ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.09.04 Sun
ペレットストーブの古川さん
パーマカルチャー安曇野のゲストはさいかい産業の古川さん 思い起こすとブロアー無しのペレットストーブに興味があって新潟のさいかい産業を訪ねた経緯があります。ちょっと変わったペレットストーブ ラクダ君やキリン君などブロアー無しのペレットスストーブがあり 籾殻でもペレットストーブができないか提案に行った事をなつかしく思い出しました。ちょうど籾殻のぬかくどや ロケットストーブに取り組んでいた時です。
その古川さんがゲストスピーカーだったのです。当日まで繋がっておらずびっくりしました。縁はおもしろいですね。ちょうどお父さんが亡くなってお葬式の日にお尋ねしてしまったことを思い出しました。そしてさいかい産業の名前はふるさとのさいかいから取ったようです。 古川さんは九州の長崎の隣のさいかい市の出身 私も講演でさいかい元気村を訪れた経緯があって懐かしく思い出しました。

古川さんは新潟大学の農学部を中退 とび職になり40の時にあまりにも山が荒れていることにショックを受けてペレット業界に進出 ペレットを作ると共に高率のいいペレットストーブの開発に着手しました。軌道に乗ろうとしたときにペレット工場が不審火で焼失 失意のどん底に陥ったそうです。

・「ペレットストーブ」古川正司 さいかい産業前社長 木質ペレット推進協議会理事長

NHKや報道ステーションでも取り上げられた。
長崎県出身。元は鳶職。山が荒れていることに危機感を感じ、ペレットストーブを作り始める。2億の借金をして工場を建てるが、火事で消失するが、その人間性に惚れた人たちが集まり復活を遂げる。
彼の人柄を気に入ってお客となった人は鎌田實(諏訪病院院長「頑張らない」の著者として有名)など数多い。

『日本の山を育てたい』きっかけはその思いでした WPPC(木質ペレット燃料推進協議会)ページよりコピー

WPPC 木質ペレット推進協議会
   理事長  古川正司
   
私の住む新潟市に角田山という山があります。
ある日、この山に足を踏み入れた私は、その荒れ果てた山の姿に呆然としました。
痩せ細った木々は密集して生えっぱなし、倒れっぱなしで足の踏み場もなく、 まるでゴミ捨て場のような山…。

その山は、戦後に杉の木が植えられましたが、その後、林業が廃れていき、 誰も整備をする人がいなくなったため、野ざらしの状態でした。 木は生え放題で、太陽の光が十分に当たらず暗く、深く根付かないために大雨にも弱い。
そんな山でした。

この山をなんとかしたい。
そんな気持ちから、私は山に入るようになりました。
痩せ細った木を間伐し、太陽の光が十分あたるようにしました。
山は少しづつですがキレイになっていきました。

ところが、問題が出てきました。整備によって出る大量の「木くず」です。
処分するには莫大な費用がかかるし、また処分場への運搬にも費用がかかる。
なんとかいい方法はないかと悩んでいました。

そんな時、知ったのが「ペレット」です。
1970年にカナダで生まれはペレットストーブは、木くずを利用して燃料にでき、価格も安い。
また、重油に比べるとほとんど二酸化炭素を出さないことから、地球環境にも良いということ。
「これだ!」と私は確信しました。
このペレットを日本にも普及させ、日本の山の整備を進めようと強く心に決めました。

ペレットをもっと普及させたい。
そのためには私だけが頑張っていても、どうにもならないということに気づきました。
日本じゅうにたくさんいらっしゃる、技術者やアイデアマン、店舗や企業の方々に協力してもらい、
大きな動きをしなくてはいけないと思い、WPPC木質ペレット推進協議会を立ち上げました。
ここまでコピー
 
その後ペレット工場を建設不審火で消失 借金だけが残る。その人間性に惚れた人たちが集まり復活を遂げる。この波乱の人生を語り 現在は地域に資金がまわる森の復活に取り組んでいます。この地産地消のエネルギーや食糧自給が地域の発展に寄与して好循環を生むと語ります。中東のエネルギーに依存した暮らしはその分資金が外部に流れいつまでも豊かになりません。地産地消であれば個人の利益は少ないけれど地域が潤い地域に仕事が増え山は保全されカーボンニュートラルでCO2もでずに 経済も依存型から自立型に変わります。これを熱く語る古川さん それを見まもる奥さんの目線はとても暖かく感じました。

以下が古川さんのコンセプト

熱エネルギーは森林エネルギーを地産池消で!油代やガス代は地域外へお金が出てゆきますが、森林エネルギーは地元にお金が残り未来の子供に仕事を残します!

さいかい産業の古川さんと もう一人のゲスト 姿勢が変わると人生が変わる仲野整體の仲野さんを囲んでの安曇野パーマカルチャー塾9月の記念写真

201194pc28.jpg

熱く人生を語る古川正治さん まっすぐな人柄に好感が持たれます。

201194pc51.jpg

ペレットストーブを紹介する古川さん 志さえ持っていれば夢は形になる そう教えてくれます。

201194pc52.jpg

パーマカルチャー    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1577-c1bd3261

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。