ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.04.07 Sat
炭素循環農法
耕すのが良くできるのは有機質を分解するからです。
野菜は良くできますが土地はやせていきます。
外部から有機質を持ってこないといけなくなります。

アマゾンでは気温が高いためにあっという間に有機質が
分解してエネルギーが根から木に吸収されます。
大地にはほとんどエネルギーがありません。
でも絶妙なバランスの上に成り立っています。
木を切ると大地がむき出しになり耕した1年目は良くできますが
2年 3年と作物がきなくなります。
そこで牧場に転じますと太陽エネルギーを固定する草もなくなり
あっという間に砂漠化が進みます。
耕すという行為や 気温が高いのも有機質を分解する行為です。
大地に降り注ぐエネルギーは何処も一緒です。
たくさん持ち出せば土地がやせていきます。
もっともっとと生産量を上げることは大地のエネルギーを奪うことになります。
砂漠化につながっていきます。

ほどほどとれて持続可能な方法がいいのでしょう。
もっともっとから 知足 足を知ることが大事です。
そこに心平安でいられるヒントが詰まっています。
GNPから GNH ブータンの王様の言うようにハピネスの時代です。
自然農は持続可能な農の姿です。
採りすぎれば土地はやせていきます。
60とれば 大地に40が残ります。そこに太陽エネルギーが降り注ぎ
草が太陽エネルギーを固定します。大地は再び100のエネルギーになります。
その内の60戴く 40残る そこに太陽が降り注ぎ100になる
永久に続きます。

耕すと有機質が分解されて野菜が良くできますが 大地は砂漠のように
やせてしまいます。外部から持ち込まなくてはいけなくなります。
野菜は100 大地はゼロ 
特に窒素分などを入れると腐敗の方向に向かい虫が多くなります。
有機質 を刈って敷いてやるとそれをえさとして土地は豊かになります。
それが自然農の姿です。

森の生態系 土の上に落ち葉が落ち 分解されていきます。
下の方は菌糸菌が分解して上の方は炭素分がのこり菌糸菌のえさとなります。

これと同じのが自然農の畑です。
草を重ね 残滓なども敷いていくことにより森のような姿になります。

有機質が分解され腐食が生まれ根穴構造を作り 
マイナスの電気を帯って土の栄養素がくっつき団粒構造が生まれます。
空気層がいっぱい生まれます。
これが自然界が行う耕すという行為です。
それをまねたのがクワで耕す トラクターで耕すだったのですね。
自然界は人間が手を加えないと調和する方向に向かいます。
自分で耕しているのです。

トラクターで耕したところは最初は柔らかですが雨が降ってあっという間に
堅くなり棒も刺さらなくなります。土砂流出が生まれるのも耕した畑です。
自然農の畑は団粒化が進み棒は1メーター以上も刺さります。
また生態系はとても豊かです。

最近注目されているのが炭素循環農法です。
これも森のような生態系を作ってやることによって
森よりも生産性の高い環境を作るやり方です。
ブラジル発の方法ですが基本的な考えは自然農そのものです。

炭素循環農法については下記のサイトで紹介しています。
http://www.ultraman.gr.jp/perma/tansojyunkanrink.htm
池田で新しく畑を借りたので炭素循環農法をすることになりました。
今日はエリンギ生産のホクトに廃菌床を戴きに行ってきました。4トンで運んでくれて100円 無料だと産業廃棄物になってしまいますが100円払うと産業廃棄物にはなりません。軽トラックでも100円 大町のホクトまで出かけて戴いてきました。

201267tanso1.jpg

廃床菌野中にはたくさんのエリンギが残っています。バケツで2杯くらい これ副産物 有り難いことです。近所の人たちに配って喜ばれました。1週間おきにもらいに行けば毎日食べられそうです。

201267tanso2.jpg

畑に撒いて次回には畝建てをしようと思っています。この畑は以前田んぼで水はけが悪いのが問題です。さあどんな畑になることやら 楽しみです。

201267tanso4.jpg

炭素循環農法    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1764-f2945c4b

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。