ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.10.16 Sat
ペチカ式ロケットストーブ 3日目
ペチカ式ロケットストーブ 3日目

今日はスパイラルのダクト管をつないで実験してみました。

20101016rocket2.jpg

4メーターのダクト管をつなぎました。

20101016rocket1.jpg

大成功です。煙が上に行かず横引きでも可能 なんて素晴らしいのでしょう。

20101016rocket3.jpg

ダクト管を8メーターに延ばして焚いてみました。また横引きダクト管が暑くなり熱放出 暖房にも使えそうです。
 本当に素晴らしい原理ですね。早く据え付けてみたい衝動にかられます。

20101016rocketst2.jpg

一つ問題が起きました。がんがん焚いたところ鉄板が反ってきました。
仮設の4.5ミリですが実際には9ミリを予定していますが箱形状にして反り防止を考えた方が良さそうです。
課題が見えてきました。

20101016rocketst1.jpg

とてもよくまとめられています。
 http://docs.google.com/fileview?id=0Bzor2dyzWCn-ZjI1NmYxNWQtYmE5ZS00OTQzLTk5MTAtNGQ5MmZjNWQwYTAy&hl

ロケットストーブの原則 
ロケットストーブの生みの親、ラリー・ウィニアルスキー博士による 10 の原則。
http://www.bioenergylists.org/stovesdoc/Still/Rocket%20Stove/Principles.html
1.断熱すること。
特に燃焼室を、耐火・軽量の断熱材で覆い、燃焼ガスを可能な限り高温に保つ
と共に、熱がストーブ本体に逃げるのを防ぐ。
2.ストーブ内に煙突を設けること。
燃焼室の上部に、断熱が施された上向きで、直径に対して 2~3 倍の高さを有す
る煙突を設置する必要がある。これは、熱利用部分(鍋や鉄板などの熱を奪う
部分)より前に存在すること。
3.燃える分の燃料だけを投入すること。
完全燃焼させるために、過剰な燃焼ガスや煤が発生しないよう、燃料の量を調
整する。
4.空気の流れを妨げないこと。
ロケットストーブの最も重要な原理である、ストーブ本体内部の高温で断熱さ
れた垂直な煙突の中で、強力な上昇気流を発生させるために必要。
5.燃焼室に適切な量の空気を入れること。
科学的に適切な燃焼になるよう務める。つまり、完全燃焼にとって必要最小限
の空気供給になるよう調整する。

パーマカルチャー    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1169-17dda47f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。