ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.09.15 Tue
北アルプス燕岳~常念岳まで
シャロム登山部イッシーです。
4連休は燕岳~常念岳まで2泊3日で4人のパーティで行ってきました。
もちろんテントを背負ってのテント泊です。

山に登ってい思うことは山は有限の世界なんです。
ザック一つがすべて、寒かろうが食べ物がなかろうが、このザック一つだけの生活なんです。
ザックを背負える重さが・・自分が生きるテリトリー。
自然農の田んぼでは畦塗りができる量が米の作れる範囲。

少し・・似てるかな。

晴れた3日間でした。
槍ヶ岳がいつも僕らを見守ってくれています。
2700メートルの世界はとても幻想的です。
最後に常念岳から見たご来光は心の中にいまでも焼きついています。
みんな無事に下山できて心から自然に感謝です。
来年もまた山に行きたいな。
シャロムはとても山好きには温かい宿です。

P9090174_400.jpg
燕岳から見た御来光です。
この山がとても好きです。
不思議なぐらいこの山に惹かれます。
みんなで見れたことにちょっぴり涙です。

P9090176_400.jpg
体験スタッフの娘三人です。
私は荷物持ちです。
一緒に山に行ける仲間がいるということはとても幸せです。
登る前から、ボスを始め、シャロムスタッフのみんなで山について語りあっていたことが印象的です。
常念小屋に向かう朝の写真です。真後ろに見えるのは燕岳です。

P9090177_400.jpg
青い空、白い雲、澄み切った心に響くもの、
等身大の自分、決して自然の驚異に勝てません。
このダイナミック山道を歩くだけで胸がいっぱいですね。

P9090180_400_20090915214243.jpg
大天井岳です。
この近くの小屋にボスは居たのかな?
何だかそれを聞いたときから行きたかった場所です。
もしかするとシャロムの聖地?
少しウキウキしながらみんなでハイポーズ。

P9100184_400.jpg
最後は常念の山頂です。
朝4時出発5時15分に山頂到着。
富士山が見えたときには心が真っ白になりました。
寒くてみんな鼻水がダラダラでした。

素敵な仲間と素敵な登山。
無事に成功してとても嬉しかったです。
たくさんの事をみんな話して、一緒にご飯を作って食べたときの感動は忘れません。

また来年もスタッフを引き連れて登りたいな。
山の上の食事の美味しさは何にも買えがたいありがたみがあります。

万物に感謝

   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/798-b354d34a

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。