ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2009.12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2010.02≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
「 2010年01月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.01.12 Tue
パーマカルチャー2009新年会同窓会日本蜜蜂巣箱作りワーク
信州蜜蜂の会 金太郎さんから紹介のあった蜜蜂の講演会に諏訪まで出かけてきました。
ニホンミツバチが日本の農業を救う 150人くらいの人が聴講していました。こんなに人気があるのですね。

食卓からイチゴやメロンが消える! それを救うのはだれか? 日本の自然を太古から守ってきた野生種ニホンミツバチ。その不思議と底力を、飼育歴20年の著者が伝える。

久志 富士男
1935年長崎県に生まれる。佐賀大学文理学部英語英文学科卒業。以来1996年定年退職まで、長崎県の高等学校で英語教師を勤める。日本民主主義文学会会員。作家。アジア養蜂研究協会会員。日本蜜蜂研究会会員。在職中からニホンミツバチを飼い始め、退職後はニホンミツバチの生態研究と普及に専念する。ニホンミツバチ養蜂用器具の特許、実用新案多数。『壱岐・五島ワバチ復活プロジェクト』主幹。戦後長崎県の離島で絶滅していたニホンミツバチを2007年と2008年にすべての島で復活させた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 

そんな題の講演会です。九州ではカメムシ防除のための農薬で蜂も 雀もツバメもいない世界が出現しているそうです。レイチェルカーソンの沈黙の春が現実に進んでいるようです。

2010112per1.jpg

夜はみんなで鍋を囲んで交流会 昨年のこと未来のこと話が尽きませんでした。
またこうして集えるのは有難い事です。

2010112per3.jpg

翌日は日本蜜蜂を待ち受ける巣箱作り みんなで記念写真です。

2010112per2.jpg

日本蜜蜂の飼育をこれから始める初心者のために、日本蜜蜂のHPやブログ、動画を集めたブログ。
http://nihon-mitsubachi.seesaa.net/

ニホンミツバチの動画集 : 「ニホンミツバチが日本の農業を救う ...
http://nihon-mitsubachi.seesaa.net/article/120981121.html

やよいっちwrite
蜜蜂巣箱作り愉しんできました。
今さっき、雪がちらつき始めた中をシャンティクティから
帰ってきました。
(みんなはまだ帰路中でしょう・・・・ね。)

いつもいつも「段取り隊長~!!」をしてくれている
健さん、
美味しいご飯を結局ほぼお願いする形で甘えさせて
もらっちゃった&ソフトクンダリーニ指導の朋子さん
(今回の朋子さんのソフトワークショップもすっごく
素敵でした。引き出しの多さに改めて感動!!)
本当に本当にほんとぉぉぉにありがとうございました。

そして、また一緒に集えたみんなありがとうございました。

やわらかく居心地のいい時間と空間とに
心が本当に温かくなりました。 嬉しかったぁ~。

蜜蜂の巣箱に蜜蜂が入るか入らないか・・・そんなこと
どうだっていいや(色々考えると入っちゃったら
ドウシヨウ・・・っていうのが今の正直な心境ですが)と
思える位、こんな風にみんなで
ワイワイ出来ること自体がキラキラな宝物だと
思いました。

素敵な出会いに改めて感謝な2日間でした。

北澤さんからコメント戴きました。
私のコメントがスバルコメントとして返信できません
以下に返信しますね。

北澤さん 簡単に作れます。
以下が図面です。
http://www.ultraman.gr.jp/perma/nihonmitubati.htm
作ってみてください。

スポンサーサイト

日本蜜蜂    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2010.01.09 Sat
カントリーメール1/10
■■■ 2010.1.10
■■■ 安曇野からのカントリーメール ■■■ 
             
今年春からの講座の概要がまとまりましたので募集案内をお送りします。
1年間安曇野に通うことで新たな発見とつながりが生まれることと思います。
    参加をお待ちしています。
 
          興味のある方に ご紹介戴くと有難いです。
--------------------------------
 ■自然から学ぶ~心地よい暮らし
■安曇野パーマカルチャー塾
■安曇野自然農塾
 ■安曇野家族田んぼの会    
 ■安曇野家族かまどの会
--------------------------------        
■自然から学ぶ~心地よい暮らし
ヨーガ、アーユルヴェーダをベースに マクロビオティック、パーマカルチャー、
 自然農、自然体験 手仕事 など 持続可能な心地よい暮らしを学びます。
 期 間:2010年4月~10月までの月1回 土日の1泊2日、全7回
 参加費:4万8千円
  http://www.ultraman.gr.jp/shantikuthi/oneearthclass2010.htm

