ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.06.08 Fri
EARTH RADIO  安曇野の小さな宿で体感する、農的なライフスタイル
地球のことは、自分ごと。
「地球人として僕らができること」 そのヒントを求めて、
日本、世界各地を旅し、出会った 人々の声、地球の声を届けます。
Earth Radioも今年で3年目。サード・シーズン突入です! これまで、
インターFM、岐阜放送で、月一回の特別番組として放送してきました。
今後は、WEBラジオとして毎週届けて行きます。

メインDJに、俳優であり「人類が地球に生き残るための プロジェクト」
REBIRTH PROJECTの代表としても活動している伊勢谷 友介、

また、コメンテーターにWORLDSHIFTネットワークジャパン理事、
構成作家の谷崎テトラ氏を迎え、
心地よい音楽とともに地球の声をお届けします。

今月6月はシャンティクティが取り上げられます。放送は夕方6時から7時です。この時間を過ぎるとwebにアップされると思います。

EARTH RADIO 安曇野の小さな宿で体感する、農的なライフスタイル
という事で今日放送になります。


http://www.kaitouchearth.jp/radio1-24/archive/

http://www.kaitouchearth.jp/index.php

EARTH RADIO 005

安曇野の小さな宿で体感する、農的なライフスタイル。

伊勢谷友介さんと谷崎テトラさんによるウェブラジオプログラム
「KAI presents EARTH RADIO」。
今回からは、長野・安曇野で、パーマカルチャー(持続可能な農的暮らしのデザイン)心地よい暮らしを実践しているゲストハウス「シャンティクティ」の農的な暮らしを訪ねた。

標高680メートル。晴れていれば北アルプスを望む景観。
すごく気持ちのいい森の中に立っている「シャンティクティ」は、
サンスクリットで平和な巡礼宿というシンプルさを味わうエコロジカルなゲストハウスだ。
太陽光発電やバイオマスのエネルギー等を利用し、
目の前に広がる畑で採れた野菜をすぐにいただくことができる。
ここには地球に負荷をかけない、豊かな暮らしを送るための知恵があふれている。

宿主の臼井健二さんは、もともと商社に就職したが、
自分でつくっていない第3世界ものを売ることに抵抗を感じ、1年で会社を辞めた。
旅や山が好きだったので、その後5年間穂高町でやっている山小屋で働くことになる。

「山小屋に着いた人に“ザックを下ろしてお茶をどうぞ”と
おすすめするという単純なことから始めました。
汗水たらして登ってきた人たちにとっては、最高のごちそうなんですよね。
それだけで気持ちが和みます。魔法のお茶でしたね。
あとはみんなで集まってコースのこと明日の天気のこと 人生論や生き方も語り合いました。記念に写真撮影もして、年賀状にしてお送りしていたんです。
山に来るのは夏が多いですから、冬に年賀状が届くとそれだけで感激してくれるんですよ。
みなさん返事をくれるので、当時の穂高町長(穂高町営の山小屋)より
私のほうにたくさん年賀状が届いたくらいです(笑)。
おかげで(宿泊人数も増え、当初年間3500人ぐらいだったところ、
辞める頃には6500人くらいになっていました」

そんな山暮らしに、特に不満もなかった臼井さん。でも、山を降りた。

「静かだし、すごくいい暮らしでした。
雨も太陽もみんなが感じられて、お金を持っていようがいまいがみんな平等。
こんな世界は天国みたいでした でも、あまりにきれいすぎるんですよね。
山に住んでいると仙人のように思われがちだけど、
俗人のほうがいいんじゃないかなと(笑)。
もっとドロドロしたなかで自分自身を磨いてみたいと思って、
山を下りて理想の宿を始めようと思いました」

臼井さんが理想としたのは、持続可能な生き方ができるエコロジカルなゲストハウス。
理想に燃えてはいたが、お金が全然なかった。

「いただいた年賀状がたまっていたので、
その人たちに“割引券を差し上げますから、会員になって支援をお願いします”
というダイレクトメールを出したんです。
今でいうマイクロファンドのようなもの。
35年近く前ですけど、2500万円くらい集まりました」
「お金は後からついて来る そう思いました。」

こうしてまずは「舎爐夢(シャロム)ヒュッテ」という宿が完成。
玄米や有機農産物を中心としたマクロビオティック料理を提供し、
パーマカルチャーや自然農の講座、田んぼイベントなども開催。
レストランを併設することで地元とのコミュニティも築き、
自給自足の宿として人気を博した。

