ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.11.14 Sun
上野玄春7回忌記念講演バラタナティアム古事記
上野玄春ゆかりの地 安曇野で7回忌の記念講演 バラタナティアム古事記が行われました。
玄春は生前から日本の古典である古事記を南インドの古典舞踊バラタナティアムで表現したいという意志がありました。その意志を継いでヨーガの生徒でありバラタナティアムを長年踊り続けている プラーナ インド古典舞踊研究会 里見まこ 桑原満紀 佐藤真理が形にしました。



プラーナ 南インド古典舞踊研究会

古事記 
ヴィオパークは土壁が塗られた自然素材 自然との交流が自然とできる建物
公演の後はゆかりの人が集まって交流会 玄春さんを偲んで会話の環が広がりました。

20101113gensyun01.jpg

ひろさんも東京からかけつけてくれました。

20101113gensyun02.jpg

公演お疲れ様でした。

20101113gensyun03.jpg

1品持ち寄りのポトラックパーティー

20101113gensyun04.jpg

20101113gensyun06.jpg

瞑想     

静に目を閉じて 呼吸を整えたなら
僕らは いつでも あなたに 出逢うことができる

心と体がひとつに 交わった瞬間
僕らは いつでも あなたに出逢うことができる
目を閉じて風のかおりと 水の音を身体に感じて
昼下がりのやさしい日差しが僕らを包んでる
宇宙に広がるエネルギーを 身体いっぱいに受けて

世界の人間(ひと)が皆 優しくなれたら
僕らの未来は もっともっと明るくなるのに
愛する気持が 全てを包んだのなら 
僕らの未来はもっともっと明るくなるのに
愛おしいこの気持とかけがえのない人の人生は
川の流れに漂うちっぽけなひとひらではない

永久に広がる魂を命の輪の中で
目を閉じて風のかおりと 水の音を身体に感じて
昼下がりのやさしい日差しが僕らを包んでる
宇宙に広がるエネルギーを 身体いっぱいに受けて

静に目を閉じて 呼吸を整えたなら
僕らは いつでも あなたに 出逢うことができる
僕らは いつでも あなたに 出逢うことができる

中村フルーツ農園 中村隆宣さんが思い出を語り約束の詩を3曲披露してくれました。

20101113gensyun07.jpg

里見まこ 桑原満紀 佐藤真理さん 公演有り難うございました。

20101113gensyun08.jpg

今日は図らずも愛美の誕生日皆さんにお祝い戴きました。

20101113gensyun09.jpg

日本の古典である古事記を南インドの古典舞踊バラタナティアムで表現戴き有り難うございました。
玄春の夢がまた一つ形になりました。

20101113gensyun03.jpg

臼井さん

先日は大変お世話になりました。
一週間があっと言う間に過ぎ信州での出来事が夢のようです。
YouTubeの反響はすごくこちらの仲間からも沢山のメッセージをもらいました。
ほんの一部ですがコピーして送ります。
松本へ行かれなかった方達にも同じ感動を伝えることが出来ました。有難うございました。

まこ


先生おつかれさまでした。玄春先生への思いが大きくまとまり、一つとなったのですね。先生、天国で、よろこばれていますね。河本


YouuTube拝見いたしました。
映像からあふれるパワーが、ひしと肌に伝わってきました。
最も感じましたのは、踊りから感じるインドの底深さと
里見さんの全身・目からあふれる力でした
ますますご活躍されますことをお祈りいたします。
日本温熱療法協会 芳賀


You Tube見ました(^-^♪
趣のある温かい場所で、先生達の舞台とピッタリですね!編集も素敵で、まこ先生の大切になさってきた事が伝わります・
改めて、インド音楽と踊りでの古事記 素晴らしいな~と~(^・^)~
どんどん広まって、沢山の人に観てもらえるといいですね又、見る事が出来て嬉しかったです。
急に寒くなりました。
温かく、ゆっくりお過し下さいませ・ 真理子


まこ先生
公演大成功おめでとうございます。たくさんの方々に観ていただきたい
作品ですね。本当にお疲れ様でした。
早速バラタナティアム古事記拝見しました。
構成、カメラアングルも大変よく撮れていました。画面いっぱいに踊られ、
アップも多く表情豊かで皆さんの心によく伝わることでしょう。
皆さんとてもきれいです。
先生ますますお忙しくなりますね。お身体お大事にご活躍ください。
                              稲葉伊津子


まこ先生 こんにちは矢島です☆公演お疲れ様でした。また映像のご案内感謝です。ギリシャ神話を彷彿とさせる清楚で格調高い舞台と感じました。会場も神秘的で素敵な風情ですね。作品を発表され続ける先生のエネルギーを尊敬致しております銀座のお稽古にスポットで伺いたいなと思ったりしていますが業務や研究会でなかなか時間が取れずにおります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。急に寒くなりました。どうぞお体御自愛くださいませ・矢島


YouTube拝見しました。(これまでも先生の公演で、インド舞踊を通して里見先生は人の生き方みたいなものをとても大きな形で表現なさっていると感じておりましたが、)今回の「古事記」で、インド舞踊(しかも古典的であり、宗教的・精神的な世界を深く表現する形式?)で、日本の根本的な精神世界を表現なさったなと。
また音楽が深くて、本当に素晴らしいと思いました。
東洋の精神世界の源がインドにあることが、心にす~っと納得できました。(あの世界はきっと、他の舞踊=日本舞踊やバレエなどで表現しきれるものではなく、モダンなら少し似合うかもしれませんが、観客の私達があんなにも快く心を吸われる形で観賞できるかどうか・・??)
先生の、心のしなやかさと努力と意志の強さの、実りですね。
私も31日・旧田中邸での「キューポラを探そう!」7日にアリオ前で「音楽のびっくり箱」を開催して、後始末もなんとかほぼ終えたところです。今年は同時に、「映画を創ろう!」という、今までやったことも技術も知識もないことに取り組んでいて、そちらがまったく暗のトンネルのような事態で、これから2月までにともかくまとめねばなりません。
90歳を越えた母の認知症が次々と様子が変わって、次にどんなことをしでかすか予測が付かず、右往左往させられています。
(現代は、老いて後の命をどう終えるのか?が、何よりの課題だなあ・・と。本人の原始・生物的な欲望と生命力次第ながら、苦しまずにあの世に渡してあげたいのですが、あと何年続くやら?
明日かも知れないと思うと気も抜けず・・。)
急に寒さが増しましたので、お疲れが出ませんように、
又明日に向かって、ご養生下さいませ。   また会いましょう!清水雅智子


川越の山本です。YouTube見ました、見ました。雰囲気がとてもよく伝わってきました。良い写真ですねー。大勢の人たちが玄春先生の七回忌に集まっているにびっくりしました。先生の人柄がしのばれます。「古事記」の公演、さぞ、喜んでくれていると思います。まこさん、真理さん、桑原さん、ご苦労さまでした。


まこさん
長野での古事記公演の写真のご案内をありがとうございました。
むしろ映像で見るより臨場感があって素敵ですね!
とても綺麗に撮れていて、この公演は素晴らしかっただろうと十分想像できます。
他でも是非やってほしいと言われるのが頷けます。
チェンナイ公演が観れたらいいのですが~!残念です・・。(2日には日本に帰っています)
まこさんはいつからチェンナイに入りますか?
ではまた!とり急ぎ写真のご案内のお礼でした!
あゆみ

上野玄春    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1221-081653cc

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。