ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.05.23 Mon
あづみのアクターズアカデミア二期生卒業記念公演 「注文の多い料理店」
卒業公演「注文の多い料理店」. あづみのアクターズアカデミア(塾長:河崎義祐監督)の第二期生の卒業記念公演を行います。塾生の1年間の集大成をぜひご覧ください。 日時 5月21日(土曜日) 開演:14時 / 17時(開場は開演の30分前); 入場料 無料 ...

http://www.map-color.co.jp/azumino/archives/289.html

安曇野市穂高有明
映画監督・あづみのアクターズアカデミア塾長 河崎義祐さん

 昭和50(1975)年に映画「青い山脈」で監督デビューを飾りその後も精力的に作品を世に送り続けた映画監督が夫人の病気療養をきっかけに水と空気にひかれて安曇野に移り住んだ。
 そしてここで暮らす人々の人情にほれ込み脈々と受け継がれている「安曇野魂(たましい)」を子どもたちに伝えるべく地元の人々と力を合わせて新たな映像作品を世に送り出している。
 安曇野に暮らして5年目。一枚ずつページをめくるように季節がゆっくりと移りゆくのが、ここの本当の良さだと住んで初めて知った。ものの考え方が「旅行者」から「県外からの移住者」へ、そしてさらに今では「地元の人」により近く変わってきているのではないかと自身を分析する。また最近、旅行者として訪れていたころに感じた、日本人の心のふるさとを思い起こさせるような里山の美しさが失われていくことに危機感を抱いている。
 理想でもあった雑木林の中で暮らし、多くの温かい人情や地域の文化に触れることで、次第に子どもたちに何かを伝え残したいと考えるようになった。徐々に失われていく安曇野らしい風景や文化を、また「合併して誕生した安曇野を一つに」という思いを、映画を通して子どもたちに伝えたいという。「ゆきと爺のあづみ野物語」(09年)に続いて、このほど「RYOと彩の安曇野水物語」を完成させた。安曇野を潤す拾ケ堰(じっかせぎ)を命をかけて完成させた人たちの、どんな辛いことがあってもやり遂げる意地や誇り、また子孫を思う愛情という「安曇野魂」がそこには込められている。
 この映画制作にあたっては、636人(3月30日現在)もの支援が寄せられるなど、純粋に地域の幸せを祈る思いを感じることができた。「心を寄せると大きな力となる」ことが形となったこの作品のDVDは、安曇野市内の平安堂など各所で販売している。1本2000円。

安曇野サテライト通信 Vol.90(2011年4・5月号)に掲載

この川崎さんのあづみのアクターズアカデミアに通い始めて1年 アクターズアカデミアに通い始めたきっかけは宮沢賢治の人体交響劇の活動
http://www.ultraman.gr.jp/nikki/jinntaikoukyougeki20907.8.17.pdf
を通じて表現する楽しさを見つけたからです。(人体交響劇は言語、視覚、聴覚の三つのセクションがひとつの舞台を創りあげます ... 通常の舞台だと役は固定されていますが、人体交響劇ではそこに参加している全ての人が役をしていて、みんなにスポットライトがあたります)
あづみのアクターズアカデミアに通い始めて1年 第二期生の卒業記念公演が未来で行われました。

20115213a1.jpg

20115213a2.jpg

20115213a3.jpg

20115213a4.jpg

20115213a5.jpg

20115213a6.jpg

20115213a7.jpg

家族    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1383-6d85efc1

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。