ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.11.25 Thu
わくわくストーブ(ペチカタイプのロケットストーブ 時計ストーブ仕様)
もうすぐ完成です。
前面がごちゃごちゃしているので思い切って配管をはずすことにしました。
その代わり上部に銅管を配管することにしました。
かなりこれですっきりしました。
これで壁面を塗って丸みをおびれば完成です。

20101125wakuwakus6.jpg
上部のふたを取って銅パイプの配管をペチカ内にしました。
ちょっと長すぎる観があります。
長すぎると管内で沸騰してしまいます。
この辺が微妙です。沸騰するようであれば長さを半分にしようと思っています。

20101125wakuwakus1.jpg

再び鉄板12ミリをモルタルで固定

20101125wakuwakus2.jpg

壁際に銅管の出口を持っていきました。これですっきりしました。

20101125wakuwakus7.jpg

配管は2階床暖房と繋がっています。 水の温度差で対流をさせる方法 これもうまくいくかやってみないとわからない 以前アースオーブンではうまくいきましたが床暖部分が長くなるので果たしてうまくいくか
熱膨張を吸収する意味で半解放方式をとりました。これは車の部品です。
残っていた不凍液を入れてエアー抜き SVOの天ぷら油とやることは同じです。

20101125wakuwakus4.jpg

温水がこのソフトパネルに循環します。
少し焚くと60度くらいの温水になって循環を始めます。
焚きすぎると蒸気になってしまいます。
それでも半解放になっているので解放タンクが圧を吸収 大丈夫そうです。
2階の床も暖まり快適です。
約1ヶ月 ようやく形になりました。

20101125wakuwakus5.jpg

パーマカルチャー    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1229-7190a361

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。