ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.07.30 Wed
クボタ寺子屋
クボタ 地球小屋(Terra-Koya) 2008   7月22日

ともだち ようこそ
花びらのシャワーで
愛と知恵と力でつながろうー
つながろー つながろー
ききそそ 愛し合おうー
つながろー つながろー
ききそそ 愛し合おうー


天候に恵まれキャンプが始まりました。

ゲームを通じて心が解きほどけていきます。名前覚えゲームや自分たちのチーム名を決めてさあキャンプが始まります。



ウルシやスズメバチなど 森での安全策などを聞き 輪になってチベットで友達を迎えるキキコソの歌を歌います。この歌はつながろうがテーマの歌で 今回のキャンプソングです。

森の広場で記念写真 笑顔がいいですね。

夜のウォーク 森の声を聞きながらナイトウォークが始まりました。ライトトラッフを森の広場に設置してウォークに出かけました。森を歩き 耳を澄ませて森の音を聞きます。

ピクニックシートを敷いて満天の星空を見つめました。人工衛星や飛行機 流れ星なども見ることができました。

7月23日

朝6時半からウォーク 花炭の材料を拾いながら クボタの山崎さんの解説で昆虫について学びました。

山崎さんは子供のころ昆虫網を持って野山を駆け巡っていた昆虫少年だったそうです。
朝食後は 畑に行って収穫です。自然農の畑は草も虫も敵としない畑です。たくさんの収穫をして森の広場に戻りました。

畑のものを使っての野外調理です。畑はまさにスーパーマーケット畑にあるモノだけで調理します。

畑ではキュウリがいっぱいなっていたので味噌をつけて食べました。みそもシャロム製 焚き火を起こして焚き火パンに挑戦。ふっくらとおいしい焚き火パンができました。

昼はほうとうづくり 武士の野戦料理です。みんなで小麦粉を伸ばし鍋に入れて完成です。

昼食後森の木を切るのに挑戦。のこぎりでの切断はとても大変でしたが倒れた時の爽快感は格別でした。

木を切った後は枝を落とし球切りします。

球切りした丸太を今度は斧で割ります。カケヤを使って割る安全な方法にチャレンジ 苦労したけれど確実に安全に割ることができました。

20080723begood215.jpg

まき割りの後はお茶の時間 大きなスイカがおいしかったですね。
次は木の摩擦で火をおこします。原始の火おこしの体験です。小さな火種がほのうをあげた時は感激しました。
カメラの取材も入って様子が放映されるそうです。1番早く火が起きたグループ この火を使ってドラム缶風呂を沸かします。
食事はピースフード マクロビオティックをベースにした皆が幸せになる食事です。
夕闇が迫った森の広場で初めてのドラム缶風呂に入ります。木を切ってマキにして火をおこして水を入れてようやくドラム缶風呂に入れました。

20080723begood299.jpg


うううん 満足満足有難いありがたい



振り返りをしておやすみなさい

7月24日

後ろに見えるのは鍋冠山 牧草地の前で記念写真です。

20080724begood012.jpg

昨日火の中に入れていたものが花炭になっていました。松ぼっくりや 胡桃 葉っぱも花炭になっていました。

舎爐夢ヒュッテの裏の森はコナラや松林になっています。途中カブト虫を捕まえましたがまた逃がしてあげました。

20080724begood028.jpg

乾さんと小林さんの田んぼのお話です。身近なお米を通じて田んぼの循環の仕組みと食の大切さを学びました。

今回は火打ち石で火をおこし かまどでご飯を炊きました。

インタープリターのイカッチョの指導
「始めちょろちょろ 中ぱっぱ ふうふういったら火をひいて 赤子泣いても蓋とるな」 お結びの下に敷く桑の葉をとってきておにぎりを作りました。おにぎりは自立した物同士が結びあい 一つのものを作ります。
蓋を取った瞬間みんなから拍手がわきました。

グループごとに自分の食べるおにぎりを作りました。

拍矢町の藤沢さんの合鴨の田んぼに出かけて草取りのお手伝い 休憩には昨日収穫したキュウリに味噌をつけて丸かじり人気のキュウリでした。

休憩の後は合鴨を隣の田んぼに移すお手伝い みんなで横に並んで捕まえます。

捕まえた合鴨を隣の田んぼに移しました。合鴨が草を食べてすっかり草のない田圃になっています。

20080724begood109.jpg


藤沢さんの田んぼの前で記念撮影です。
キャンプファイヤー
森の広場で最後の夜のキャンプファイヤーが始まりました。イカッチョが棒をこすり合わせて火を起こします。小さな灯を少しずつ育て大きな火にしていきます。イカッチョの火の育て方があまりにもあまりにも素敵だったので感動の輪が広がりました。キャンプネームはイカッチョからみんなが尊敬してイ神様に変わりました。

森の広場での火を囲んでのゲームや語らい 一人ひとりの感想はとても素晴らしい言葉で感動しました。

火は一人では消えてしまいます。寄り添って初めて燃え上がります。つながりあう大切さ 育てる素晴らしさを学びました。

イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/339-ce0f2f09

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。