ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪1999.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2007.01≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.09.28 Wed
田中優さんインタビュー
公開講座の前に、パーカル塾生だけで田中優さんからお話を伺う時間を頂きました。
田中優さんのお話は言うまでもなく興味深かったのだけれど、
個人的に、この時間の中で一番すごいと思ったのは梅ちゃんのファシリテ―ション。
著書等には見かけない話を含めた全体構成、会話の中からより深い言葉を引き出す力、
時間内に落とし所に納める力…など、ぜひ真似びたいと思いました。
さて閑話休題。
田中優さんのインタビューの概要

2011924pc1_20110925071553.jpg

福島の原発事故以降、各地での講演等で耳にすることが増えた田中優さん。
「未来バンク事業組合」 理事長、「日本国際ボランティアセンター」
「足温ネット」理事、「ap bank」監事、「一般社団 天然住宅」共同代表の他
大学でも非常勤講師として教鞭をふるっていらっしゃいます。
環境活動家、社会企業家等、多岐にわたる分野で活動されていらっしゃると
同時に、実は、このパーマカルチャー塾の顧問でもあるんです。

◇多岐にわたる活動をするようになったきっかけ
・チェルノブイリ原発事故の後に生まれた子どもが病弱だったこと。
日々の暮らしの中で無理なく思い起こせるように伝えたい。
だからこそ「原発」以外のキーワードでも訴求できるように間口を広く活動している。

◇協力者・仲間をつくるための人との関わり方
・自発的な集団にする
コミュニティを作る時は、一人の中心人物に求心力を持たせるのではなく
関わる人それぞれが得意分野で中心となって関わってもらうように促す。
・信頼関係なくして一緒に活動はできない
一緒に汗をかいて体験をともにした同士は、会議室だけのつながりよりも強い。
 ◇活動の理念

・地域活性化度 =〔地域の資金〕×〔回転数〕
地域で金を循環させることで、地域が活性化する

・理想のリーダー
チーズのように穴だらけがいい。
そうすると周りの人が「助けてあげなきゃ」と思う。
いろいろな人が役割を見つけて、自ら動く
その上でリスクに対しては、責任を負う覚悟がある。

・楽しくなければ続かない
運動を非日常的なものにしてしまった時点で、博物館行き。
“持続可能な志”にする。
クリエイティビティを発揮させたり、笑いがあったり、楽しみながら
自然にできることが、最後まで残る。
 ◇活動を進めるにあたっての方向性
・3つのアプローチを同時並行で進めるのがいいと考えている
1.縦方向:政治家になるか、政治に働きかけるかして 仕組み・構造に働きかける
2.横方向:市民レベルで、志をともにする仲間をつくっていく
3.斜め方向:第三の道を提示する。
 これまで不足していた動き。
ただ否定するだけではなく、選択肢を提示することが大切。

◇パーマカルチャーの可能性
・パーマカルチャーは前述の斜め方向のアプローチ。
今、いろいろな分野で、新しい時代のモデルが必要とされている。
「無理だ」と思いこんでいる人のマインドを変えるためには、
新しい生き方が実現可能であることを、あちこちで見せていくことが最も効果的な伝え方である。
 ◇メッセージ

・タイミングの大切さ
いつ、何を伝えるか。
その時々で一番響くものを伝える。
そのためには常にアンテナを高く張り、色々な情報を関連づけている
 ・人と同じでなくていい
伝えたいこと、表現したいことを、自分に最も合った方法で表現することが最善。
そのために、それを支える思想や、表現手段を手にしてほしい。
アウトプットを前提にしたインプットを。
難しく考えなくていい。自分に向いていることは短期間で習得できる。
暇な時に、最も自分に向いたことをしている。
 ・想いを実現するために
 一人では限界がある。
仲間をつくり、グループで想いを共有する。
人の思考は箱みたいなもの。
コミュニティで共有すると、箱の位置が動いたり、広がったりする。
・常識は変わっていく
「常識」は、時代、文化等によって移ろうも
現在「常識」となっていることも、最初は誰か一人が言い出したこと。
少数派であることは恥ずべきことではない。自信を持って。

イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1621-051367e3

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。