■安曇野パーマカルチャー塾
 第8期 安曇野パーマカルチャー塾
受講生 募集のお知らせ
 パーマカルチャーてわかりにくい言葉ですよねー 以下参照
 http://allabout.co.jp/family/simplelife/closeup/CU20061031A/index.htm
 どうやらロハスの先にあるシンプルライフの事らしい
 今の暮らしを疑問に思っている方 いない方も参加資格があります。
◇パーマカルチャーとは
  パーマネント(永久の)とカルチャー(文化)、アグリカルチャー(農業)から
  作られた造語で、「永続可能な農的暮らしのデザイン」と訳されています。
       昔からあった 結び∞繋がる心地よい暮らしです。
   なんてことはありませんが 今1番失っていることです。
  今年の建築実習はガーデンハウスを作ります。
  物作りは繋がりを取り戻す原点 もちろん自然栽培の野菜にも取り組みます。
  毎年夢のある建物が生まれています。
  昨年のギャザリングの様子をのぞいてみてください。
   http://www.ultraman.gr.jp/perma/2009.12gya.htm
  きっと皆さんの夢が叶い 未来に希望がもてるようになると思います。
 開催日程:2010年3月~12月の全10回(1泊2日または2泊3日)
 受講料:10万5千円
 http://www.ultraman.gr.jp/perma/2010pcjyukubosyu.htm

■安曇野自然農塾
信州安曇野の自然の中、一年を通じて自然農を学び、
自分の畑で作物を作り いのちの営みを感じてみませんか?
開催日程:2010年3月~12月の全10回
受講料:8万円
 http://www.ultraman.gr.jp/sizennou/2010azuminosizennoubosyuyoukou.htm

■安曇野家族田んぼの会    
 昔ながらの農作業を家族で体験します。
 参加費 1000円 年4回
 http://www.ultraman.gr.jp/shalom/tannbonokai2010.htm

■安曇野家族かまどの会
 素敵なかまどとアースオーブンを使ってのアウトドアークッキングです。
 参加費 500円 年5回
 http://www.ultraman.gr.jp/shalom/kamadonokai2010.htm
-----------------------------------------------------

どれも人気のあるワークショップで定員になりお断りすることが多いです。
   早めにお申し込みください。
      お逢いできるのを楽しみにしています。

   【素敵ないいことを始めよう】 
       持続可能な素敵な生き方 
         地球一つで暮らす知足の暮らしへの移行 「ワン・アース・プロジェクト」 
      http://shalomusui.blog90.fc2.com/blog-entry-468.html

    また来たい安曇野 好きな人とまた来たい宿
         舎爐夢ヒュッテ & シャンティクティ

明日もきっと素晴らしい1日です。LOVE&PEACE SHALOM
〒399-8301 長野県安曇市穂高有明7958
 舎爐夢ヒュッテ 臼井健二
TEL&FAX 0263-83-3838 E-mail : shalom@ultraman.gr.jp
http://www.ultraman.gr.jp/shalom/

お知らせ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.01.06 Wed
日本蜜蜂巣箱
日本蜜蜂の待ち巣がたくさん完成しました。蜜蜂には9種類あってアジアにはその内の8種類がいるそうです。日本蜜蜂も東洋蜜蜂の1種でアジアや日本に広く分布しています。おとなしい性格でめったなことでないと攻撃せず刺されないそうです。キンリョウヘンといランが好きで分蜂の時などには集まってくるようです。今年は日本蜜蜂を飼ってみたいなーと思っています。日本中にマニアがいるようでwebページを参考に勉強中です。春が楽しみです。

201015pcm8.jpg

201016pc1.jpg

パーマカルチャー    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.01.05 Tue
三九郎
池田の三九郎です。一般的には15日に行われますが早々と4日に三九郎が行われます。
各家を廻り正月飾りやお札だるまなどを戴いてきます。これは子ども達の仕事です。各家を廻り一緒にお年玉も戴きます。部落には4人しか子どもがおらず心細い限りです。昔は骨組みにする木の切り出しも子ども達がやったんだと古老の人が話していました。それでもみんなで盛り上げる感じは良いものです。

201014.jpg

季節    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.01.03 Sun
日本蜜蜂巣箱作り
もうしばらくで日本蜜蜂の講習会があります。http://8418.teacup.com/hati_yamamura/bbs/281

翌日に巣箱作りを計画しているので試作品も作ってみました。
杉の野地板3枚とガラ板1枚で作ることができます。
材料費は1000円位でしょうか。

日本蜜蜂は西洋蜜蜂と違ってあまり手のかからないのが特徴 西洋蜜蜂は消毒等が必要ですが日本蜜蜂は在来種のため特別な世話も必要ありません。春先の分峰の時に 巣箱を用意して待ち受ければいいのです。とても自然な方法です。ただ巣箱を用意すれば100%入るとも限りません。この辺が難しいところなのでしょう。今年は5個くらいの巣を用意しようと思っています。

2010113.jpg

パーマカルチャー    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2010.01.03 Sun
お正月
大阪のおばあちゃんの家でゆったりしたお正月を過ごしました。
家族5人で押しかけておばあちゃんも大変だったことでしょう。
ゆっくりさせて戴きました。
感謝です。

2010111.jpg

2010112.jpg

家族    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。