ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.10.05 Wed
感謝の気持ちを込めて
こんにちは。
6月中旬から9月末までシャロムヒュッテで体験スタッフをさせてもらっていたなおみです。
シャロムを卒業する区切りとして記事をかかせてもらいます
シャロムで3カ月と少し、生活をした感想は…

「シャロムに来て良かった!」

最初のころは慣れないこともあって大変だったけど、最後は本当に楽しかったです。
シャロムには自分が「やりたい」と声を上げたことをやらせてもらえる環境があります。

私も、以前少しだけやっていたインタープリター(interpreter:自然と人との「仲介」となって自然解説を行う人物)の経験を活かせたらと思い、朝のエコツアーを担当させてもらいました。
せっかくシャロムに来ていただいたお客様に、何か今後のよりよい生活のヒントを持って帰っていただけたらなぁと思いながらやっていましたが、私が一番楽しんでいたかもしれません

草、虫たちと共存する自然農の畑は初めての私。種まきから野菜を育てさせてもらいました。
IMGP23292.jpg
9/1の時点ではこんなに小さかったラディッシュも…(左がラディッシュ、真ん中は春菊、右は水菜)

23日経ってこんなに大きく育ってくれました。
IMGP26551.jpg
一日一日、少しずつですが、確実に成長していく野菜たち。
私も一日24時間分の成長を重ねていきたいと思います。


自分が育てたのはこの小さな3畝だけでしたが、レストランの体験スタッフは毎朝シャロムの畑で収穫をしたり間引きをしたり野菜のお世話をしています。
私たちが収穫した野菜が、その日のランチやディナーに使われたりするので、お客様にする料理の説明も自信を持って楽しくできます

IMGP26612.jpg
これは、9/24ディナーの前菜 「アマランサスのタラモサラダ風」
ベビーリーフたちが、冬野菜の種まきが終わって、かわいらしい葉をたくさん出していたシャロムの畑をそのまま表しているようです


シャロムに来てよかったと思う一番の理由は、いい仲間に出会えたことです。
IMGP26951.jpg
シャロムに来たばかりの頃は今後何をやりたいのか明確なイメージを持っていなかった子たちが、シャロムで生活をすることにより
「農業をやりたい!」
「マクロビオティックのお菓子作りを極めたい!」
「マッサージ師になりたい!」
・・・などなど、自分の意志を持って卒業していったり、シャロムでの生活を続けています。

私は何がしたいのか。
将来はコミュニティをつくりたい、そのための勉強をしたいと思ってシャロムに来た私でしたが、
自然に寄り添った生活をすることにより、仲間と話すことにより、安曇野に住む人たちと関わることによりもう少し具体的なイメージを持ちました。
自然と寄り添って生活していた昔の人たちはいろんな知恵を持っています。
持続可能な生活にシフトする人たちが増えてきた(という印象を私は持っています)今、その知恵が重要な意味合いを持ってくるのではないかと考えます。
おばあちゃんやおじいちゃんの昔の知恵や伝統を子どもたちや若者に伝承していくこと、細々とでもそんなことをしていきたいと思うようになりました。
まずは自分の祖母から話を聞かなきゃな


シャロムで楽しい生活を送ることが出来ました。
私に関わってくれた皆さん、ありがとうございました。

長い文章になりましたが、読んでくださってありがとうございました。


wish everyone has happy life
なおみ

体験ステー    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
きっと素晴らしい将来になる♫ Posted by toshi.K
なおちゃん 体験スタッフお疲れ様でした。常にクールで冷静な対応。 こうして一緒に働けたことを嬉しく思います。
これからは多数の人間が一緒に暮らす「共同生活」や「コミニュティ」といった生活が間違いなく増えると思っています。
そこには人と人の調和があり、同時に自然との調和がある。
お年寄りから子供までが毎日健やかに生きていく……
そんな暮らしの先駆けに是非なってください。そしてそこで子を産み
育て、日本人の暮らしを継承していってほしいと思います。
可能であれば郷土の伝統とともに……
がんばってください。そしてたまにはシャロムに遊びに来てね。
ありがとう
2011.10.05 Wed 22:04 URL [ Edit ]
>としさん Posted by なおみ
コメントありがとうございます。(返事が遅くなってすいません。)
私も一緒に働けて楽しかったです。
人と人、人と自然との調和。やっていきます。
またシャロムに遊びに行きますね。としさんも頑張ってください^^

2011.10.08 Sat 12:45 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1629-75f5e88c

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。