ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.08.01 Sun
夏野菜収穫真っ盛り
農業担当のイッシーです。
今年の安曇野は暑いですね。
雨があまり降らないので、キュウリやナスにはたまに潅水(水をあげる事)をしています。

2010719perma006.jpg

自然は優しくそして厳しいものです。
ほったらかしでも野菜はできるのですが、やはりそれなりの収量をあげようとすると潅水が必要になります。
今年はとてもトマトの出来がよさそうですね。キュウリもそれなり出来ていて、とてもありがたいです。
野菜に対しての栄養バランスがとても難しく、与えすぎず、与えなさすぎずなんですよね・・難しい。

トマトの出来が良い時は雨を好むキュウリは少し収量が落ちます。
逆にキュウリの出来が良いときはトマトの収量や味が落ちます。

今年は雨が少ないので採れはじめたトマトはとても味が濃いものになっています。
このトマトを食べたくて、毎日一生懸命働いているんだなと実感します。
もう一言、今年のキュウリは本当にうまい。毎日シャロムはキュウリ三昧。

2010719perma009.jpg

私は夏野菜が出来ると一安心です。
苗を作っているときはとても不安なのです。
農業者はみんな不安を感じているかもしれません。

毎日スーパーにはたくさんの野菜が並んで、皆様は何も考えずとも野菜がたべれます。
作ってみると分かるのですが、野菜が出来るということはとても神秘でありがたいことなんです。
出来てみて、本当に今年もできたんだと思います。
そんな野菜に愛情がないわけがありません。
野菜は商品ではありません。
僕達の血や肉なのです。
汝は汝が食べたものだから。

ないということを知るとあることの大切さを知ります。
物は絶対誰かがどこかでがんばって作っているんだね。
一つ、一つ、大切にしなくてはと思います。

シャロムの野菜はシェフたちにとてもかわいがられています。
美味しい野菜を堪能あれ。

P8010456_400.jpg

たくさんの夏野菜
こんなに素敵野菜。
どんな料理になるのかな

P8010454_400.jpg

トマトを水洗いしています。
トマトは四種類かな
大玉トマト、中玉トマト、ミニトマト、サンマルツァーノ
サンマルツァーノ以外は自家採取品種です。


P8010453_400.jpg

キャベツ、一時は虫食いだけでしたが、ここに来て巻いてきました。
自然界は脅威に満ちています。

   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://shalomusui.blog90.fc2.com/tb.php/1077-ed26ffbd

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。