ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪1999.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2007.01≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.09.16 Fri
ホビットハウス(アースバックハウス)ワークキャンプ 9月 4日目
4日目 粗壁に2層目をコテや手を使って塗っていきます。1層目はただ塗っていたのですが中壁はすさのワラを押さえて塗っていきます。

2011616shante05.jpg

2011616shante06.jpg

これは左官の指導者 松田さんが描いたもの
これにタマちゃんがバイキンマンを描いてくれました。

注 心の中にはアンパンマンとバイキンマンがすんでいます。時によりバイキンマンが現れ 時によりアンパンマンが現れます。このバランスが崩れたときに悪人になるのでしょう。
これは自分自身の心なのかもしれません

2011616shante13.jpg

 なにが君の しあわせ
 なにをして よろこぶ
 わからないまま おわる
 そんなのは いやだ!

すごいと思いませんか 人生の生き方そのものを歌っています。以下全文を掲げます。
数日前に民ちゃん達と話題になっていました。

【作詞】やなせたかし
【作曲】三木たかし

 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ 胸の傷がいたんでも

 なんのために 生まれて
 なにをして 生きるのか
 こたえられない なんて
 そんなのは いやだ!

 今を生きる ことで
 熱い こころ 燃える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで

 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ 胸の傷がいたんでも
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため

 なにが君の しあわせ
 なにをして よろこぶ
 わからないまま おわる
 そんなのは いやだ!

 忘れないで 夢を
 こぼさないで 涙
 だから 君は とぶんだ
 どこまでも

 そうだ おそれないで
 みんなのために
 愛と 勇気だけが ともだちさ
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため

 時は はやく すぎる
 光る 星は 消える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで

 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ どんな敵が あいてでも
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため

2011616shante04.jpg

今回指導をしてくれる松田さん 専門的な左官の話をたくさんしてくれました。
土は水を吸って膨れます。土だけの方が強固ですが乾いたときに割れが入ります。
そこで砂を混ぜるとクラック割れが少なくなります。その代わり強度が落ちていきます。
漆喰は防水のためだと思っていましたが一番は防火の為に塗ったのだそうです。
http://home.p06.itscom.net/sakan/_userdata/sakan_seminar.pdf

左官の特徴.
①シームレス、曲面壁をつくれる。
②防火性、調湿性等の性能・機能がある。
③様々な表現が可能である.

2011616shante03.jpg

左官とは建築物の壁塗りを仕事とする職人の事です。
土やセメントなどの素材を塗ったり、砂壁や漆喰〔しっくい〕
(※)仕上げなどの最終的な表面仕上げを仕事としています。

※漆喰・・・消石灰にふのりや苦汁〔にがり〕などを加え、糸屑・粘土(ねんど)などを配合して練ったもので日本独特の塗壁材料です。

建物の仕上げとして重要な役割を果たす仕事

左官が行う塗り工事を左官工事と言います。
奈良時代の律令制度下において、建築仕事を司る木工寮に属〔さかん〕という役職がありました。
この属の役人が宮中の修理に壁塗りをしていたことが現在の左官の語源だと言われています。
左官工事は、建物の仕上げとして重要な役割を果たしています。
まず、その建物の耐久性や居住快適性を高める役割です。
次に壁を美しく仕上げるという装飾的な役割です。
この二つの仕上げを怠ると、快適な居住空間は生まれません。
近年では壁にコンクリートのパネルが用いられるようになったことや熟練した左官職人が減少していることなどによって左官工事が減少する傾向にありますが、伝統的な日本の建築物において左官は欠くことのできない仕事です。