ゲストハウスでパートナーシップ型のコミュニティをつくる。

「舎爐夢ヒュッテ」の運営をずっとがんばって引っ張ってきた臼井さん。
でもこれからの時代にあわせて、経営の方向性を変えることにした。

「宿の運営としては特に問題はありませんでした。
でも、ひとを育て、コミュニティという形でやっていくには、
トップダウンのリーダー型よりも
パートナーシップ型のやり方が向いているんじゃないかと思うんです。
一昨年くらいからそういう試みを始めました。
売り上げも経費も、みんなでわける。
問題点もありますが、“自分たちでやるんだ”という積極性も生まれてきましたね」

こうして「舎爐夢ヒュッテ」の運営は若いスタッフに任せて、
みずからは同じ安曇野に「シャンティクティ」という小さな宿をオープンし、
拠点を移した。
こちらは、奥さんとふたりで運営するこぢんまりとした宿だ。
もちろん、「舎爐夢ヒュッテ」と同様に、
自然農や自然エネルギーなど、パーマカルチャーのヒントがたくさん。
すべて試行錯誤してつくり上げてきた。昨年作ったアースバックハウスはつながりの中で生まれたガウティーを超えるようなすばらしい建物です。
http://www.ultraman.gr.jp/shantikuthi/IMG_8654.JPG
http://www.ultraman.gr.jp/perma/eathbachouse.htm

「〈舎爐夢ヒュッテ〉のときから、失敗?の連続。
でも本来、失敗ということはないんです。
Problem is solution。(問題は解決)最後には必ず形になるんです。
問題があればあるほど、新しい道が生まれるんですね。
僕たちは四苦八苦しないような生き方を望むけれど、
本当は四苦八苦したほうがいいんです。
波乱万丈の生き方は面白いですよ(笑)」

たしかに田舎暮らしにはあこがれるけれども、都会で仕事をしているひとには、
なかなかその一歩を踏み出す勇気がないものだ。

「田舎は結構食べていけますよ。
“霞を食う”ってよくいうけど、霞って“もらいもの”のことなんですよね。
それは天からのもらい物なんです。田舎はもらいもので循環しています。まさにつながり。
それを“カスミ率”なんていってます。“今日のカスミ率は2割だね”なんて(笑)。
薪やもみ殻などの燃料もあるし食べ物や人や自然とのつながりがある、水は井戸水。お金がかからない暮らしです」

とはいえ、本人が「仙人より俗人のほうがいい」というように、
宿にはwifiが飛んでいるし、メールチェックは毎朝の日課だ。
臼井さんが持っていたiPhoneのiOSは最新だし、
取材陣が誰も使っていなかった機能を悠々と使いこなしていた。
一方で、畑の手入れや建物の修繕作業などの手仕事に明け暮れる。
何ごともやりすぎるのではなく、ほどほどに。
それがパーマカルチャーの考え方のベースであり、
臼井さん特有のバランス感覚なのだ。

[写真]
*3194
団らんスペースでは暖炉が設置され、あたたかみのある場所。多数の本が置いてあるので、サステナブルや自然農の勉強もできる。

http://www.ultraman.gr.jp/shantikuthi/IMG_3483.JPG

*3287
目の前に広がる畑と、その向こうに北アルプスを眺めながら太陽と風を感じることができるテラス。

http://www.ultraman.gr.jp/shantikuthi/IMG_3448.JPG

*3229
臼井さんの農作業グッズは、たったこれだけ。ノコギリ鎌があれば、大抵のことは足りてしまうとか。

*3283
手描きのウエルカムボードがお出迎え。これからお世話になります!

[プロフィール]
KENJI USUI
臼井健二
1949年生まれ。大学卒業後、商社に1年勤めて退社。穂高町経営の山小屋の管理人として5年間過ごす。1977年に大天井岳の山小屋の管理人をやめ、1979年シャロムヒュッテを立ち上げる。長野県内有数の稼働率を誇る人気の宿となり、自然農、シュタイナ-教育、マクロビオティック、地域通貨、共同体、パーマカルチャーなど、21世紀の循環型社会に必要なキーワードを包み込んだエココミュニティとして注目を浴びている。2006年には、シャンティクティもオープンし、最小コミュニティーの家族で運営。現在は拠点を移して活動中。


画像は下記にあります。

シャンティクティ
http://www.ultraman.gr.jp/shantikuthi/syuzaisyasin.htm
シャロム
http://www.ultraman.gr.jp/shalom/innsatuyousyasin.htm

以下のページにクセスください。
http://youtu.be/1eAIUw1OSn0

シャンティクティー    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1854-e5917c41

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。