ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.10.05 Sun
自由の森学園市民講座
自由の森学園市民講座 安曇野池田にて 2008.10.5
もしもこの世界が 大貧民ゲームだとしたら
南北問題入門からフェアートレードまで
自由の森学園<自由の森>の社会科では いま、日本や世界はどうなっており 人間らしい生き方や社会はどうした
ら作れるのかを 対話や討論 レポート作りを通じて自ら考えます。
一般の方にも自由の森の授業を体験して戴き 教育、社会について考えて戴きたいと思います。
子供から大人までたくさんの方の参加をお待ちしています。

取り上げるテーマ

「この村では、1000人のうち 200人が村の所得の4分の3を得ています。別の200人の収入
は村の所得のうちのわずか2%です。(ドネラ・メドウズ「村の現状報告」より)「豊かな」北の国々と
「貧しい」南の国々の格差の問題はずいぶん前から言われてきましたが、経済のグローバル化が進む近年、その差がさらに大きくなったと言われています。
地球温暖化のことはどこでも話題になっていますが、その分 この格差と貧困化の問題は あとまわしになっているように思います。すべてはつながっているにもかかわらず。
この講座では<世界貿易ゲーム>というワークショップを入り口にして、世界の豊かさと貧しさを作り出しているしくみを考え、世界がどう変わっていったらいいのかをさぐってみます.

30人が出席 
自由の森の授業が始まりました。
自由の森を紹介後に早速授業が始まりました。
出席者を6グループに分けて各国が資産を増やしていくゲームです。
特定の形に切った紙を世界銀行に持って行くとお金が支払われ財産が増えます。
特定の形に切るために様々な技術<道具>や原料<紙>が必要です。
国により持っている技術<はさみ 定規 分度器 コンパス えんぴつ や原料<かみ>お金が多かったり少なかったりなかったりします。
そこで簡単には資産を増やせません。
原料を買ったり 売ったり 交換したり 借りたり 富める国はどんどん富んでいきます。
実際に参加してみて沢山の気づきを受けたゲームでした。
教えられるのでなく 自ら気づいていく課程はとてもわくわくとするものでした。
こんな授業だったら毎日が気づきの連続で 学びたいなーと思いますね。
ひたすら努力して資産を増やす国があったり 協力して貸し借りしたり 富める国はお金を増やすために働かず安く買いたたいたりと 喜々こもごも ゲームを通じて見えてくることがたくさんありました。
,


貿易ゲームから世界の現状に目を移し今の世界がどうなっているかということに授業が進みました。貧しい人はより貧しく富める人は益々富む現状

2008105jimori12.jpg

<お茶を使って実際に目で確かめます。>
アンフェアーな貿易があることをフィリピンのバナナを通じて学びました。植民地政策が終わりお金を貸すことにより技術を買わせます。その技術は時代遅れとなり借金だけが残ります。そこで先進国はコーヒーやバナナを作らせそれを返済に充てさせます。農産物は過剰になりとても安く買いたたかれます。本当のバナナの価値は5本で500円はします。それが100円で売られています。生産者にはほとんど生産に見合ったお金が支払われず農薬付けの大地が荒れて残るだけです。
こんな収奪するような貿易をやめて正当な値段で購入する それがフェアートレードです。

とても納得できる授業でした。

2008105jimori13.jpg

<近くのスーパーで購入した5本で100円のバナナ>
とてもわくわくする授業でした。こんな授業だったら学ぶことが本当に愉しいのになーと思った1日でした。
自由の森の授業体験をありがとうございました。

講師プロフィール 上野文康(うえのふみやす)さん
1952 年生まれ 自由の森学園社会科教員
自由の森の開校後 間もなくフィリピンのネグロス島を訪れ、スラムや漁村、農村を回り、現地の青年と交流。ネグロスバナナのフェアートレード"店舗"を自森の教育活動の一環にすることは年来の思い。昨年から選択講座として「オルタナティブライフセンターをつくる」(共生型社会入門)を立ち上げ、センター小屋作りをはじめている。

自由の森学園中学校・高等学校
テストの点数で子供たちを序列することをやめ、一人ひとりの知的好奇心や表現への欲求を大切にした学校を作ろうと1985 年に開校しました。人間の自由と自立への教育を追求することを基本方針にしています

埼玉県飯能市
:http://www.jiyunomori.ac.jp/

貿易ゲーム
http://management.main.jp/boueki_game.pdf

未分類    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by yamano
一般にも公開されている授業なのですね。
是非参加してみたいです。
2008.10.05 Sun 21:28 URL [ Edit ]
愉しい授業でした。 Posted by ken
教えられるというより気づいていく課程がとても愉しかったですね。1度出かけてみてください。
2008.10.06 Mon 18:49 URL [ Edit ]
承認待ちコメント Posted by
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.05.27 Tue 16:00 [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/363-60730e8d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。