太古の世界にまでさかのぼる

左官工事の起源は、人々が竪穴式住居で暮らしていた縄文時代にまでさかのぼります。
当時、壁の材料である土は最も手に入れやすい素材で、その土を生のまま団子状に丸めて積み上げていき土塀を作ったのが左官工事の始まりです。
その後、飛鳥時代には石灰を使って壁を白く塗る仕上げ技術や細く割った木で壁の芯を作る技術などが開発された事によって左官工事はますます発展しました。
安土・桃山時代になると茶室の建築に色土が用いられ、土の色をコントロールするだけでなく、砂や繊維を混ぜることで様々な表現が可能になりました。
江戸時代には漆喰で壁全体を覆ってしまう漆喰仕上げが開発され、建物の耐火性を飛躍的に向上させ、またデザイン的にも非常に美しいものになりました。
その後、商人の土蔵や町家へと普及していき、漆喰彫刻というレリーフ状の装飾的施工も行われるようになりました。
この点で左官技術は芸術性においても大きな発展を遂げ、文明開化後の洋風建築の装飾にも柔軟に対応しました。そして現在でも左官技術は新しい素材、新しい工法を取り入れながら建築の様々なシーンで活躍しています。

土を使い分ける職人

左官工事の材料となる「土」は、産地や目的によってその性質や色などが千差万別です。
そこで、土の特徴を十分に生かして適材適所に使い分けるのが、左官職人の腕の見せ所です。
また土は自然素材のため、いつも均一な品質のものが手に入るとは限りません。
同じ場所で採れた土でも時期によって色や成分が変わることもあり、左官職人は均一な品質の土を調達する事も重要な仕事となってきます。
また土に関する豊富な知識も必要となってきます。
左官技術いろは事典より

2011616shante08.jpg

松田さんが見せてくれた縄のれん この縄のれんを塗り込むことにより引っ張りに強く強固になります。また地域によって使う材料も違ってくるのだそうです。信州では竹木舞でなくたくさん採れるヨシを多く使っていたそうです。竹を裂く行程がなくなり工期が早くなったのだそうです。また良質のヨシが手に入ったのも原因のようです。
松田さんのお話は作業の手を休め聞き入ってしまいます。本当に左官業を愛しておられるんだなーと感じます。みんなにほめられ現場で得られない喜びがありますなんておっしゃっていました。

2011616shante07.jpg

土嚢の部分が見られるように丸い窓も作られました。これはストロベール建築などで使われる手法で「真実の窓」と呼ばれています。

2011616shante09.jpg

みんなで塗り壁をバックに記念撮影 気になって壁に手を当てているのが左官の松田さん 
照れないでこっち向いてくださいよ 

2011616shante11.jpg

あちこちにメモリアルが作られています。
芽が出てふくらんで 花が咲いて 実がなって この幸せ感が広がるといいですね。

2011616shante12.jpg

土嚢の時と雰囲気が変わりました。土嚢の丸みを生かして太陽が描かれています。

2011616shante10.jpg

天空の庭園

2011616shante14.jpg

入母屋部分の壁も塗られ板張りとのコントラストが美しいですね。また屋根が波打っているのが何とも自然な造形を思わせます。

2011616shante15.jpg

ワクワク縄文建築団の皆さんまたお逢いしましょう。お疲れ様でした。
充実した4日間 たくさんの出逢いと繋がりに感謝です。有り難い ありがたい          
                   シャロムコミュニティーKenji

アースバックハウス Hobbit House    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
できてきましたね~ Posted by toshi
名古屋から参加したtoshiこと岡田です。
3日目、4日目も充実した作業ぶりのようで、見事にできあがってきましたね~。スバラシイ!

僕は2日目まででしたが、とてもよい経験ができました。
建築をつくるって、すごいエネルギーが生まれるんですね。

また次回も参加したいと思います。
臼井さん&みなさん、ありがとうございました!
2011.09.17 Sat 08:04 URL [ Edit ]
またお逢いしましょう Posted by ケンさん@シャンティクティ
有り難うございました。
だいぶ形になってきました。
感謝です。
2011.09.17 Sat 11:54 URL [ Edit ]
あたまがぐるぐる Posted by やまの
今甲府の温泉にいます。
この6日間をふり返っています

またおかしな生き方をしてしまいそうです。
そっちの方が楽しそうだから

みなさん、ありがとう

やまの


2011.09.19 Mon 23:20 URL [ Edit ]
やまのさん Posted by ケンさん@シャンティクティ
相変わらずの行動力ですね。
楽しかったです。本当にいい繋がりですね。
2011.09.20 Tue 00:43 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1603-f314f04b

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。