ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.03.28 Thu
ティピの温室と踏み込み温床
温室の踏み込み温床を分解してティピの温室に移動しました。これで温室も広く使えそうです。枠を取った状態
http://shalomusui.blog90.fc2.com/blog-entry-1912.html

2012316typi05.jpg

4段に踏み込み温床ができています。上段は斜めになっていてポリカボネートが止めてあります。

2012316typi06.jpg

ティピの中に3段組み立てました。

2012316typi09.jpg

ティピ温室の中に踏み込み温床の枠を組み立てます。

2012316typi14.jpg

落ち葉 わら 台所コンポスト トイレのコンポストを積層で入れます。 白いのは米ぬかです。これを5回ほど繰り返しよくふんfr これに水をかければ発酵熱で温度が上がります。

2012316typi15.jpg

最後に土を乗せて完成

2012316typi21.jpg

トイレコンポストも入れちゃいました。来年の種まき土にはとてもいい土が出来上がります。

2012316typi23.jpg

移動できる大小分離型のコンポストトイレ 優れものです。

2012316typi33.jpg

隣に30センチくらいの溝を掘り踏み込み温床を作ります。

2012316typi22.jpg

わら 落ち葉 コンポスト 米ぬかを積層 よく踏んで水を撒き 最後に土をかけて完成

2012316typi26.jpg

ビニールをティピにかけていきます。

2012316typi39.jpg

石をくるんででひもで止めるとしっかり止まります。

2012316typi38.jpg

ビニールをかけて下部は石で押さえます。5月上旬にビニールをはがし蔓性のものを竹の根元に植え付けます。

2012316typi42.jpg

土を掘って作った踏み込み温床は竹でフレームを作ります。ちょうどあった竹を割ってフレームを作ります。竹って便利ですね。ネームプレートにも使っています。

2012316typi43.jpg

自然素材で作るとお金もかからずに美しいですね。

2012316typi44.jpg
地面に作った踏み込み温床 

2012316typi50.jpg

ティピ温室と踏み込み温床が完成です。これでようやくたねが蒔けます。

2012316typi51.jpg

もう室温は30度を超えそうです。

2012316typi45.jpg

腐葉土をふるいにかけて蒔き土を作ります。

2012316typi52.jpg

昨年たね採りした在来種を蒔きます。

2012316typi57.jpg

1週間もすれば双葉が出てきます。

2012316typi62.jpg

踏み込み温床に入れて今日の作業は終わりです。
信州では夜はどうしても寒くなります。そんなときに踏み込み温床があると温度が一定になって発芽率がよくなります。すっかり春の気温です。足下にはオオイヌノフグリやふきのとうが芽を出しています。

2012316typi58.jpg

これから温度管理と水やりの日々が続きます。人が手をかけるとずっと手をかけなくてはいけません。
直播きがいいですね。ただ寒い信州では なすやピーマンはかなり後の収穫になります。あつい時にスイカも食べたいですね。
日中は温度の上がりすぎに注意が必要です。

   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1942-ca3b7c09

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。