ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪1999.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2007.01≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.09.25 Sun
安曇野パーマカルチャー塾1日目
9月23日(土)秋分の日 晴れ時々○○

第1日目。秋分の日。
昼と夜の長さが同じ、陰陽半分な中庸な日。
何かが起こりそう?な予感をしつつ安曇野へ向かったメグ。でありました(^^♪

今回は、田中優さんの講演会も塾で主催ということで、
安曇野パーマカルチャー塾卒業生の面々の参加も多く、にぎやかです。
塾のはじまりは、自己紹介を兼ねた簡単な近況報告から。

なんと!ケンジさん。
愛(I)が増えて、ケン爺さん(KENJI-I)さんに!
(仁くんの奥さんが出産~!)

ステキな報告にみんなもおめでとうコール!
早速私の何かが起こりそうな予感は当たりました☆

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

●農業実習 収穫と種まき
  講義:野菜栽培の基本知識

農業実習・じっくり座学の時間です。

2011923pc01.jpg
◇うたちゃんが1枚の街の空き地のスライドを見せてくれました。
この空き地。人の手が入らなかったら、、、その後どうなるか!?

 街の空き地(裸地)
  ↓
 1,2年生の草
  ↓
 多年生の草
  ↓
 陽樹林 低木
  ↓
 陰樹林 雑木林
  ↓
 極相林(きょくそうりん)

自然というのは、人の手で耕さなくても、肥料を入れなくても、
豊かな方に、調和の方に行くことがわかります。

おっ、これぞ自然農の大元ですね!

◇次に土がないのに大きく育っている1枚の木のスライドを見せてくれました。
土はなくても木は育ちます。植物は何を土台にして育ちますか?

例えば落ち葉だったり、過去の生き物の死骸、亡骸の層に根を下ろして育っていきます。
必ずしも土は必要ありません。
ふかふかの土をつくならければならないというのは私たちの思い込みなのです。

◇田んぼのスライド
JAの直播田んぼは、この時期倒れているイネが多い。
有機栽培の田んぼも少し倒れている。
でも自然農の田んぼは倒れていない!

何が違うの?

私はてっきり台風が来たからから稲が倒れていると思ってました(汗)

ズバリこの違いは根っこのはり方!

最近の品種は穂がたくさんつくように改良されていて、
稲のカラダに対して、穂が多くてバランス的に倒れやすいそうです。
でも同じ品種でも株間を大きくしたり、1~2本植えにしてみたりすることで
根っこのはり方が力強くなって、倒れなくなります。

ちなみに、稲は、穂が出るまでは草刈はマメにしたほうがよいです。
でも、穂が出た後は田んぼに入らないように!

田んぼのあぜに大豆が植えられているのをみかけますが、
このワケは大豆は水が大好きだから。
このあぜ豆は、雨が降らない年でもよく実ります◎

他にも
水が好きな作物・・・(休耕田で育てるのに適してます)

サトイモ
ナス
タマネギ
etc.

休耕田で水が好きでないトマトを育てるには、、、高い畝にします。

◇そういえば、、、野菜って何?

野菜は、もともとは野生に生えていたもので、人によって、品種になっていったもの。
人間がいないと育ちにくい。でも、もともとは野生だから、野生の記憶は持っています。
過保護にしすぎないほうがよいし、かといって放任しすぎてもいけない。
野菜と子育ては一緒なのデス。

◇野菜の栽培時期
地域によって違うので、隣近所の畑をやっているおじいちゃんおばあちゃんに聞いてみよう!

◇微気象(びきしょう)!?
場所は同じ土地であっても、建物の北と南、池に近いか遠いか?高い畝か低い畝か?
によって、日当たりや風当たり、気温、湿度などが違います。
これが微気象。この微気象を人工的に利用したのが、スパイラルガーデンです。

◇指標植物
例えばスギナが生えていると酸性の土地。
ハコベが生えていれば土が肥えている証拠。野菜が育ちやすくなります。
ハコベが生えるようになるまで、、、自然農をおこなって早くて3~4年。
自然界も、畑も、ヤセ地であっても何年後かには肥えていきます。
だから、草をひっこぬいたり、耕かさなくてもよいのです。

ステキな書籍紹介
↓生えている草にあう野菜が載ってます。
「現代農業2010年8月号 自然農法が知りたい」

草の変化に合わせて野菜を育てるのも楽しそうですね。
ところがこの本、調べてみたらバックナンバー売り切れでした(ToT)
人気号ですね。
たしか、うたちゃん、コピーしてくれるって言ってたよね?
ぜひ、ヨロシクお願いしまーす!

座学も終わって、外に出て。
池に行ってお米の見学、そして日本蜜蜂の見学。

2011923pc02.jpg

2011923pc04.jpg

2011923pc05.jpg

さて農作業しますか~!というところで雨が~!!!(゜◇゜)~
いや、雨じゃなくてヒョウだ~!氷の粒粒がいっぱい降ってきてビックリでした。
4月から9期のパーカル塾がはじまってから、必ず雨か何か降ってます
ね(爆)今回も記録更新!?

