ゲストハウスシャンティクティの様子を日々お伝えします。-----皆さんにお逢いできるのを楽しみにしています。  mailto:shalom@ultraman.gr.jp
シャロムのビジョン | お知らせ | シャロムの日常 | パーマカルチャー | 手作り生活@シャロム | シャロムのワークショップ |  | 田んぼ | 季節 | 家族 | 記念写真 | 天ぷら油で車を走らす | パソコン | シャンティクティー | 野外保育森の子 | 本での紹介 | 自然農 | kenの日記 | HOME MADE | 学童クラブ森の子 | 手仕事の会 | 森遊びクラブ | ちびっ子会 | ポタリング | 未分類 | イベント | 上野玄春 | 環境 | 体験ステー希望 | cafe | ストロベール | パン | シャロムの日記 | シャンティバザール | レストラン | 安曇野の観光 | 醗酵 | 生活 | 礼状 | 安曇野農楽舎 |  | 体験ステー | 結婚式 | 本の紹介 | 日本蜜蜂 | ワンデーカフェ | おひさま | アースバックハウス Hobbit House | かまどの会 | 田んぼの会 | 籾殻ボイラー | 東日本震災 | 講演 | アーユルヴェーダ | 心地良い暮らしワークショップ | 12ボルトの家 | シャロムの畑 | 地球小屋 | 心地良い暮らし | だんらん | 自然現象 | 自転車 | 自給自足 | 種バンク | ホビットハウス Hobbit House | 炭素循環農法 | seedハウス | アースラジオ | 精油作り | 携帯 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
シャンティクティ     TEL&FAX 0261-62-0638 
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

kenshalom

Author:kenshalom
シャンティクティ臼井が
足跡を記します。
どんな話が出るか
乞うご期待
shalom@ultraman.gr.jp 

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
「礼状 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.11.27 Sat
オープンレター 礼状
シャロムヒュッテ~実践し続けるエネルギーにふれて 2010年11月27日12:46

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1629214824&owner_id=792026

臼井さま
この度は 大変お世話になり本当にありがとうございました。
お目にかかれて本当にうれしいです!

臼井さんのお話は本当にどっか~んどっか~んと心の真ん中に
命中です!

すごいエネルギーを注入してくださってありがとうございまし
た。
→続きを読む
スポンサーサイト

礼状    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.11.23 Tue
礼状オープンレター
今回突然の長野行きを決めたきっかけで
シャロムは
ついでに寄ってみようという感じでした

シャロムのことは
以前から
知ってはいたのですが
もっと
かたっ苦しいところかと
自分の中で勝手に想像してました



結果
期待して見に行った
*********は
期待したほどではなく
ついでにいった
シャロムがすごかった

→続きを読む

礼状    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.04.02 Fri
ありがとうございます。またお出かけください。
3/28日に泊めていただいた、秋山二人と賀田のおはば三人です。

素敵な、心地よい、忘れられない一夜を過ごさせていただきました。
スタッフの皆様の爽やかな笑顔と、お優しい心からの対応をいただき
嬉しいひと時でした。

こんな素晴らしい若者たちが舎爐夢に集まってこられるのは
オーナーの臼井様のお人柄がそうさせるのでしょう。
夜の会合は、私どもははしゃぎ過ぎてしまいましたが、
臼井様は、そんな私どもにお付き合いくださり、さぞお疲れになられ
た事と存知ます。少々反省いたしましたが、お陰さまで大変楽しゅう
ございました。

舎爐夢では時間の過ぎるのが、とても遅く感じられました。私どもの
子供の頃を彷彿させるようなことばかりでしたが、今は贅沢に慣れて
しまっているので、考え深い時でした。

29日は山中湖に宿泊し、昨日東京に戻りました。昨日30日は夫の命日
でしたが、夫の弟の嫁と夫の妹との旅を喜んでくれているかのように、
昨日は快晴に恵まれ、富士山が、雲一つない状態で一日中美しい姿を
見せてくれました。穂高の美しい雪景色と共に、思い出に残る二日と
なりました。

また、いつか皆様にお目にかかりたいと思っています。

三人から感謝をこめて、ありがとうございました。

   秋山 

礼状    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.09.01 Tue
シャロムヒュッテ 臼井様 スタッフのみなさま
シャロムヒュッテ
臼井 健二 様
スタッフのみなさま

8/30(日)にキャンプインでお世話になりました本田と申します!
その節は早朝ヨーガやエコツアー、スタッフの方の暖かいお声掛けなど、
いろいろと有難うございました。

今回お部屋が満室でキャンプインという形になりましたが、久しぶりのテントの設営は
子どもたちも小、中学生となった今、貴重な家族の共同作業となってなかなかいいものでした。
正にちょっと不便がちょうどいい!とはこのことですね!
子どもたちも楽しかったみたいです。

シャロムの手造り感あふれる建物や道具、人の汗や思いが形となって温もりを
感じました。ロビーも居心地がよくて何度も足を運んでしまいました。野草茶も
とても気に入りました。小さい頃、よく母が十薬を煎じて飲ませてくれたことを思い出します。

自然を熟知され、自然と調和した考え方、徹底して無駄のない暮らしを日々循環させて
成り立たせている。考えてみれば人間の体の中も血液や体液が循環して生かされているのですから、
理にかなった暮らしだと感心させられました。何事も一方通行はいけないですね。

