ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.11.26 Sat
ワークショップご参加、ありがとうございました~♪
「隊員募集~!気持ちよい暮らし方、生き方、人とのつながり方、模索し隊!」
のキャッチフレーズでお集まり頂いた1泊2日のワークショップが11月23日、無事終わりました。

参加した皆さん、おたのしみさまでした。

緊張した面持ちで集まった皆さんの気持ちが、ナビゲーターの梅チャンのアイスブレイクワークで
ほぐれていきます。

111122_007.jpg

皆さんが、このワークショップを通じて「持ち帰りたいこと」ってナンでしょうか?

111122_035.jpg

111122_037.jpg

111122_038.jpg

111122_040.jpg

気持ちがほぐれたところで、シャロム畑に移動です。
みんなが集ったことを祝福してくれているような美しい空が広がっています。

シャロムの畑の「番長」、グッサンに畑についてのアレコレを教えてもらいます。
グッサン、よろしく~。

111122_041.jpg

111122_058.jpg

ここでは、来春にむけて、畝たてをします。
自分の足下から草を丁寧に刈っていきます。
ついつい足下より、遠くの目に付いた場所から刈りたくなってしまいますが、
まずは足下!!
長靴で踏んでいる部分ってなかなか上手く刈り取れませんが、ここが本当は大切なスタート地点
なんですね。
「足下の刈り取り、おろそかになってませんか?」というグッサンの一言に妙にハッとしたのは
私だけでしょうか?(^ ^;)

111122_063.jpg

慣れない手つき、足つき?で畝を作っていきます。

111122_067.jpg

草ボーボーだった場所が鎌一本ですっきりと綺麗になって、まるで洋菓子のフィナンシェのような状態に
なっていきました。 
ただ、とてもサッパリした状態に見えますが、耕しているわけではないので、土の中で完成されて
いたはずの均衡はほとんど崩れてないのです。
土の中の虫や微生物をたたき起こして、追い出すようなことはしたくないので、丁寧に優しく♪
扱っていきます。

111122_072.jpg

畝の上に米ぬかを蒔いていきます。

111122_076.jpg

そして、藁を上からおいて、風で飛ばないようにして、完成です。
米ぬかと藁という、冬着を着て、寒い冬に備えます。
これで来春にはほこほことした土が出来上がることでしょう。
この畝は苗床などにも使えます。

美しい畝が出来ました♪

111122_080.jpg

外での作業で冷えた身体をこたつと甘酒で温めます。
体験スタッフのみやちゃんのアイデアで、甘酒にゆずをいれたものを皆さんに召し上がって
頂きましたが、これが好評♪ (甘酒にゆず、おすすめですよぉ。)
また体験スタッフのまりちゃんは保存食上手さん。
まだ若いのにシャロム内で「まりばぁちゃん」などと呼ばれていますが、そのまりちゃんが
作った栗の渋皮煮をつまんだあと、りんごのコンポートの作り方なども教えて
貰いました。

そして、お楽しみのマクロビオティックのディナータイム。

111122_090.jpg

シャロムスタッフも一緒に参加者のみなさんと美味しい夕食を愉しんだ後、
レストラン・シェフ サッキーこと崎元氏に料理について色々教えて貰いました。

「マクロビの食事というと、本から得た知識でガチガチになりがちですが、畑で出来たのものを
食べるのがまずは基本。」という話から、陰陽について、調理の仕方など・・・。
沢山の質問も出て、なかなか話が尽きない時間(ひととき)となりました。

111122_093.jpg

夕食後、シェアリングをして、雅紀与さんの歌を聴きました。
HP上のタイムスケジュールでは紹介してなかったサプライズ企画。
心に染みる歌に涙を流す方もいらっしゃいました。
(畑番長のグッサンは、農具からギターに持ちかえて、雅紀与さんをサポート。
グッサンってば多才ですねぇ~)

心地よい歌声を満喫して、今日はオヤスミナサイ。

111122_097.jpg

***********************

11月23日(2日目)

7時起床で、野沢菜収穫と野沢菜漬けに挑戦です!!
きりりと冷え込んだ朝の空気に眠気も吹っ飛ぶ!??

実は野沢菜の漬け物に、葉っぱの部分はあまり使いません。
茎が美味しいんですね。
グッサンが手にしている野沢菜のように、葉っぱの先端は少し切り落とします。

111122_106.jpg

野沢菜の漬け物を作ったものは持ち帰れる、と聞いて、皆張り切って収穫です♪

111122_108.jpg

採れたての野沢菜の茎の部分をかじってみると・・・・・
甘い!!
最年少の参加者、6才のそうまくんも「甘い甘い」と茎をかじっていましたね。

111122_115.jpg

さぁ、収穫した野沢菜を洗って、漬け物にする作業開始です!!

