ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.12.04 Tue
「五風十雨農場」
「五風十雨農場」
http://www.eco-phoenix.com/Gofuujyuuu/の向山さんをお訪ねしました。

件名 : [sizennou-sub][01787] マイナス成長を目指す企業
> 小岩@岐阜白川町です
> 最近日経WEBの記事に興味をひかれます
> 自然農とは関係ないかもしれませんが
> 「マイナス成長を目指す企業」という面白い記事がありました
> http://eco.nikkei.co.jp/column/article.aspx?id=20070925c3000c3
小岩さんの紹介のこの記事 
非常に感銘を受けましたが忘れていました。
そんな折りに小岩さんの紹介で向山さん本人が
SVO天ぷら油そのままの車を作るワークショップに参加されました。
小岩さんとはSVOや自然農の関係で緩やかなおつきあいをさせて戴いていました。
気持ちのいい人で出逢えてありがたかったなー そう思える人です。
自然農に取り組む人はあったかで豊かな考えをお持ちの方が多いですね。
このメーリングリストも穏やかで いつもこころに栄養を与えられています。
有り難うございます。

このSVOのワークショップでご一緒させて戴いた縁で
数週間後にシャロム(自給自足をめざす小さな宿)
http://www.ultraman.gr.jp/~shalom/)にお泊まり戴けました。

このとき宿泊の方達とかなり深い話が出来ました。
話題は尽きず また朝から森を前にしたり自然農の畑で人生の生き方を語り合いました。

なぜマイナス成長をめざしたかったのか
今の世界はこのままでいいのか
これから人間はどこにむかおうとしているのか。

淡々と語られる向山さんに青年のようなきよきよしさを感じ感動しました。
胸がときめきました。

以下向山さんからのメールです。
臼井さん。
7日のSVO勉強会に参加して、ロケーションや施設の素晴らしさもですが、臼井さんそのものが最高の魅力と知り、是非早くうかがいたいと思っていました。
すべてが期待を上回るもので番頭さんともども大感激の連続でした。
夜の勉強会、朝のツアーが定例的に行われているとのこと、ここで臼井ファンがつくられていたんですね。
私も表面的には同じようなことを目指し動いてきましたが、もっともっと腹の深いところまで納得して働くのを楽しんでおられるすがたが印象的でした。
誰でもが漠然ともっている現状を変えたいという生き様、人生観、哲学に火をつけ良い遺伝子をスイッチオンにして自然にウスイズムに巻き込んでゆくんですね。
それがスムーズに違和感無く行われていているんですから、真似しようにも難しいことです。
12月3日には走り始めたばかりの私どもの農場に皆さんでおいでいただけるとの素早い決断にも感激いたしました。
お見せできるほどの農場の形が出来てはいませんので恥ずかしいですが、思いだけはデカイ??と思っています。
INGの状態を見ていただくのも面白いかな。
木の花ファミリーとても関心があります。
経営者としての苦労?何ぞは吹き飛んでしまいますね。
平等に経営に参画し、みんなが幸せも成果も分かち合うなら、これこそ理想郷ですね。
凄い情報、ヒント、アドバイスを盛りだくさんにいただけて嬉しい2日間でした。
有難うございます。 むこうやんま

翌日も1日安曇野を歩きながら夢やビジョンを語り合いました。
この縁で昨日
「五風十雨農場」にある農場直営の古民家を利用したトトロの家で食事をさせて戴きました。

2007.12.3gofujyuu1.jpg


1週間前にご予約戴くとこのトトロの家で
ピクニックランチといわれる農家のごちそうで迎えられます。
高級レストランにはない暖かで本物の食が並べられます。
「地産旬食」を旨とする農場レストラン 
日本の豊かな未来を見たように感じました。

長くなってしまいました。
いつもはメールでこんなにも書くことはないのですが
感動を伝えたくて書いています。

向山さんの生き様を見に是非「五風十雨農場」をお尋ね下さい。
日本のめざさなければいけないところを具現化されています。

ありがたい ありがたい 感謝

以下ウチダさんからのメールです。
おはようございます
五風十雨農場番頭のウチダです。

昨日は皆さんの笑顔に会えてものすごく嬉しかったです。
ココロツナガル…ということ、実感できた一日でした ありがとうございました。

庭先と入り口で写した写真をメイルします。皆さんで笑ってください。

2007.12.3gofujyuu2.jpg


●番頭からのお願い
①次号から通信をお送りしたいと思います。12号発行は来年1月22日です。3月までは閉館と聞いておりますのでお一人お一人の住所に12号はお送りいたしますので、宜しかったらお住まいのご住所を教えて下さいませんか。なお、教えていただいた住所は通信発送以外には使用しませんのでご安心を。

今度卒業される方、来年シャロムで進級される方がわかる何か記しがほしいです。

②「シャルムとワタシ」という50文字論文も同時にお送り下さい。

ではでは くれぐれもお体大切に、、、。 

五風十雨農場番頭

メールも写真も許可なく使用しました。心つながる 好循環にはこれでいいと思っています。
問題があれば即刻削除します。

本当に有難うございました。多謝 KEN@シャロム

シャロムの日常    Comment(7)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
私とシャロム Posted by ノビ
今までなかなか決断できなかった事を導いてくれた場所。
これからの人生すてたもんじゃないぞ!未来は明るい
2007.12.04 Tue 11:11 URL [ Edit ]
僕とシャロム Posted by あべ
たった3日間の滞在だけど自分たちで作り皆で共有する楽しさを教えてくれました。人の縁に感謝。
2007.12.04 Tue 11:37 URL [ Edit ]
あたしとシャロム Posted by 牧亜矢子
ここに来ることができて・ここの場所に出会えて・ここをきっかけにいろんな人とつながることができた。。。
ありがたい…ありがたい…   感謝。
2007.12.04 Tue 11:42 URL [ Edit ]
わたしとシャロム Posted by まり
ここの仲間にありのままの自分を受け入れてもらって、
他人をも今までよりもうすこし、広い心で受け入れられるようになったような…。それから、食べ物といのちののたいせつさを教わりました。ありがたいです。
2007.12.04 Tue 11:43 URL [ Edit ]
シャロムと私 Posted by さくら
自分の立っている状況をマクロの世界から見れるようになった、そんな6ヶ月になりました。胸がいっぱいです。ありがたい事です。
2007.12.04 Tue 11:48 URL [ Edit ]
わたしとシャロム・・・ Posted by なかじ~
あたたかくて「わっか」になれるところ。
嬉しいこと、楽しいことも素直に表現できて受けとめてくれるところ。
2007.12.04 Tue 11:49 URL [ Edit ]
シャロムにて Posted by はづき
人間がダイスキだと強く思った
自然の美しさ、苦しみ、嬉しいキモチ、
どんなものも伝えられる人がいた。これからもつながり大切に
2007.12.04 Tue 11:56 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/248-ff20d515

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。