FC2ブログ
ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2009.04  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2009.06≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
「 2009年05月 」 の記事一覧
2009.05.18 Mon
わあ すごいなー
そろそろ11時を迎える頃
おこたつの部屋はなにやらパソコンに向かう面々
こんな光景はまたとないのでブログにアップしました。
今日のブログ更新11件 すごいですね。
ぐっさん ちかちゃん もとさんも加わりいつになく活発なブログの更新です。
 

スポンサーサイト



シャロムの日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.05.18 Mon
マカナイ
シャロムスタッフは朝食と夕飯を毎日みんなで食べます。
普段から10名前後のスタッフがいるので
大きな家族みたいに、わいわい賑やかな食卓です。
メニューは、レストランやペンションで出すものや、
お客様からの頂き物、畑から収穫したり間引きをした野菜の料理、
たまには誰かのリクエストで食べたいものを作ったり、
うっかりやってしまった失敗作...などなど
みんなで食べるとなんだかおいしく食べられるような気がします。
そして毎日の食事を残さず食べてくれるお客様とスタッフに
いつも感謝しています。ありがとう。
                  キッチンスタッフ もとむら      

マカナイ

レストラン    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2009.05.18 Mon
新型インフルエンザ対策
こんにちは。
ひさしぶりにブログを更新します。
スイーツ担当の知香です。

テレビのないシャロムではいまいち実感がわきませんが、
今新型インフルエンザが流行っているみたいですね。

そこで、わたしたちがやっている抗インフルエンザ対策を簡単なのでちょっとご紹介します。
朝のキッチンで密かにスタッフで飲んでいる「椎茸スープ」。

これはGWにシャロムに泊まりに来られた自然食品のお店をしているお客様から教わったレシピです。

●椎茸スープの作り方●

【用意するもの 4~5人分】
干し椎茸   2~3個
水       800cc
醤油      少々
大根おろし  スプーン4~5杯

作り方は簡単です。
1.鍋に水と干し椎茸を入れ、煮立たせる。
2.10~15分ほど弱火で煮、椎茸のだしが出きったところで醤油を好みで入れる。
3.お椀にスープを取り分けて、スプーン1杯分の大根おろしを入れればできあがり。

簡単でしょ?

でもこれがとてもウイルスにとても効くらしいんです。
もしよければお家でも簡単にできるし、おいしいので是非お試しください。

生活    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2009.05.18 Mon
グッサンのお香講座
ブログをご覧のみなさま ありがとうございます 営農部 山口です
自然農塾二日目も あいにくの雨
希望者を募って お香づくりのワークショップを開きました

僕がお香づくりをはじめたのは 6年前 
淡路島で暮らしていたときのことです

淡路島は昔から お香づくりが盛んです(案外 知られていないかも・・・)
薫寿堂というお香屋さんでは 手作り体験教室や工場見学も行われています(おすすめです!)

2009517sizennnou20.jpg

お香づくりの楽しみは なにより 出会った人たちへのプレゼント 
僕自身 あまり香りを楽しむ趣味はありません・・・
ちなみに お盆のお墓参りには自分の手作りのお香をあげています

2009517sizennnou21.jpg

お香に こんな彫り物をしてみたりして・・・
特別な儀式のときにいかがでしょう

2009517sizennnou22.jpg

虹色のものや 彫り物の細工をしたものなど さまざまとあります
けれど どれも燃やしてしまえば 真っ白な灰になるのです

煙りとともに昇っていった 目に見えないその香りは まるで お香の魂のよう
花や木 動物やヒトも みんなおんなじだよなぁ・・・って 時折お香づくりをしながら そんなふうに
想うことがあります。。(変かな?)

PS. シャロムでのワークショップは 気分とタイミングで不定期に開催されます(すいません・・・)
ではまた みなさんにお会いできるのを楽しみに。。。       GOOD SUNより

シャロムの日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.05.18 Mon
森の子の畑体験
月曜日は森の子の畑体験です。
今日は前に播いた粘土団子に草をかけてあげました。
そして、トマトの定植と落花生を播きました。

2009518mori1.jpg

みんなで草をかけているところです。綺麗にお布団をかけてあげるように優しく扱ってあげます。

2009518mori2.jpg

私のトマトの説明です。ネギが混植されています。さらにここに落花生を播いてあげます。
ハーブ類とトマトは仲良し。日本のハーブであるネギと混植してあげます。
そして、マメ科の作物である落花生とも仲良しです。
根粒菌をトマトに絡ませて栄養をトマトに渡すようにします。

今後、みんなで落ち葉でマルチをすると良いのではないかと提案しました。
落ち葉でマルチをすると乾燥が防げ、栄養にもなり、草を抑える効果があります。

ではまた森の子のみんな来週またお会いしましょう。
それまで何か面白いことを考えておきます。

野外保育森の子    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.05.18 Mon
畑の様子 5/18
昨日の雨からうって変わってすがすがしい五月晴れです。
外での作業が気持ちよい1日でした。
キュウリネットを絹さやにかけて間にインゲン キュウリを移植したり種を蒔くつもりです。
小麦の間に植えられて小麦が障壁となって風からもアブラ虫からも守ります。