111122_120.jpg

収穫した野沢菜が

111122_113.jpg

昆布と塩と鷹の爪入りの美味しそうな切り漬けになりました。
(時間と共に変わる味の変化も愉しんでみて下さいね。)

111122_123.jpg

野沢菜漬けの作業のあとは、豆腐マヨネースやジンジャーシロップ、塩麹の作り方などを
紹介し、お楽しみの朝食です♪
作りたての豆腐マヨネースを添えたサラダ、塩麹パスタ、ジンジャーシロップ入りの
熱い紅茶、そして、焼きたて熱々のピザなどなど、頂きました。
シャロムスタッフも参加者の皆さんと一緒にブランチを頂きましたが、私達にとっても幸せなひととき
でした。 外で皆で食べるごはんっていいですねぇ~。 

111122_134.jpg

さてさて、楽しい時間はあっという間に過ぎ、ぼちぼちふり返りの時間です。
二人一組になって、「なりたい自分」を言い合っていきます。
そうま君の夢はなんだろう?

111122_174.jpg

梅チャンのナビゲートで過去の自分、未来の自分、今いる自分の想いを体で感じていきます。

111122_181.jpg

そして、未来の自分から今の自分にあてた手紙を書きます。

111122_195.jpg

そうま君も書いています。(ご苦労様って書いたそうです ^ ^)

111122_193.jpg

111122_199.jpg

そして、最後に皆でこの2日間で得たこと、心に残ったことをシェアしました。

みなさん、お疲れ様でした。 そして、お楽しみさまでした。

私達シャロムスタッフも皆さんと一緒に畑に出て同じ作業をしたり、一緒にご飯を食べたり、
歌を聴いたり、同じ時間の中で過ごさせて頂き、本当に幸せでした。

またお会い出来る日を愉しみにしています。

ありがとうございました。

頂いたアンケートの中から参加者のみなさんの声をちょっと紹介いたします。

Q.あなたの期待と比べて今回のワークショップは何点でしたか? またその理由は?
 
A.120点! 想像していた以上のスタッフの方々との親近感、体験、お土産、など
たくさん! ありがとうございました(Kさん)

Q.ワークショップの中で印象的だったことはナンですか?

A.生活に無理無駄がないところが素晴らしいと思いました。日常生活に活かせれば、と
思いました。(Iさん)

A.夜の集いとまきよさんの歌の時間。
一人一人の生き方を聞くことが出来たことと、しっかりした軸を持っていることに
刺激されました。自分もしっかり立たなくては~と。(Mさん)

Q.感想をお聞かせ下さい。

A.土に触れてみたり、保存食を学ばせて頂いたり、こういう生活っていいな、自然な生き方
っていいな~と暮らし方を改めて考えさせられました。
皆さんに出会うことが出来て良かったです。 本当に意味のあるワークショップだと感じ
ました。(Mさん)

A.本当に久しぶりに心が温かい気持ちになりました。
都会にいると人との関わりが煩わしいと思うことが多くなっていた頃でしたので、貴重な
体験をさせて頂きました。(Kちゃん)

皆さん、本当にありがとうございました。
またシャロムにゆっくりしに来て下さいね。

来年お愛い出来るのをスタッフ一同、愉しみにしています。

シャロム  やよい

シャロムのワークショップ    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by いし
11月22日~23日に息子のそうまとお世話になりました、いしです。

ワークショップでは、大変お世話になりました。
今回は、本当に偶然の連続で参加させて頂く事が出来た訳ですが、
本当にこのようなご縁があった事に心から感謝しております。

ワークショップの内容も勿論素晴らしかったのですが、
何よりも、シャロムヒュッテのスタッフの皆様お一人お一人が、
素敵な方達ばかりで、本当に「良い仲間たち」が集まっている
コミュニティなんだな、と思いました。

仲間同士のつながり、そして共生
これからの世の中、本当に大切になっていくと思います。
何かを成すにも、一人では何もできない、
やはり信頼できる仲間同士で、力を合わせながら、
目標に向かって前進していく、
そんなコミュニティを作っているのが、シャロムなのだと思いました。

本当に、貴重な体験を有難うございました!!!
また、お会いできる事を、心より楽しみにしております!!
2011.11.27 Sun 22:49 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1702-7d67c523

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。