ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.10.26 Tue
自然農稲刈り
16日 今日は待ちに待った稲刈りの日
1時30分に集合して
早速私たち塾生が今年田植えをさせてもらった畑に 行きました。
農林?号、ハッピーヒル、古代米、伊勢ひかり、と まるでパッチワークのようにいろんな色に 穂をたれていて 
秋空の下で光ってさざめいているのにちょっと感動。 
でもここまでするのにスタッフの方が手塩にかけて 虫取りや水の状態やらやっていてくださったお陰。
自分が植えたところに ひえらしきもの数本発見。田植えの時に ひえ植えないでねーと 注意してもらっていたのに しっかりやってました。

あんなに成長してたわわになるものなんですね。しかしハッピーヒルを実際に目の当たりに 力強く何本もに分かれた穂に驚きました。
福岡さんの心意気が 脈々と受け継がれているんですね。

稲刈りは 茎が3分の2ほどわらの色に変わっているのが 刈り時ということで まだ半分青いとこが残っているこの田んぼでは 刈り時を向かえていなかったので
残念ながら 別の田んぼに移動しました。

そこはもうすでに準備万端で 稲刈りデビューの人が半分以上の私たちを 待っていてくれてました。

20101016sizen1_20101026190235.jpg

最初に稲の刈り方を レクチャー、身体の向きや力の入れ加減、刈った稲をどう仮置きすると 後で縛る時にきれいに出来るかなど
見せてもらって 実際に 全員で田んぼの両端から ローラー作戦で 刈り始めました。
ざくざく ざくざくと 二本分ずつ刈って 少しずらして小さな扇状を作っていくのですが 稲を合計六本分で ひとつの把にして縛ります。
自分は最初はどうしても力まかせに ギシギシギシとのこぎりがまをのこぎりにして切ってました。
だんだん鎌で刈っている感じに近づいてきたところで 終了でした。
刈っているうちに なんだか解かりませんが 喜びの気持ちが ふつふつと足から湧き上がってくる感覚です。
農耕民族に脈々と受け継がれた刈り入れの喜びが ここにあります。

刈り終わったら 束ねる作業です。かっこよくくるくる巻いて縛るのをみせてもらいましたが 初心者なので 簡単なやり方も教えてもらいました。
水に浸して柔らかくして置いた藁を 三本をきれいに伸ばして 結わえていきます。
きゅっといい感じにまとめるのが けっこう難しく 最初の頃は ゆるゆるしてましたが 何度かやっているうちに 良い感じに結べるようになってきました。
コツは 切り口をとんとん手でたたいて均していくという事。それでもゆるかったら落穂拾って差込みます。
なるほど 知恵がいっぱい詰まっているから なんだか楽しくてやめられない感じ。

落穂に気を付けて 気づいてねって 何度か教わって それまで見えていなかった落穂が 少しずつ見えるようになって来ました。
けっこう落ちてしまうもので 中には殻のものもあったりします。

ミレーの落穂ひろいのあの絵の意味が やっと理解できました。(遅すぎかも!)

稲を乾かすために掛ける時も 7対3と3対7の割合で一把を分けて 掛けていくときにひっくり返らない割合と教わり わいわいしながら この比率を試みましたが これが また微妙で なかなか思い通りに分けられないのが面白くて とにかく出来るようになるまで 何度も何度もトライして 終わりになる頃にやっとなんとかコツがわかりかけました。

全部を二段に掛け終えて 鳥避けのきらきらテープを巻いて 無事終了しました。
天日に一ヶ月乾して出来るお米は 今は少なくて 工場で乾かしてしまうと聞きました。

太陽の光を浴びて乾しあがったお米 うー楽しみなんですけど。

20101016sizen7_20101026190235.jpg

そして恒例の温泉タイムで すっきり まったりした後は
ゆう子さんの作ってくれたまごごろ夕食タイム
10月夕食のメニューを発表します。
飛龍頭→春菊&くるみ、クリームチーズ入り
(手間がかかる分 美味しさ倍増の一品でした。)
ピエンロー鍋→白菜、えのき、タマネギ、かぶ、水菜、春雨、油揚げ
(たれがエスニックで おしゃれで ちょっと冷えてきた安曇野の夜に温まりました。)
旬菜サラダ、人参リンゴドレッシング→サニーレタス、春菊、赤タマネギ、水菜
(にんじんとリンゴのドレッシングがさっぱりしていて きれいなピンク色がスモークサーモン散らしたサラダのようでした。真似したいです。)
お漬物→キュウリのからし漬け、たくあんの粕漬け
(からしの鼻に抜ける感じがやみつきになるお味)
野菜の揚げびたし、生姜くずあん→秋ナス、かぼちゃ、伏見甘トウガラシ
(これがまた美味しくてほっといたら一人で食べちゃいそう。)
バニラアイス、リンゴ添え
(リンゴをほんの少し焼く風味の美味しさとさっぱりした良い卵使用した貴重なアイスクリーム)
あとはあしなが蜂の佃煮も飛び入りで 皆で美味しく楽しくわいわい頂きました。

食後は ぐっさんのお香講座
驚くくらい本格的な準備がされていたお陰で 初心者にも簡単にオリジナルのお香が作れて
乾かして一週間たったので 昨日 ひとつ火をつけて見ました。
部屋中がすごーい香り。  また作ってみたいです。
楽しい講座 ありがとうございました。

その後は ハッピーアワーなのかな?
私は下戸なので 参加しませんでした。
次回は ノンアルコールのフェイク持って ちょっとだけ参加しようかな。
 
稲刈り後は やっぱり感謝祭ですよね。
稲刈りのためのあるような天気もすべてが良い一日でした。       

感謝x100
                                  宮崎 恵子

自然農    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1194-9a5fb426

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。