ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.06.28 Sun
AZUMINO JUG BANDライブ@shalom
安曇野をこよなく愛している人たちで結成されたAZUMINO JUG BAND     当日の写真pdf
今年の春結成されて今年の冬には解散するというすでに伝説になっているこのバンド、実際メンバーは何人いるのかよく分からないけど、とにかく音楽を楽しもうというメンバーの気持ちがすごく伝わるライブです。

そのAZUMINO JUG BANDの記念すべき初単独ライブをシャロムで行ないます。
ぜひいっしょに歌って楽しい日曜の午後を過ごしませんか?
こんな呼びかけでスタートしたライブ 安曇野のつながりを象徴したライブでした。
いろんな人がつながり全くの土素人も参加できるバンド 垣根を取り去ったつながりのバンド
写真だけでなくムービーでお伝えしたいですね。

2009628azuminojag05.jpg

これメンバーの面々 バケツやお皿までが登場 とにかくみんなで楽しむ こうやって情熱を傾ける場と仲間がいる 幸せなことですね。
こんなメンバーが安曇野の未来を作るのだと思います。

2009628azuminojag03.jpg

シャロム営農部長のグッサンも登場 グッサンの違った1面をかいま見た感じでした。
今年の紅白にでなくっちゃ

2009628azuminojag06.jpg



2009628azuminojag10.jpg

野良着姿で地下たび パーカッションはバケツだったり お皿だったり 音の出るものなら何でもOKのバンドです。

2009628azuminojag15.jpg

安曇野の若きホープ 望さん 若者がつながりあって安曇野を作り出しています。これから彼の活躍が安曇野を動かします。

2009628azuminojag14.jpg

あづみのさんか

いなかの歌が聴こえてくるよ 
AZUMINOのAはAll starsのA  AZUMINOのZはズク出せのZ
UはUltra MはMiracle いーじゃん のんびり 音楽 JUG BAND

ここはあづみの 
君と僕が生きる街
ここはあづみの 
全てが笑う優しい街

苦しいことがあったなら全部かついで 
ここに来なよ街の人皆で迎えるダ 
「 だいじょ~だ♪」×3

ここはあづみの 
山と水に抱かれて
新しい陽を
届けてくれる優しい街

2009628azuminojag17.jpg

AZUMINO JUG BANDの記念すべき初単独ライブ@シャロム

2009628azuminojag13.jpg

シャロムの森に安曇野の若者の熱気がこだましました。素敵なひとときでした。

2009628azuminojag18.jpg

シャロムの日常    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
ありがとうございました Posted by 増田望三郎@安曇野地球宿
臼井さん

増田望三郎@安曇野地球宿です。
こんばんわ。

お礼のメールが遅くなりました。申し訳ありません。

まず、今回のライブをやらせてもらってありがとうございます。
入り口道路などに、しっかりと告知表示されていて、この場を用意して
もらってるなあと感動しました。

時間が押して最後はバタバタ、レストランでお茶をして、
シャロムにもお礼をするつもりが、結局それもできず、それでも水やお茶や
コーヒーを頂きました。ありがとうございます。

昨年ぐらいからシャロムのスタッフが地球宿にも遊びに来てくれて、5月には
GWのお疲れ様会を養生園やひつじ屋さん、ふじもりさんなども来てくれて、
やったりして、人が近くなっています。
特にシャロムのスタッフは、笑顔が気持ちいいです。
訪れてて一番嬉しいのは迎える側の気持ちや笑顔ですよね。
陽子ちゃんが「今年のスタッフは仲がいいよ。」と嬉しそうに言ってました。


5月にお疲れ様会をやった時に、以下のような日記を書きました。
安曇野プラットフォーム。
http://www.plays.jp/adiary/diary2.cgi?id=boetu&action=view&year=2009&month=5&day=20#5_20

何年か前に「安曇野の観光を考える」というシンポが松本大学でありましたね。
臼井さんはあの時会場のみなさんに、
「安曇野という花畑を作りましょう。一つ一つの花が集まって花畑になって、
その花畑の魅力で人を迎え入れましょう。」と言ってましたね。
僕も共感しました。そしてメーリングリストを呼びかけたのですが、
残念ながら死んでおります。(苦笑)

人が繋がる、繋がらない、というのはどこにその分かれ目があるんでしょうね。

今回のジャグバンド、臼井さんにも見てもらえて嬉しかったです。
臼井さんがずっと求めていたもの(と僕が言ったら横柄ですが)、
そして僕もずっと求めていたもののその中身が、あのジャグバンドに
現れているように思います。

