ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.11.09 Tue
来年度のパーマカルチャー建築実習
ガウディーの様な シュタイナーのような建築 曲線には直線にない優しさと美しさがあります。

kasamira1.jpg

シュタイナー ゲーテアム

steiner-a.jpg

そんな建築をパーマカルチャー安曇野では来年取り組んでみたいと思っています。
それを可能にしてくれる方法がアースバック工法

1855年に作られたアイスランドの芝草の家
turfhouse.jpg

このアースバック工法での家造りを手がけているのがみちさん

ログハウスビルダーだが土との融合により新たな建築の可能性をを切り開いています。
丸太と土を融合した建物は自然と一体化をして包み込まれるような優しさを感じさせます。
来年は土と丸太を活かす第1人者「みちさん」を講師に招いて
パーマカルチャー建築実習をしてみたいと思います。

土嚢を積み上げて構造体を作り土壁が塗られた物 土の軟らかさと丸太の組み合わせが美しい
入り口も曲線が活かされ丸みを帯びた壁は暖かい これは既存の建築業者にはできない新たな挑戦です。

2010119you3.jpg

東 稔倫
ログビルダー。2001年 戸隠の塚田耕造氏に師事し、ログハウスの修行を始める。以後、管平の鶴丸和彦氏と共に、研鑽を重ね、自然素材の建築を志す。伝統工法と土と丸太を組み合わせた建築を得意とする。2009年、養生園の木と人カフェの建築を手がける。来年度安曇野パーマカルチャー建築講師

2011年春からシャンティクティでは半地下の曲線の食品倉庫をアースバック工法と籾殻バック工法で造ります。
アースバック工法は 保温 断熱性に優れ地震にも強いといわれています。
アースバック工法は 土嚢に土を詰めて積んでいきます。これは半地下の部分
地上は丸太の材で曲線を活かして軸組工法 籾殻バック工法で家造りをします。
土嚢に籾殻を詰めてこれを芯にして土壁を塗ります。
籾殻の弱さは土と一緒になることでより強固に籾殻の断熱性も活かされます。
また重い土嚢を積み上げなくてもすみます。
断熱性に優れた曲線の自然に近い形の家ができます。

以下はあけぼの子供の森公園の建物 アースバックではないがイメージ的にはにている

001.jpg

http://sky.freespace.jp/mirutake/02/akebono/002-1.htm

2011年度のパーマカルチャー建築実習は新たな取り組みにチャレンジです。
特にアースバック工法 丸太の軸組工法 ルーフトップガーデン等セルフビルドに興味のある方はご参加ください。自然素材を使いマイレイジゼロを目指したいと思います。

イメージ的にはこんな建物と思ってください。

木が生きているような造形 木をそのまま活かし組み合わせている工法はみちさん独自のもの

2010119you4.jpg

これはみちさんが穂高養生園で手がけた建物です。
曲線が美しいホルムを作り出しています。

img09a25f18zik8zj.jpeg
                      養生園のブログより転載

土壁が塗られた内部から曲線の窓 子宮の中にいるような安心感と暖かさがあります。

2010119you2.jpg

さあこんな建物を造ってみたい方来年度のパーマカルチャー塾に応募してください。
力盛りの男性の参加大歓迎 もちろん優しく力持ちの?女性の参加も大歓迎です。

建築実習のほかにパーマカルチャーの基本 持続可能 多様性 調和に満ちた考えや自然農も学びます。建築医療農法食事ヨーガなど自然の知恵を学ぶことができます。
月1の年間を通した講座になります。
詳しくは下記にアクセスください。
http://www.ultraman.gr.jp/perma/

パタゴニアでのアーズバック工法の家造り


http://blogs.yahoo.co.jp/earthdaywalk/61824003.html

中頓別のアースバックハウス
http://nakatonbetsu.blog108.fc2.com/blog-entry-359.html

s-DSCF0332.jpg

沖縄での取り組み
http://earthbagvillage.com/index.html

ドームハウスの生みの親、ナダーカリリ氏は1991年にアメリカCA州のHesperiaにCal Earth Instituteを設立しました。 そこでは、この工法はSuper Adobe(スーパーアドビ)/ Sandbag(砂袋)/ Earth Bag Tech(地球袋工法)と名義されています。 現在もこの工法を学ぶためにCal Earth Instituteを訪れる生徒が世界中から集まってきています。

http://calearth.org/

http://calearth.org/galleries/earth-one.html

http://network.earthday.net/profiles/blogs/turf-walls-and-cabins-we-did
3387turfhouses.jpg

関連記事 http://shalomusui.blog90.fc2.com/blog-entry-1234.html

パーマカルチャー    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
心の保養? Posted by わたなべ
芝草の家、息を飲むような美しさに、しばらく見とれてしまいました。事前に計算しつくされた美しさのようにも見えるし、現物あわせで作業をしないと得られないような美しさにも思えてきます。十二分に刺激をいただきました。ありがとうございます。
2010.11.11 Thu 00:03 URL [ Edit ]
自然は美しい Posted by シャロムKenji
わたなべさん 息をのむような美しさですね、
近代的なビルの美しさもありますが より自然に近い形のアースバックハウスは大地に包み込まれているような安心感がありますね。本当に自然は美しい 
2010.11.11 Thu 04:30 URL [ Edit ]
Posted by yamano
ああ本当に言葉を失いました。
なんて綺麗なんだろう。
いま改装中の家にも取り入れて生きたいなあ~。
しかし、何回も見てしまいます。
ほんとうに綺麗だ。
2010.11.11 Thu 11:08 URL [ Edit ]
自然素材 Posted by シャロムKenji
山野さん 自然素材は美しいですね。
森の家も自然素材でコーディネートしてください。
ロケットストーブ アースオーブン 廃油ストーブ 等々
みんなお金のかからない物ばかりです。
今日廃油ストーブを焚いてみました。
これをどう活かすか。
思案のしどころです。

2010.11.11 Thu 15:17 URL [ Edit ]
自然のままのフォルム Posted by papa
今まで、家というとハウスメーカーにあるような「こういうもの」という既成概念がありました。
じゃあ、自分で作るいう立場になって、こんなにも世界中にいろいろな家があると、そういう世界に初めてであったような気がします。

石や木の、自然のままのフォルムを活かした建築は、心を穏やかにしてくれます。
2010.11.12 Fri 09:50 URL [ Edit ]
自然は美しい Posted by シャロムKenji
ぱぱさん こんにちは ロケットストーブのページはわかりやすく良くまとまってましたね。

自然界は直線でなく曲線が多いんですね。
建築は直線が便利です。合理的でもあります。
でもちょっと堅い感じになってしまいますね
曲線は何か暖かく自然の持つ安心感があります。
日本建築の曲がった梁は力強さと大きさを生みます。
自然は多様です。そして調和しています。
そんな安心できるたたずまいに是非してください。
少し時間がかかっても自分で作ると値段は半分ですみます。
その分お金にひれ伏さなくてすみます。
お店作り楽しみにしています。
2010.11.12 Fri 18:50 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1216-30e4327b

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。