ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.09.24 Sat
田中優講演会
3.11の東北大震災、そして原発事故。私たちの暮らしを根底から揺るがすできごとでした。
特に、原発事故は電気の供給だけでなく、放射性物質の広範囲な拡散により、野菜や牛肉など、私たちの食卓に大きな影響を及ぼしています。
今回の震災と原発事故は、大量生産、大量消費をベースにした物質的な豊かさを優先してきた社会が、多くのリスクを抱えていることに気づく機会だったと言えるかもしれません。

今回の講演会では、私たちを取り巻く状況について知るとともに、何に気をつけて、どのように行動すればよいのか、行動の指針についてもお話しいただきます。
そして、田中優さんのお話をうかがった後に、第2部として、感じたことや考えたことを語り合う「ワールドカフェ」を行います。

この講演会は、私たちを取り巻く状況について正確な情報を知るだけでなく、参加者同士の話し合いを通じて理解を深める中で、明るい希望を持ち帰る機会にしたいという思いで企画しました。

定員100人のところに120人が集まり軽快な田中さんの話に耳を傾けました。

2011924pc3.jpg

参加者定員を超えて120人 地元の方から首都圏の方までたくさんの方が参加されました。

2011924pc4.jpg

2部のワールドカフェにも半数くらいの方が残り自己紹介意見交換が行われました。

2011924pc5.jpg

天気に恵まれ成就院の庭で託児 ティピが張られのどかな雰囲気が流れます。

2011924pc6.jpg

パーマカルチャー塾の卒業生もたくさん集まりました。

2011924pc7.jpg

成就院の庫裏を使って開催された講演会。
定員100名のところ、当日参加の人も含めて120名もの人が集まりました。

「原発に頼らない未来のためにできること」

田中優さんのお話は、福島の原子力発電所の状況に始まり、

食べ物への影響、日本のエネルギー自給の問題、日本の社会構造、

エネルギーシフトを可能にするための示唆等、

皆が漠然と不安に感じていることを、データに基づいて、

わかりやすくひも解きながら、最後に希望の種をくれるものでした。

優さんは仰いました。

「未来の子供達にこう言われたい。

 『2011/3/11以降の活動で、今のような良い社会になったんだね』って。

努力、忍耐の必要はない。

 まずはこの先10年で寿命の来た家電を省エネ製品に変えることから、

 そして、がんじがらめのマスメディア以外から情報を取れない人々に

 自分が知った本当の情報を届けることから、

 始めて欲しい。」

以下、要旨抜粋

(大ちゃんが撮影してくれていたVTRも、いずれ公開されると思いますので

 合わせてご参照ください。)

◇原発の話

・現在も原発事故は終わっていない。

・地下水脈と反応して水素爆発の可能性がある。

・大気圏核実験の200倍レベルで空気中に放射能が放出された。

・「問題ない、安全」というのは政府のプロパガンダ。

◇放射能汚染の話と自衛策

・現在、地上で留意が必要なのはセシウム。

 セシウムは空気中では泥に付着する性質がある。ほこりとして、土表面に貯まる。

 →ほこりのひどい日は、花粉症用マスクをしよう。

・作物は地中から栄養をとっているので思ったほど汚染されていない。表面は洗う。

 →濃縮率の高まる肉、魚、卵、牛乳はデータを確認した方がいい。

・日本政府基準のセシウム濃度は世界基準としては甘すぎる。それが国際的な風評を生んでいる。

・放射能、内部被ばくは酸化の働き。抗酸化物質を摂取することで自衛する。

◇現在の電力を支える日本の社会構造



◇エネルギーシフトを実現するために

・原発による発電はローコストではない。

(資源エネルギー庁発表の発電単価比較では最も安いことになっているが、

 核廃棄物の処理や、余剰エネルギーを消費するための水力発電所の設置・運営等が

 加算されていない)

・自然エネルギーによる発電が世界のトレンド。

・発電/送電/配電は分離されるべき。先進国で発送電を企業が独占している国はない。

・「原発の必要性」と「自然エネルギーの代替可能性」は別の議論。

 同時に議論するから不毛な会話になる。

・まずは節電。その上で自然エネルギーへ徐々に転換を図るべき。

・電気の需要ピークを下げるためには、家庭ではなく産業部門の消費電力を調整すべき。



優さんの講演会後、参加者でワールド・カフェを実施して

老若男女、いろいろな背景をもった参加者同士で本日の感想をシェアリングしました。

※ ワールドカフェ:メンバーを変えながら、意見交換、情報シェアする

グループワークの手法

東日本震災    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1617-3dc5191f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。