で、残念ながら、農作業は明日に延期です。
農作業時間は、卒業制作グループワークに変更となりました。

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

●卒業制作グループワーク(前編)

前回までの取り組みのおさらい発表をして、各班に分かれての話し合いです。

2011923pc06.jpg

2011923pc07.jpg

2011923pc08.jpg

食べるの大好きな私(メグ)は今回はじめての卒業制作参加で、
忍者ライスチームに所属させていただきました。
(リック、ホーリー、まあさ、メグ)
2011923pc09.jpg

保存食にはオイル付け、塩づけ、などいろいろありますが、
乾物(ドライ)を中心にまとめていこうということになりました(9/23現在)。
日本語と英語併記で♪

ソーラークッカー(ダンボール)もつくりたいし、
ペットボトルでつくる浄水器もつくりたいね。と。

(個人的な話ですが、 忍者ライスチーム所属前に
ソーラークッカーをなぜだか作りたくなり、
台風で定時に帰宅した日に透明ビニール傘でつくりだした私(メグ)。
途中で両面テープがなくなって、作りかけで終わってしまいましたが。
このつくりかけのソーラー傘は、乾物をつくる用に作りかえようと思いました。
少しでも早く乾いてくれそう!?かな。。。)

2011923pc10.jpg

塾3日目の卒業制作時間(後編)に各班何を活動するかを決めて前編終了となりました。
忍者ライスチームはペットボトルで浄水器作成の予定です☆
(でも私は個人的な稲刈りの予定があるため2日目には帰ってしまうので、参加できなくてごめんなさい。みんなヨロシクです。)

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

温泉へ。

ちょうど池田町はお祭りで、行く道中、山車を見ることができましたが、
帰りにお祭り渋滞にはまったメンバーも!(私もそのメンバー)
あやうく夕飯がなくなるところでした(^_^;)

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

毎回みんなワクワクの夕飯タイム
第1日目のタミさんメニューは、、、

・きのことジャガイモのカレー
・ひよこ豆とラジュマカレー
・ゴーやのブータン風いため
・もずくと野菜のスープ
・大根葉(トモさん作♪)
・リンゴのグラタン


全てのメニュー、味付けはシンプルに塩のみ!とのことだけど。
毎回ながらスゴイ美味しい。

今日もありがとうございます。ごちそうさまでした!

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

田中優さんが夜到着予定なので、
優さんと一緒にRVFのDVDを見ようということに。

ちなみにスケジュールのRVF?に謎を持った塾生がいっぱいいましたが、
RVFとは!??

ホンダの車ではなく、
正解は、、、
ニュージーランド「レインボー・バレー・ファーム」の略称でした~○

優さん到着までいろいろな動画鑑賞しました。

8期の凪ちゃんが藤野のパーマカルチャーデザインコースで作成した映像も見せてもらえました。
2本とも、素人が作った風には見えません(◎o◎)
泥団子が最後、ステキに花咲かせて終わったところがステキだったなぁ。





安曇野素人映像チームも本当に結成しちゃうんでしょうか!?

・・・と、ちょうど優さんの登場~!

2011924pc1_20110925071553.jpg


一緒にRVFのDVD鑑賞時間。

●パーマカルチャー 地球とつながる楽園のくらし ~ニュージーランド 虹の谷の農園から~  本編 48分

パーマカルチャーにこそ、人間らしき暮らしがある。南半球の楽園ニュージーランド。ここに世界の人々から注目を集める夫婦がいます。夫のジョーはオーストリア生まれ、ヨーロッパでグラフィックデザインや有機農業の仕事などをしてきましたが、1983年都会生活を捨て、夫人の夫人の故郷ニュージーランドに移住しました。そして20年近く、自然と共生した自給自足の生活を続けています。そこに貫かれたパーマカルチャーの思想。ジョーとトリッシュはパーマカルチャーの実践者として自らの経験をもとに、多くの人に語りかけています。
    ナレーション:デジャーデンゆかり  パーマカルチャーネットワーク九州企画制作
 
DVDの中には
まさに、パーマカルチャーの教科書で見たまんまの世界がありました。
人も動物も植物も、イキイキとしていて、
まさに自然と人が無理なく共生できる姿を見せてもらえました。
これこそ私が、みんながもとめる人間らしい豊かさ。
ありがとうございます。ありがとうございます。
何度も心の中で唱えてしまいました。。。

さてさて楽しい1日目は終了です。
楽しい2日目、3日目へとつづきます。。。

どうもありがとうございました!

9/23レポートはメグが担当しました。
みなさま訂正箇所、補足等ありましたら、ヨロシクお願いします~。

パーマカルチャー    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1618-1e14614e

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。