ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.04.10 Tue
愛を学ぶ?
体験スタッフの ゆか です。

シャロム連休2日目。
居残り組の私は、自転車にまたがり、山麓線を北へ北へ。
目指すは安曇野ちひろ美術館。
東京と違って、誰はばかることなく大きな声で歌いながら、ご機嫌なサイクリングです。

いわさきちひろさんといえば、子供や花を描いた優しい色合いの水彩画が、まっ先に思い浮かびますよね。
私も大好きです、あの雰囲気。
でも、今回は、昭和初期の働く女性達を力強いタッチで捉えた鉛筆画に心惹かれました。
ちひろさんに対して抱いていたほんわかしたイメージからは、随分離れていて、「こういう絵も描く人だったんだあ」と少しびっくり。
芯の強さを感じさせる絵です。


ちひろさんは「大人」について、こんなことを言っています。
「大人というものは、どんなに苦労が多くても、自分の方から人を愛していける人間になること」

自分の方から人を愛していく。
自分の方から心を開いていく。

どうしたら、そういう風にできるのでしょう?
自分の感情に従う素直さや、
利害を計算しない清らかさや、
相手の反応に怯えない勇気があれば、できるでしょうか?

年齢だけは立派に成人の私ですが、「大人」になるための道のりはまだまだ長そうです。


<追記>
美術館では、「戦火のなかの子供たち」というテーマの一連の展示もありました。ベトナム戦争を憂う ちひろさん が描きあげたものです。併せて紹介されている「こどもにつたえる日本国憲法」の文章と共に、心にずしりと響きます。関心のある方は、ぜひ足を運んでみてください。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記
シャロムの日常    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
ちひろ美術館 Posted by aoki@GW
昨年だったかな、朝から入館して閉館ギリギリまで居続けました。工房でいろいろ体験して、下の子などは大喜び。絵から受ける感じとちひろさん本人の人生のギャップに驚きました。
今年は、どこに行こうかな・・・。
2007.04.11 Wed 19:17 URL [ Edit ]
ちひろさん Posted by
ほんと、ギャップがありますよね。内面の強さを持った女性だからこそ、ああいう優しい絵が描けるのかもしれませんね。
2007.04.11 Wed 19:29 URL [ Edit ]
失礼しました Posted by
上のコメントは体験スタッフ ゆか が書きました。ブログの使い方がよくわかりません・・・。
2007.04.11 Wed 19:34 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/23-1ecbe7a0

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。