成 でもこの作っている過程を楽しんでいるようでした。

http://d.hatena.ne.jp/musikusanouen/

OMソーラーの家 屋根裏の暖気を床に聞く石する方式です。煙突掃除も屋根裏から行くことができ煙突の屋根に出入り口が付いています。堆肥置き場水気を切るシステム

刈った草を刈ってなみトタンでカバーをするシステム 麦にはラベルが付いていました。ラベルはなる辺kたかいほうが仮払い機でかってしまわなくていいようです。麦踏みをすると分けつが進んで収量が増すということです。
マルチは一般のマルチより除草の草マルチに空き缶に炭を入れて穴をあけて使うと何年も使えるそうです。15年くらいのコナラ 薪として使えばひこばえがでて300本くらいで自給できるとか。人間が里山とつきあってきたから持続できた要素があります。ブルーベリーやデイル等のハーブ ルバーブなども植えられていました。
タマネギやニンニクも除草用のマルチが使われています。特におすすめなのが本田の草払い機 小さなチップが扱いやすく草マルチにも利用できます。
今日のメイン トラクターのsvo化 2タンクを見せて戴きました。 空気抜きは口で息を入れて加圧これで充分エアー抜きができます。ラジエターに銅パイプを入れて熱交換をしています。
今回はジープのsvo化  先ずタンクに天ぷら油を給油 エアー抜きをしてしばらく経由でエンジンを暖めエンジンの熱で熱交換 バイクのオイルクーラーにファンを付けて利用しています。リターンは皿ねじを入れてチャッキ便を作りリターンをループするようにしています。エアカミでのループはどうかという指摘もありました。
天ぷら油の温度がわかるように温度計も設置してあります。
次に小出さんの2タンクシステム イギリス製の熱交換機を使用 リターンも6方便で軽油 天ぷら油とリターンを切り替えています。床下に付けられた燃料タンク 室外に給油口を付けたタイプ これで車検も通ります。タンクもクーラント液をどう配管で温めるシステムになっています。床暖房に使われるアルミが被覆した硬化ビニールパイプを燃料パイプとして使用しています。ディーゼルと天ぷら油の給油口
給油口カバーと燃料計
熊谷さんは改良を重ねて最後には見通しが出てきました。果敢に改良を重ねる姿に脱帽です。次回は素晴らしいぬかくどを片手に登場することでしょう。
午後からはこふく亭の収穫祭に出かけました。エネルギーの自給とおいしいマクロビオティックレストランとして最近は人気があります。
いろんなお店が出店 収穫したお米も販売していました。
こふく亭の後は時間をかけて家作りをされている守口 関さん宅を見学 水道電気がない生活をされています。
敷地内にある杉の丸太と近場の木を使って第二の本宅を建てられていました。水道はなく井戸水 昨夜戴いたという柿が干し柿として吊されており秋を感じさせられました。
最初75ワットのソーラーパネルで生活今は135wのソーラーパネルが6枚屋根に乗っかっていました。商業電化はいくらでも使えますが有限なエネルギーをいかに使うか 足るを知る暮らしはこれからの暮らしなのでしょう。
独立型のソーラーシステム インバーターで100ボルトに変換使用しています。
飲み水のみくみに行って後は井戸を使われているそうです。下はドラム缶を利用した炭焼き ひちりんでこの炭を使って煮炊きをしています。柱は押立柱
断熱材は新聞紙にホウ酸をしたしておがくずを巻いて作っています。これが断熱材として使われています。

20091115wvo23.jpg

天ぷら油で車を走らす    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/872-3b6e6fc2

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。