2009518hatake03.jpg

レタス キャベツ クリムゾンクローバー らい小麦の圃場も作物が大きく育ってきました。 

2009518hatake06.jpg

温室内のトマトも大部大きくなってきており順次定植をしていきます。

2009518hatake10.jpg

温室内のヅッキーニ 

2009518hatake11.jpg

粘土団子も昨日の雨で芽が出かかってきています。
大きくなる様子を順次アップしますのでどうなっていくか画像をお楽しみください。
間引きの大根などもレストランで使えるようになってきました。

2009518hatake01.jpg

   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.05.18 Mon
2009自然生え その4
さてさて大きくなってた自然生えトマト。
そろそろポットも狭くなってきたので、畑に植えてあげようと思います。
実は自然生えでは定植時期はいつでもいいのかな。
ただ、あんまり大きすぎると共倒れしそうです。 ほどほどが重要ですね。

では皆様畑に来たときは是非、自然生えトマトをご見学ください。



そろそろ他のトマトを押さえにかかってきている様子です。
やっぱり今年もたくさん芽を出してきましたね。
本来ミニトマトは50~100ぐらいの種が入っています。
大体、秋に種が落ちるということは、越冬しなくてはならないのかと思います。
そのため、次の春に残るのはほんのわずかです。
全滅することが大半でしょうが・・たまに生き残るトマトも出てきます。
だからたくさんの種が必要なんですね。

大半の野菜はその一生を終えることは出来ません。
ぼくらはいつも生育途中の野菜として食べています。
野菜の一生を知ることは本来の野菜の育ち方が分かるということです。
是非、皆様、トマトを潰して植えてみましょう。

2009自然生え その3

   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.05.18 Mon
いかるがいるよ
雨上がりの森は沢山の鳥がやってきています。
いかるが見えたので早速バードウォッチング 川崎さんは自然保護指導員 鳥にも詳しく森のことは川崎さんにきけば何でも答えてくれます。雪が降れば動物の足跡のこと 山菜のこと 今いる野鳥のことなど教えられることが多いです。多様な先生がいることは子供達にとっても素晴らしいことです。

2009518tori1.jpg

2009518tori2.jpg

野外保育森の子    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.05.18 Mon
シャロム恒例のエコツアー
これは毎朝やっている エコツアーのテキストです。久しぶりに読んでみましたが忘れていることなどもあり改めてこのテキストの良さを再認識しています。
シャロムでは350円で販売していますがwebで読むことも可能です。
1度実際のエコツアー是非ご参加ください 毎朝7時から行っています。

ekot.jpg

シャロムの日記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.05.18 Mon
安曇野をカントリーウォーク
雨上がりのとてもいい朝です。こんな日はのんびりと安曇野を歩くことをおすすめします。
穂高駅からシャロムまで来るのでなく有明駅からシャロムまで田舎道をのんびりと歩いてみてください。ちょっと遠回りになりますがコース的には素敵なコースでおすすめです。有明からシャロムまでの地図 カントリーウォークのすすめ

休日に集中する観光地への一斉移動。レジャーそのものがストレスになりかねない昨今です。何もない、誰もいない野道・山道・峠道を歩く、ヨーロッパで盛んな「カントリー・ウォーク」をご紹介します。農耕民族である日本人の原風景ともいえる里道。そこに村人の息づかいを感じながら心を解放する喜びを味わう「カントリー・ウォーク」が、各地で静かな共感をよんでいます。

登山ほどハードでなく、”歩け歩け運動ほど励ます歩きでもなく、人の生活の匂いのする里の道を、のんびり、ゆったり、時には立ち止まったり迷ったりしながら野から安らぎをもらうそんな小さな旅です。「野を歩き、野に親しみ、野に学ぶ」カントリー・ウォーク、あなたもマイペースで歩いてみませんか。

 カントリーウォークのwebページ

未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.05.18 Mon
本の紹介
私、かなりの本バカなんです。一ヶ月で数万円分の本を購入したりします。しかも古本屋で・・。

「ほっとする老子のことば」 加島祥造

何と、奇遇ですが去年、友人のご好意により講演会に行ったのが本当の意味での老子との出会いでした。
今でもそうなのですが、難しい本は嫌いです。そして心に響かないのです。

やっと一冊、心に響いた本に出会いました。

老子_400

とても自然農の考え方に近いものがあり、自然のすばらしさを伝えてくれます。
そして分かりやすいため、心がホッとします。
この本は今の僕の行き方を肯定してくれます。

我を捨て、柔らかく、水のような欲のない存在でいたい。

すべては上善水の如し。

農業担当イッシー

シャロムの日記    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