ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  2017.03≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.09.17 Thu
ランプの山小屋へ
DSC00600_サイズ変更

9月に入って安曇野は秋の深まりを感じます。
朝晩もひんやり半そでではいられないくらい。

遅くなりましたが先週の4連休に行った山小屋の報告です。
今回は山というより山小屋が目的の登山でした。
昨年冬に大分へ帰ったときに知り合いに勧められた「船窪小屋」へ。

小屋番をされているお母さんは雪崩で亡くなられたお父さんの山小屋を守りたいと若干18才で山小屋の暮らしを始めたそうな。
70を過ぎた今でもご夫婦で標高2450mにあるこの山小屋を静かに見守り登山客をあたたかく迎えてくれるとてもすてきな小屋。
DSC00671_サイズ変更

名物の山菜てんぷら、絶品です。
黒米入りのごはん、みそ汁、煮物…どれをとってもお母さんのやさしさが伝わる料理ばかり。おいしかった~♪

DSC00761_サイズ変更

夕食後のゲストを交えてだんらんタイム。
ランプの明かりと囲炉裏の火、あったかいね。

DSC00752_サイズ変更

日が沈んで、満天の星が夜空に…
天の川がはっきりみえますよ。

DSC00770_サイズ変更

翌朝の光景。とても幻想的な静かな朝でした。
遠くに富士山のシルエットもありました。

DSC00774_サイズ変更

朝、出発のゲスト送りだすお母さん。
入り口の鐘を鳴らし無事を祈りながらお見送り。

DSC00810_サイズ変更

スタッフのみなさん、楽しいひとときありがとうございました。
また遊びに行きますね!

DSC00467_サイズ変更

船窪小屋までの道のりは結構な急坂でっす(涙)。
それでも小屋からの景色は風光明媚で頂上を目指さなくてもここで十分満喫できるすばらしいところです。

DSC00649_サイズ変更

沈む太陽をのんびりと眺めるとてもゼイタクな時間でした。

DSC00656_サイズ変更

左をみると、槍ヶ岳や穂高連峰

DSC00588_サイズ変更

右をみると、立山や剣岳

DSC00481_サイズ変更

小屋付近は山野草があちこちにみられます。
リンドウの花。

DSC00541_サイズ変更

チングルマ、花が終わるとふわふわの綿毛が一面を白く照らします。

DSC00449_サイズ変更

何だったかな~、この赤い実。
山道のいたるところにあったね。

DSC00579_サイズ変更

これはワレモコウだったかな。
秋になると赤に深みがましてるような…

DSC00570_サイズ変更

雲海、下界は曇っててもある程度登ればこんなすばらしい光景が待っている。
自然が織り成す光景を見ているとそこへずっと留まっていられたらどんなに幸せだろうっていつも思う。

船窪小屋、おすすめです♪

   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/801-2c630a38

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。