ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.11.26 Fri
日本人へのメッセージ You have enough ティク・ナット・ハン
You have enough ティク・ナット・ハン

20101126tay01.jpg

日本人にむける 素晴らしいメーセージなのでここに紹介します。

           20101126tay02.jpg


◎プレイベント情報はこちらをご参照下さい。
   http://thay.jp/

リトリート中止に当たって
気づきのリトリート@安曇野をオーガナイズしてくださった、詩さん、健さん、朋子さん、タミさん、成就院さまはじめ、ご来日にむけて協力していただいていた安曇野のみなさんにも申しわけなく思っています。

昨年11月、3人のシスターは健さんのシャロムツアーにも感動され、安曇野にはプラム・ビレッジのスピリットがすべてあると話題になって、プラム・ビレッジの若いブラザー&シスターのあいだで安曇野は聖地になりつつあるようです。みなさん、近い将来訪問できることを楽しみにされています。
以前、シスターチャイからいただいた、タイへのお手紙についてのメッセージです。

************************************************************

皆さんがミーティングされていた間、 私は丁度タイとご一緒に昼食を頂いていました。
(順番に弟子が2、3人ずつタイとシスターチャンコンとお食事するようになっています。)
私の番になるとタイはいつも日本(もしくは音楽)のお話をされます。
今日は1958年に初めて日本を訪問された時のことをお話下さいました。
丁度お母様が亡くなられ、母国のベトナムが北と南に判れた直後だったので、
とても悲しく体調をくずされ、東京の病院で入院されていました。
たまにそのようなお話を聴かせて頂くと、いつも笑顔で穏やかなタイも人並みに
(人並み以上でしょうか)たっぷりと悲しみを背負ってここまで生きてこられたんだ
とはっ、と思い出させられます。


日本の皆様へのメッセージとしてこうおっしゃっていました。
( こちらからは何も言わなかったのですが, 私の考えてたこと、
または日本の皆様がお考えになられていたことをお読みとられたようです。)

" You Japanese people have everything
you need--beautiful temples, sutras, long tradition.
you just have to rearrange and renew Buddhism.
you don't need to look outside. just rearrange.
you already have all you need."

(『あなた方日本人は必要なもの全てを持っている。
美しいお寺、お経、長い伝統。
仏教を模様替えし、更新すればいいだけのこと。
外(外国)に探し求める必要はない。
単に模様替えをする。
必要としているものは既に手元にあるのだから。』)

『日本社会は一人一人がが仏教徒である、 ない関係なしに仏教の
おかげでなりたっている。
ご先祖様から引き継いだ仏教は日本人の血のなかに生きている。
現代社会の日本人に、特に若い世代の方々に仏教のすばらしさを
再発見し、日常生活の中で上手く応用し、幸せに満ちた人生をお
くり、これからより平和な社会を創り上げる力となってほしい。
西洋で注目されているベトナムのお坊さんやフランスの共同体を
輸入して何か新しいことを学ぼう、という姿勢ではなく、この機
会もただ単に一つの法門として自らに帰ってほしい。
自分たちの中に必要な智慧は既に充分備わってるのだから。
これはタイが何よりも望んでることです。』とおっしゃっていま
した。
そのメッセージは例えばカトリック教のイタリア人に対しても同
じで、仏教徒になるためにタイの教えを聴きに来るのではなく、
本当の自分に帰ってください、と常におっしゃっています。

タイは皆様からのお手紙を読むことが大好きです。
タイは常に世界中の人々からその国の問題、悩みにつき相談のよ
うな手紙を受け取っており、そういうお手紙をじっくりと読むこ
とにより、法話を創り上げておられます。
山下良道先生もいつか法話でおっしゃっていたように、皆様から
のお便りが経典そのものなのです。
日本の皆様から、現在の日本は何を必要としているのか、何故タイ
に日本に来てもらいたいのか、など何でも良いので(タイの本をよ
んでどう人生が変わったとか、今抱えている個人的な悩みとか)
ご遠慮なくタイ宛にメール/お手紙をお送り下さい。
タイにとって皆様からのお手紙はかけがえのない四食のひとつです。
私でよければ訳させて頂きますので、日本語でもご気軽にどうぞ。

----------------------------------------------------------

安曇野気づきのリトリートレポート 写真とともに紹介されています。

http://shalomusui.blog90.fc2.com/blog-entry-1222.html

------------------------------------------------------------

詩さん親子のフランスプラムビレッジの旅のスケッチ

-----------------------------------------------------------

♪Happiness is here and now♪.

Happiness is here and now.
I have dropped my worries.
Nothing to do. Nowhere to go.
There’s no need for hurry.

Happiness is here and now.
I have dropped my worries.
Something to do. Somewhere to go.
But, there’s no need for hurry.

しあわせはここにある
心配しなくていいよ
こころはここに
ただ在(あ)ればいい
急がなくていいよ

しあわせはここにある
心配しなくていいよ
どこにいようと
なにをしようと
いそがなくていいよ

http://www.youtube.com/watch?v=Q5kteKBfQ0I

もうひとつの歌も見つけました。
誰か訳をしませんか?ああや、いかが?

♪Breathing In, Breathing Out♪

Breathing In, Breathing Out(×2)
I am blooming as a flower
I am fresh as a dew
I am solid as a mountain
I am firm as the earth
I am free

Breathing In, Breathing Out(×2)
I am water reflecting,what is real
what is true

And I feel there is space ,deep inside of me
I am free (×3)

http://www.youtube.com/watch?v=mfo1qksqPzc&feature=related

詩世

---------------------------------------------

プラムビレッジへの旅 小田登茂子

母娘2人旅 フランス プラムビレッジへの旅の様子が美しい文章で綴られています。

---------------------------------------------

健二さん、うたさん

シスターチャイは創造力豊かで、何事にもポジティブな方で、
日本とプラムビレッジの架け橋になっていただけると
期待しています。
近い将来、香港に新しくオープンする
センターに配属されるかもしれないとおっしゃていました。
グーンと日本に近づき、お招きしやすくなります。

香港リトリートのビデオです
シスターチャイのバイオリン演奏も見られます。
http://channelb.buddhistdoor.com/cht/play?programme=10396

香港リトリートの写真集
http://mingkok.buddhistdoor.com/en/news/gallery/15798#0

打ち上げやうたさんとお母さまのコラボ、
そしてタイの書の個展のお話しいいですね!

個展はいつ頃の予定ですか?

ソトコトの木楽舎さんが、来年5月7日に
東京でもうひとつタイの講演会を主催して下さることになりました。

香港大学で今、タイの書画展(~1月9日まで)が開かれていますが、
その作品をそっくりそのまま日本に運んでいただけるかもしれません。

こちらに香港の書画展の写真もアップされています。
http://mingkok.buddhistdoor.com/en/search?search=Thay%20Visit%20%28Photo%29

木楽舎さんが東京で書画展も検討して下さっていますが、
安曇野にも何点か運んでいただければと思います。

それが、難しいようでしたらタイにこんな文字を書いてほしいと
リクエストしておけばご希望の字を書いて
郵送していただけるかもしれません。

楽しみになってきました。

恵子

-----------------------------------------------------------------


          20101126tay02.jpg

20101126tay12.jpg

20101126tay11.jpg

20101126tay03.jpg

20101126tay07.jpg

20101126tay10.jpg

            20101126tay04.jpg

20101126tay09.jpg

20101126tay08.jpg

イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1231-2ab83782

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。