ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.04.07 Sat
スタッフ体験記
体験スタッフの ゆか です。

yuka.jpg

シャロムへ来るのは今回が初めて。
でも滞在5日目にして、すっかり馴染んでしまいました。
今日は、ちょっと長くなりますが、私がシャロムへ来たきっかけや、ここで感じていることをお話したいと思います。
(ブログを書くのも初めてです。読みにくかったら、ごめんなさい。)

シャロムで働こうと思ったきっかけは・・・

去年の秋に伊豆の施設で3日間の断食をしました。
断食をすると体の中から余計なものが抜けて、生まれたての赤ちゃんの状態に幾らか近づくことができます。
その断食明けのピュアな時に、無農薬の採れたての野菜を食べたら、涙が出るほどおいしかったんです。
大袈裟なようですが「生きててよかったぁ」と思いました。
生きるって、こういうささやかな喜びに支えられているんだなと感じました。

それから、食べることをもっと大切にしようと思って、自然食やマクロビオティックを始めました。
食事を変えたら、心や体が段々軽く自由になり、新しいことや未知なことにチャレンジしたいという気持ちが強くなりました。

偶然にもその伊豆の施設の所長さんが、シャロムの元スタッフでした。
シャロムの存在を知り、HPを見た私は、半ば直感的に「ここで働いてみたい!」と思ったのです。



シャロムへやってきて・・・

勢い込んで体験スタッフに申し込んだものの、実際に働くにあたっては不安がありました。
これまで私が生きてきた世界とは、まるで違うところだったからです。
東京という都会で、デスクワークをし、一人暮らしをしていた私にとって、安曇野という大自然の中で体を動かす仕事をしながら集団生活を送ることは冒険でした。

でも、案ずるより生むが易し。
意外なほどすんなりと、ここの空気に馴染むことができました。
自分でも不思議。なんでだろう?
安曇野の土地の持つ力、手作りの暖かい家、臼井さんのスケールの大きい世界観、優しくて個性的な先輩スタッフたち。
シャロムを形作る、そういった様々なものが、じんわりと私を包んでくれているのでしょうか。
ここは本当に居心地がいいんです。

今まで心に分厚い鎧をつけて、息を切らしながら生きてきた私にとって、シャロムは鎧を外すことのできる特別な場所のようです

テーマ:雑記 - ジャンル:日記
シャロムの日常    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by マクロビオティック
いつも役に立つ情報ありがとうございます

これからも役に立つ情報をよろしくお願いしますね
2007.04.07 Sat 17:16 URL [ Edit ]
Posted by ken@azumino
シャロムになじんでもうすでに戦力ですね。今日の種まきの仕方 おもしろかったでしょう。後1週間よろしくお願いします。
2007.04.07 Sat 18:19 URL [ Edit ]
知人 Posted by aoki@GW
ここ3年間、5月GWに家族でおじゃましています。今年はついに高校生になった子が別行動になりました。3人で行きます。
昨年、シャロムで会った人が、東京に転勤になったと連絡をくれました。今は、僕が忙しいけど、時間を作って会いたいと思います。
そういう人と出会えるのがシャロムのいいところ。今年も、誰かと出会えるかな・・・。
2007.04.07 Sat 21:26 URL [ Edit ]
Posted by ken@azumino
KEN@シャロム
青木さん有り難うございます。連休お待ちしています。安曇野はこれからが1番いい季節です。
2007.04.08 Sun 05:13 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/19-b5b968fc

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。