形でも仕組みでもシステムでもなく、人の心がまずありきの繋がり。

Be good cafe安曇野で竹前さんが「コミュニュティー」をテーマに
頑張ってやってました。
いつぞやの反省会で、暁生がこう言ってたのが、今も僕の指針になっています。

「コミュニティーではなく、コミニュティーマインドでいこう。」と。

20代を共同体で過ごし、閉じられたコミュニティーの弊害も体験した
僕にとって、形ではなく心、それが今もキモだと思っています。


もう一つ好きな言葉があります。

「群像」です。

辞書で引くと
「多くの人々がそれぞれに生き生きと活躍している姿。」とあります。

安曇野、まさにこれでしょう。
いろんな人がいろんな思いを持って生き、いろんな夢を追いかけ、
実現しかけている。

お互いが出会い、話し、心を通い合わせ、そして認め合う。
夢の実現に応援協力し合う。

そんな人の繋がり=輪=和が育っていっているように思います。
まだまだ一人一人は未熟だし、生計をたてていくという点から見れば、
心もとない人も多い。(僕も含めて)

だけど、この安曇野の自然とそこにある人間の営みとしての農。
この自然環境と地域環境をベースにして、
これからどんなふうに展開していくのか。


臼井さんの望んだ世界=花畑ができていくんじゃないでしょうか。


これからも自分の中の心の隔たりを無くし、
心豊かで愛溢れる世界をイマジンして、
この地域の人たちと共に生きていきたいと思っています。

安曇野には幸せの風が吹いている。
2009.07.01 Wed 23:17 URL [ Edit ]
安曇野には幸せの風が吹いている。 Posted by ken
全くその通りです。
安曇野に若き?シシ誕生ですね。
大きな花畑が生まれると思っています。
花1輪咲いていたのでは寂しいですね。
大きな花畑が生まれる予感がします。
とてもうれしく思います。
風は吹いて雨が降って平安があるのですね。
このパワーを結集したら私が描いてきたこと
どんなことも実現できると思います。
後は未来に描くビジョンです。
また相談に行きますね。
とてもうれしく思います
pdfの写真 みんなの表情がとても幸せそうです。
ここに原点があるのでしょう。
教えられました有り難い。ありがたい 

ま  でもほどほどにね。
息切れしないように生きましょう

向かい合っているほど摩擦が生まれます。
ただその摩擦は方向が違うだけ
方向が一緒になったら拝みあうことができます。

それは水がしみるように時間も必要なのでしょう。
それはきっとバランスなのかもしれません。
息を吐いて 吸って 止めて また吐いて 吸って
ゆっくりゆっくり
幸せが降りてくるようです

瞑想
静に目を閉じて 呼吸を整えたなら
僕らは いつでも あなたに 出逢うことができる

心と体がひとつに 交わった瞬間
僕らは いつでも あなたに出逢うことができる
目を閉じて風のかおりと 水の音を身体に感じて
昼下がりのやさしい日差しが僕らを包んでる
宇宙に広がるエネルギーを 身体いっぱいに受けて

世界の人間(ひと)が皆 優しくなれたら
僕らの未来は もっともっと明るくなるのに
愛する気持が 全てを包んだのなら 
僕らの未来はもっともっと明るくなるのに
愛おしいこの気持とかけがえのない人の人生は
川の流れに漂うちっぽけなひとひらではない

永久に広がる魂を命の輪の中で
目を閉じて風のかおりと 水の音を身体に感じて
昼下がりのやさしい日差しが僕らを包んでる
宇宙に広がるエネルギーを 身体いっぱいに受けて

静に目を閉じて 呼吸を整えたなら
僕らは いつでも あなたに 出逢うことができる
僕らは いつでも あなたに 出逢うことができる

リンゴの中村さんの詩です

有り難い ありがたい
KENシャロム
2009.07.02 Thu 05:20 URL [ Edit ]
Posted by けいぴん
いいですね~

もう少し、大分からも安曇野が近ければ・・・
でも距離でもないかなぁ~

こちらでも人の繋がりを大切にしてボチボチと持続できるように農業を通してやっていきます。

大したこと無い自身のブログにリンクしていただきありがとうございます。

時間を作って、いつかシャロムに帰還(deお邪魔)しますね!

一人でも沢山の人が農的暮らしに目を向けてくれるよう邁進します!
2009.07.11 Sat 21:02 URL [ Edit ]
大分よりありがとう Posted by ken
大分よりありがとう
あちこちで花開くのがいいですね。
またお逢いできるのを楽しみにしています。
2009.07.12 Sun 21:43 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/662-f0d4add8

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。