ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.04.25 Sat
自然生え2009
090425hatake (2)_400

何をするかと申しますと、スーパーでトマトを買ってきました。
4寸(12cm)ポットに育苗土を入れました。

090425hatake_400.jpg

そして潰して埋めました。


えっ、これで本当に芽がでるの???
と疑問が浮かぶと思います。
断言します。 芽が出ます!
注意することいえばホルモン処理をしているトマトは種がありません。
種無しって不自然ですよね~。

一つのミニトマトには50~100粒の種が入っています。
普通のトマトは200~300粒入っています。

たくさんの芽が出てきます。
ただし間引きはしません。
自然界では勝手に自分たちで育ち(共育ち)自分たちの優秀な子孫を残そうと勝手に選抜します。
そこに人が入る余地はありません。
早く芽が出てくるものもあれば遅くでてくるのもあります。
早いのが良いと考えがちですが霜にあった時、大きくなったものは霜にやられてしまいます。
しかし、そのおかげで小さいものは守られて生き残るのです。
この一つのポットには小さなドラマがたくさんあります。

私が去年、自然農法センターの師匠から、自然観察の意味を教えてもらった勉強法です。

ちなみにここから出来たトマトはたくさんの形状や味が分かれます。
形がそろわなかったり、味が違ったりしますが、家庭で食べるには問題ありません。
ここから5年ぐらい種採りをしていると形や味が整ってきます。

その頃にはその土地にあった品種になります。 自分のオリジナルトマトの完成です。
自分のオリジナルトマトを作ってみませんか?
是非一度挑戦してみてください。

農業担当イッシーより

2009年度 安曇農楽舎メンバー募集のご案内
信州安曇野で自然栽培を学び、同じ時を過ごし、笑いながら、土と一緒に時を過ごしませんか。自然の中には、たくさんのいのちの営みがあります。生きている畑を観ることで、僕たちもまた自然の中で生かされていると感じます。共に農を通じてゆっくりとした自然な生き方を学びましょう。

安曇農楽舎は、自然栽培の田畑で農作業し、共に食事をし、自然に沿った生き方を通して、参加仲間の交流を深め合う場です。そして、楽しさがモットーの農学舎です。

詳しくは↓
安曇農楽舎

   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/490-5a3ed591

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。