ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.04.11 Wed
種センター設立が新聞で紹介されました。
バングラディシュの有機農業視察報告会 & 種の交換会
4月20日( 金 )   ゲストハウス シャンティクティ( 池田 ) 
 
  参加費 無料 
PM 1:00 バングラデッシュの新しい農業のムーブメント  緑の革命から新しい農業に
報告 臼井朋子 健二j
          座談会 「種を守ろう シードバンクづくりについて」 
PM 2:30 種の交換会 自家採取した種 買って余ったF1でない種をお持ちください。
手持ちの種がない方は 種の貸し出しもします。

バングラディシュでみた種センター そこには在来の種が何百種類と集められ 農民達によって大切に管理され 種採りが行われています。

緑の革命によってハイブリットの種と化学肥料 農薬を買い続けてきた農民達が そのおかしさに気づき動き出しています。無農薬や有機で育てた在来種の野菜や米は味の良さで高く売れ 健康にもなり
村に動植物が帰ってきたと喜びを隣人達に伝えています。
安曇野にシードセンターを作る会では在来種の種を守りその種を分かち合うために シードセンターづくりを目ざしています。

固定種の種で野菜を育て
種を採りましょう!

 主催 安曇野にシードセンターを作る会

ゲストハウスシャンティクティ 
〒399-8602 長野県北安曇郡池田町会染552-1
           TEL&FAX0261-62-0638 
    http://www.ultraman.gr.jp//shantikuthi/

信濃毎日新聞に紹介されました。4月11日

地域に根付いた在来野菜の種保存
「種センター」設立日指す
   ロッジ経営の夫妻20日に「交換会」
 自然農法に取り阻む北安曇郡池田町会染のロッジ経営、臼井健二さん(63)、朋子さん(47)夫妻が、在来野菜の種を保存するための「種センター」設立に向け、20日に種の交換会を開く。人工的に作られた一代限りの種(Fl種)が農業の主流になる中、地域に根付いてきた在来の種を守り、貸し出す仕組みづくりを目指す。
自家採種した野菜の種を保存している臼井健二さん(左〉、朋子さん。種を貸し借りする「バンク」作りを目指す

 夫妻はことし1、2月、もみ殻を燃料にした炊飯器具「ぬかくど」を普及させたいとバングラデシュの農村を訪問。その際、化学肥料や農薬、Fl種を毎年購入しなければ成り立たない農業からの脱却を目指し、自家採種した種を貸し出す種センターが同国で広がっていることを知った。
 朋子さんは、種を採ることができなかったり、採れても親と異なる性質になったりする人工交雑種のFl種に違和感を持ち、十数年前から在来野菜などで自家援種を続けてきた。同国で見た種センターが「食の安全や在来種子を守る取り組みにつながるはず」と、帰国後、郡内や安曇野市、大町市の農家に呼び掛け、センター作りを進めることになった。
 種の交換会は、在来野菜を栽培するきっかけづくりが目的。農家だけでなく興味のある人は誰でも参加できる。交換の他、臼井さん夫妻らが集めた種の貸し出しもする。
 今後、種の貯蔵や保存の他、集めた種を栽培希望者に貸し出し、翌年に倍にして返してもらう「種バンク」の運用や、自家採種の講習会開催も計画していくという。「有機・無農薬は敷居が高くても、食の安全のため種を変えることなら乗り出しやすいのでは」と朋子きんは話している。
 当日は年後1時から、臼井さん経営の「ゲスハウスシャンティクティ」でバングラディシュでの取り組の報告、、午後2時半から種の交換会がある。
参加無料。問い合わせは臼井さん
TEL&FAX0261-62-0638 

img022.jpg

種バンク    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1770-be5fb91b
まとめteみた.【種センター設立が新聞で紹介されました。】
地域に根付いた在来野菜の種保存「種センター」設立日指すロッジ経営の夫妻20日に「交換会」自然農法に取り阻む北安曇郡池田町会染のロッジ経営、臼井健二さん(63)、朋子さん(47)夫妻が、在来野菜の種を保存するための「種センター」設立に向け、20日に種の交換会を開...
まとめwoネタ速suru 2012.04.11 Wed 12:21

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。