臼井先生の元気なお声とエネルギーが今でも伝わってきそうです。
オブラートなしで直球でくるお言葉は有難かったです。
お陰さまで、ひとつ吹っ切れたことがあります。
まずは、たまったレシート・・・意味無いな~、結局お金にとらわれてるな~と
やっと片そうという気になりました。
カルマヨーガですぐ行動!ですね・・・。

またお忙しいところ私のために上野玄春先生のこともいろいろと教えていただいて
遺された貴重な資料までいただいて・・・本当にうれしかったです。
祭壇を作る時はマントラの絵葉書を飾らせていただきます。

臼井先生が木村慧心先生と繋がっているのも
不思議なご縁だなと感じております。

次回はもっと臼井先生とお話が弾むように、
私自身ヨーガを深め、実生活に活かせていきたいです。
長々となって申し訳ないです。
いつか近いうちに再訪できますように・・・

みなさまのご多幸とご健康を心よりお祈り申し上げます。

本当にありがとうございました。
感謝しております。

 本田

ケンジイ記

本田さんのお子さんと撮った写真です。さあこの建物はなんでしょう これコンポストトイレなんですよ 

2009901honnda1.jpg

2009901honnda3.jpg

平和 希望 夢 楽しむ とても素敵な丁シャツですね。まさに私たちの望むものです。
それが四つ葉のクローバーにある 4は完成型

200991honndaa.jpg

スートラの教えは、「神様の内には、最高の全知なる能力を生じさせる種子が具わっている。と説きます。全てが神なのです。そのことに気づいたときに調和がやってきます。

20090901shalom.jpg

十全たるものそこに点が4 これがシャロムのシンボルです。
それは米と同じ 素晴らしいもののたとえです。
Ⅰと一 インとヨウ 女と男 調和した姿が十 4が転ずる その動きが第五 醍醐 悟る 5の口のこころ それが4回繰り返した状態 死は完成 4点 4天王寺の4 完全なるものです。
それが米という字です。
そのお米を食べられる幸せ
有り難い ありがとう 在る十 (十が在ると書いてアリガトウ)
拍手 イン ヨウ 合一 神の世界です。それが拍手
オーム シャンテ シャンテ シャンテーーー
○ちょん 点ずる 
これって何のことだかわからないですね。
支離滅裂
ありがとうございました でもわかる人にはわかります。

礼状    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.08.17 Mon
本当にお世話になりました。
シャロムヒュッテの皆さま
臼井さま:

15日にテント泊させていただいた新潟の吉原 です。
ホームページを見てとても楽しみにしていたシャロムヒュッテ。
自然農法の知識は全くないものの、草屋根やコンポストトイレ、ツリーハウスにオン
ドル・・・日頃から興味のあるもの盛り沢山で、パーマカルチャーってどんなんだろ
う?
と、お盆休みの予定を急遽決めた今回の旅でした。

夕食の支度時には、のろのろと水場や火どこを探している私たちに、
「明るいうちに動け」と一括され、
朝のエコツアーでは、「親がこれならしょうがない」と呆れられ、
自分自身の甘えと、無関心さを思い知らされ、ここ最近
ぬるま湯の生活をしてきた私には久々に刺激的な時間でした。
それと同時に、そんな知識の無い私でもパーマカルチャーの原点たるのものが
短い会話の中でスポンと入ってきたように思います。
帰りの車では4時間の高速、眠気もささず、色んな思いがぐるぐるぐるぐる。
偶然にも導かれるがごとく過ごした時間でしたが、心に響く体験をさせていただき、
たいへん感謝しております。

まだまだ勉強不足ですが、今日から子供と共に森を学び、
また、シャロムヒュッテに行きたいです。
(「あ」が付く熱帯を亜熱帯と言いそうになった母ですので、少々時間がかかりそう
ですが。)

本当にお世話になりました。
残暑、お体に気を付けられお過ごしください。
またお会いできる日を楽しみにして。

吉原

礼状    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.08.06 Thu
礼状
シャロムヒュッテ
臼井 様

こんばんは。
29日に宿泊しました鎌倉の宇治です。

感動的に美味しい食事と自給自足の暮らしのデザイン、
くせありオヤジ(失礼!)の楽しいお話…
一泊とは思えないほど充実した滞在ができました。
ありがとうございました。

周りの友人は皆シャロムヒュッテのことを知っている人ばかりですが、
環境問題など無関心な人に宣伝して、是非泊まってほしいです。
足るを知る生活がどんなに心地いいか…いろんな人に体験してほしいです。

本をたくさんいただいて、ありがとうございます。
シャロムの本はとても参考になります。

明日・明後日と小田原に行かれるとのこと。
鎌倉にいらしたらソンベカフェに是非お立ち寄りください。
(出発前にもうメールはご覧にならないかもしれませんが)

昨日は最後お会いできず、お礼もせず失礼しました。
その後、満願寺まで行って気持ちよく昼寝をしてから帰途につきました。

心もこもったおもてなしを、ありがとうございました。
また行きます。

ご健康をお祈りして。

宇治

-----------------------------------------------

KENシャロムです。
機会を作って是非訪れますね。
巨大ソーラークッカー興味ありです。
またお逢いできるのを楽しみにしています。

礼状    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。