ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.10.03 Sun
心地よい暮らしワークショップ
今回はマハトマガンジーの翻訳で活躍されている片山さんを
http://homepage1.nifty.com/kayoko/
ゲストに迎えての手仕事 

103kokotiyoi07.jpg

片山さんはガンジー思想を伝えるとともに自らガンジー思想と根源である チャルカを回して糸を紡ぎ服を作っています。ご主人の転勤でインドに住んだときに手に取った1冊の本 ガンジー自立の思想 独立運動 無抵抗 不服従で有名ですが なぜ糸車を回し塩の行進をしたかを紹介しているものが少ないのに衝撃を受けて ライフワークとしてガンジーの思想を紹介するとともに 手仕事の重要性を伝え 手紬の講習会なども実費で行っています。

以下WEBページからの紹介です。http://www.satoyama.gr.jp/topix/img/2009/200910/20091010Katayama.pdf

近代文明の問題は肉体的幸福を人生の目的としているところにある。
インドが惨めであるのは、近代文明への無自覚な崇拝に端を発している。
糸車によって、何千万というインド人が自立できる。
インド人の中に潜む差別意識をなくそうとした。
人間の幸福は物品ではない。
幸福は労働と仕事に対する誇りから来る。
貧乏は最悪の暴力。
建設的計画がインドを救う唯一の非暴力的解決。

2010104kokoti2.jpg

近代機械文明批判
1.機械による大量生産 失業者を生む 失業させないためには今までより多く作る必要
多売 市場がいる 機械で安く作れるが、他社との競争→安く売る→多く売る→大量に作る
安いビールを大量に飲まされる。
少量の本物の酒をじっくり味わうのとどっちが幸せ?
無駄なものを作る 兵器 軍隊など → 環境破壊
2.金銭的貧しさ 手工業の衰退 ⇒ お金に依存 (作るから買うへ)
食糧はあるのに飢える お金を稼ぐための労働 忙しさ

3.心の貧しさ 自信のなさ プロの職人 ⇒ 賃金労働者(置き換え可能な部品)
競争社会 消費社会 → アルコール ギャンブル ・・・
Born to Buy ブランド品を身につけるのが、cool!! カッコいい
4.戦争 原料・市場の確保 = 他国を犠牲にして栄える
日本の近代化 = 原料調達先・市場としての植民地 → 侵略
近代機械文明を受け入れたことがインドの衰退を招いた。
イギリス製品を身につけているインド人が、インドをイギリスに差し出した。

根本原因 煽られた欲望 → 愛で置き換える = 建設的仕事
∥ 農村再建
不幸の種 手仕事の再興・・糸紡ぎ
**具体的提案をしたのが、ガンジーのすごさ
スワデシ(国産品愛用)教育 お金を与えるのが解決策ではない
心の変革→社会の変革
「英国や日本から安い衣類を買うようになって、我々は敗北したのです。隣人が家内手工業で作ってくれた衣類を買うのが宗教的な義務であると理解できたときに、我々は再び栄えるのです」(ガンジー)

綿の種を持つ片山さん 食住の自立は何とか可能ですが衣の自給は日本の場合ほとんどゼロに等しい

103kokotiyoi01.jpg

今回チャルカを回して糸紬を教えて戴きました。このチャルカは移動できどこでもできるチャルカ 20センチ30センチ四方になってしまうもの まず組み立て方から講習が始まりました。

103kokotiyoi13.jpg

これは綿くりき 綿の種を取るもの 機能的で良くできています。

103kokotiyoi12.jpg

今回は手仕事を主体としたワークショップ 綿の糸紬 半分の人は庭のかまどで草木染め 

103kokotiyoi03.jpg

これはともこさんが試作で染めた数々
自然の色は本当にきれいです。

103kokotiyoi04.jpg

生藍で染めた後 カナムグラの染液で染めていきます。

103kokotiyoi05.jpg

これが藍 ガーデンにはたくさんあって 摘んできてすぐに使えます。

103kokotiyoi06.jpg

藍の生葉染め 

103kokotiyoi02.jpg

お買い物バックは 豆絞りや 形絞り等に挑戦 自然にできる模様と色に驚嘆です。
 
103kokotiyoi11.jpg

これはお買い物バックを染めたもの

103kokotiyoi15.jpg

天気に恵まれ自然に包まれての草木染め 本当に心地よい一時でした。鉄媒染

103kokotiyoi14.jpg

紡いだ綿糸で織り上げていきます。

2010104kokoti1.jpg

生藍で染めた綿布 紡いだ綿糸

2010104kokoti3.jpg

草木染めのショール お買い物袋 カナムグラ黄色 鉄でカーキグレー ゲンノショウコ 紫がかったグレー 待宵草 紫グレー 本当にたくさんの色が生まれます。特に畑で嫌われ者の数々の草が草木染めでは主役です。カナムグラなんてさわるのもいやだったものがいとおしくなります。問題児を敵と見るか 役立てる知恵があるか このことが問われます。草だって虫だってきっと役割があるのでしょう。

2010104kokoti4.jpg

最後に藍をポストカードに移してのシェアリング 片山さんも思いを込めて作られていました。

103kokotiyoi16.jpg

藍の花のポストカード

103kokotiyoi18.jpg

あいは喜び 素敵なポストカードができあがりました。

103kokotiyoi19.jpg

作品を持って笑顔がこぼれます。

103kokotiyoi17.jpg

次回の講座は世界を考えると 音のワークショップです。
またまた楽しみです。

シャンティクティー    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
心地良い空気が伝わってきます Posted by やよいっち
講座に流れる、心地良いシンフォニーが聴こえてくるようですね。

色んな人、色んな植物、生命の良さが活かされ、紡がれ、形になっていく感じが伝わってきます。 じーーーん
2010.10.04 Mon 21:31 URL [ Edit ]
心地よい暮らし Posted by シャロムKenji
繋がりの1語に尽きます。
いろんな繋がりが心地よい暮らしを作る気がします。
2010.10.05 Tue 05:23 URL [ Edit ]
Posted by ゆきんこ
ケンさん、お久しぶりです。ブログみています。

昨日、鴨川和棉農園で糸紡ぎをしてきました。
ガンジーのチャルカの思想のお話を聴いて来ました。
シャロムでは片山さんが、こられたんですね。
今、片山さんと鴨川和棉農園の田畑さんの書かれた本
「ガンジー自立の思想」読み始めました。

心地よい暮らしワークショップ、いいなあ。

追伸:和棉農園でシャロムの体験スタッフをしていた方も参加されていましたよ。つながってますね~。
2010.11.08 Mon 22:08 URL [ Edit ]
素敵なブログ読みに行きました。 Posted by シャロムKenji
油金庫のブログは素敵ですね。
詩を感じさせます。
第2週に安曇にパーマカルチャーギャザリングがあります。
逢えるのを楽しみにしています。
2010.11.09 Tue 19:43 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1158-718afb1f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。