ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.12.18 Sun
チーム安曇野の「醤油搾り」inシャロムヒュッテ♪
いよいよ朝の気温が氷点下を割り込み、畑への道も凍みて真っ白になりました。
今日は安曇野で手作り醤油を作っている2チームの「醤油搾り」がシャロムで行われます。


27_20111218134335.jpg

本日は、一年間かけて仕込んだ「梓川チーム」6世帯分の4斗樽と「穂高チーム」8世帯分の4斗樽の醤油2樽分を
搾ります。2回戦なので朝早くから夕暮れまでの1日仕事‥‥‥早朝の冷気に吐息も真っ白です。

1.jpg

同じ材料、同じ分量で仕込んでも、環境や寝かせ方、手のかけようで個性がでます。両チームの
仕上がり具合がおのおの気になりますね~

7.jpg

こちらは梓川チームの「もろみ」 色合いがキレイです。美味しいものは綺麗で香りが良い!
これ鉄則ですねぇ~

16_20111218123942.jpg

測りに乗せて重さを量ります。

3.jpg

次に大釜で作ったお湯でもろみを少しづつ緩めていきます。お水は我らの命「満願寺の沢水」を
使用します。

17_20111218124530.jpg

お醤油を搾るには「槽~ふね~」を使います。その昔、槽は皆で共同購入したり、槽をもってあちこちの醤油を
搾る「搾り師」さんが行っていたそうです。今回は搾りの伝統を伝える搾り師:岩崎さんに来ていただき
搾りと指導を仰ぎます。

6.jpg

こちらが岩崎さんの「槽」 あちこち改良を重ねた最新式? もう10年選手で約1000本を搾った
岩崎さんのパートナー 良い道具は美しい!これも鉄則ですね。

4.jpg

中身はこんな様子。各所に醤油の道が施されています。うーん美しい!

25_20111218125932.jpg

袋に緩めたもろみを入れ、丁寧に槽へ入れます。いよいよ搾り開始~

18_20111218130126.jpg

しばらくすると‥‥‥日本人には欠かせない調味料「醤油」の生醤油が出てきます。キレイですね。

8.jpg

時間経過とともにコップへ汲んだもの。だんだん濁りがとれ美しい色になっていきます。
向かって右が最初~左が最新です。

9.jpg

搾り終えた醤油は、大釜で温め「火入れ」に入ります。「88度」で止めますので上がりすぎないように
温度計とにらめっこ。 ぴったりになったら薪を引いて冷まします。

23_20111218130852.jpg

ゆっくり温度を上げていくと副産物「灰汁」が出来ます。これを捨てずに「灰汁漬け」をすると旨い!
と岩崎さんに聞き、早速シャロム畑から聖護院を調達して漬けます。

24_20111218131111.jpg

冷めるまでしばし一休み。お腹も空いたのでお餅つきをしました。
10_20111218131327.jpg

もち丸めガールズ♪ 楽しそうだね

11_20111218131447.jpg

冷えた身体と労働の後は食事が旨い! 本日はできたて生醤油を味わうべく「ぶっかけ讃岐うどん」
「冷や奴」「つきたてお餅」で味わいました~♪ 美人もにっこり

12_20111218131857.jpg


さて出来上がりました!一年間の集大成!お醤油の完成です。
19_20111218131957.jpg

どうですかこの美しい色~ いい香りも漂います。 このあとそれぞれのチームで持ち帰り、
澱を下部に溜めて上澄みをすくって瓶詰めにして完成です。何に使うか楽しみですね。

20_20111218132216.jpg

搾りきった残りを広げたブルーシート上にあけ、さっくり乾燥させたあと「おから」として持ち帰り
ます。 これはどこにもない調味料。煎って水気を飛ばし冷蔵保存します。
味噌汁にもいいコクが出ますし、炒め物などにもどうぞ!

13_20111218132535.jpg

火入れをしていない「生醤油」はある程度とりわけて瓶詰め。それぞれの家庭で「旬」を味わいます。
日持ちがしないので早めに使ってね。

14_20111218132758.jpg

おからの前で記念写真。皆さん一年間愛情を込めて出来た醤油。皆で助け合い作りあげるモノ。
嬉しい事ですね。
梓川チーム・穂高チーム・そして岩崎さん、大変お疲れ様でした。

26_20111218132959.jpg

シャロムヒュッテでは味噌を毎年仕込んでおりましたが、醤油は未経験でした。
今回の安曇野醤油チームの助けをかり、来年はシャロムでも醤油を仕込んでみようと
思います。
大豆、麹の事、月に一度の天地返しなど学ぶ事はたくさんあります。
皆で協力して作りあげていく事が喜びになります。日本人の源の調味料「醤油」
皆さんも是非体験してみませんか?

来年シャロムではこの醤油作りと合わせ、自分力、人生力を高める「自給自足講座(仮題)」
を計画しています。
詳しくは後日、本ブログやホームページでお知らせします。
お楽しみに!!
22_20111218134015.jpg














テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記
自給自足    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1712-52bab287

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。